BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

VCTRADE

SBIの仮想通貨取引所「VCTRADE」の特徴は?取り扱い通貨や登録方法を解説!

SBIの仮想通貨取引所「VCTRADE」の特徴は?取り扱い通貨や登録方法を解説!

仮想通貨市場への新規参入が止まりません。国内金融大手SBIグループのSBIバーチャル・カレンシーズが、仮想通貨取引所VCTRADEのサービスを開始しました。VCTRADEとはいったいどんな取引所なのでしょうか?
今回はこの新興の仮想通貨取引所VCTRADEの、特徴や取り扱い通貨、評判、登録方法などをご紹介します。

VCTRADE(VCトレード)の特徴は?

SBIバーチャルカレンシーズについて

SBIバーチャル・カレンシーズは、SBIホールディングス株式会社の100%子会社であり、2017年9月に金融庁に仮想通貨交換業者として登録済みです。
また、日本仮想通貨事業者協会(旧 仮想通貨ビジネス勉強会)の会員であり、2018年3月29日には仮想通貨業界の自主規制団体「日本仮想通貨交換業協会」を、GMO、DMM、bitFlyerなど大手登録事業者16社と共に設立しました。

親会社のSBIホールディングスは、オンライン総合証券(SBI証券)や銀行業(住信SBIネット銀行)、損害保険業(SBI損害保険)、外国為替証拠金取引業(SBI FXトレード)など、金融サービス事業を幅広く手がけています
多くの事業展開で得た豊富なノウハウが、仮想通貨交換業の運営に活きるのではないかと期待されています。

VCTRADE(VCトレード)とは?

VCTRADEは、国内金融大手SBIグループのSBIバーチャル・カレンシーズが6月4日にサービスを開始した、まだあたらしい仮想通貨取引所です。
親会社であるSBIグループが金融系ということもあってか、仮想通貨取引所の中では珍しく、ビットコインよりも先にリップルが上場(6月4日)されました。
金融のノウハウを持つSBIグループの取引所だけに、今後のサービス拡大に注目が集まっています

VCTRADE(VCトレード)の特徴について

VCTRADEには大きく3つの特徴があります。

・金融大手SBIグループの仮想通貨取引所

・セキュリティ性が高い

・取引手数料が安い

取引手数料については、SBIバーチャル・カレンシーズの北尾代表が「業界最安を目指す」としており、他ではあまり見たことのない格安の手数料となっています。
スプレッドによる手数料も業界最低水準と言われており、この点においては金融のノウハウを持つSBIグループならではと言えるかもしれません。

4つのセキュリティ対策

VCTRADEは4つのセキュリティ対策で安全性を高めています。

1.サイバー攻撃および内部犯行対策(EV SSL証明によるフィッシング対策強化)
2.仮想通貨の盗難対策(コールドウォレット、マルチシグネチャで仮想通貨を保管)
3.適切な管理(マネーロンダリング対策含む)
4.資産を守るための分別管理(日本円資産の分別管理、仮想通貨資産の分別管理)

上記のように、サイバー攻撃対策だけでなく、内部の人間による不正を防止するために必要な対策を講じるなど、あらゆる方面へ向けて対策がとられています。
2018年1月に発生したコインチェックの不正送金事件以降、仮想通貨交換業者に対する金融庁の監督姿勢は日に日に強まっています。3月から4月にかけては、みなし業者だけでなく、登録済業者に対しても行政処分や業務改善命令が相次ぎました
仮想通貨業界を取り巻くこういった流れを受け、また、顧客の保護を再優先事項とした取り組みが行われていることから、安心して仮想通貨取引ができるのではないでしょうか。

また、セキュリティについては、セキュリティサービスで有名なセコムの子会社「セコムトラストシステムズ株式会社」と連携もしています。このようなことから、VCTRADEのセキュリティ性の高さがわかっていただけると思います。

VCTRADE(VCトレード)。取り扱い通貨は?

VCTRADEの取り扱い通貨は2018年6月現在3種類となっています。

・リップル(Ripple/XRP)

・ビットコイン(Bitcoin/BTC)

・ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)

サービス開始から1か月も経たないうちに3種類まで増えたことに今後の期待感は高まっていて、続々と取り扱い通貨数が増えるのではないかと見る向きもあります

VCTRADE(VCトレード)。取引に必要な手数料は?

売買手数料

売買における手数料はすべて無料となっています。スプレッドによる手数料も業界最低水準と言われており、売買手数料の面においてVCTRADEは十分にファーストチョイスとなるでしょう。

入金・出金手数料

入金手数料は無料、出金手数料は住信SBIネット銀行を利用なら51円(税込)です。
どちらも破格の手数料となっています。国内の取引所では入出金手数料として300~800円ほどかかってしまうことがほとんど。VCTRADEがどれだけ手数料の安い取引所かは、これを見てもらえれば一目瞭然です。

※住信SBIネット銀行以外の銀行を利用する場合の出金手数料は、3万円未満が165円(税込)、3万円以上が258円(税込)となっています。

VCTRADE(VCトレード)。登録するメリット・デメリットは?

VCTRADEを利用するメリットはやはり手数料の安さが1番でしょう。先述のように、他の国内取引所と比較しても、最安レベルの手数料で取引することが可能です。

1度の取引にかかる手数料の負担は、少額のトレードをする人ほど大きくなりがち。1度にビットコインを大量に取引するという人にとっては、この差は気にならないかもしれませんが、少しずつ運用して利益を出していきたいという人にとっては、手数料の安さの恩恵は大きいはずです。
まだまだ取り扱い通貨が少ないですが、取り扱い通貨のなかに取引したい通貨がある場合は、VCTRADEを最初の選択肢に考えてもいいかもしれません。

 

また、特徴の項で紹介したようにセキュリティ性の高さもメリットとなるでしょう。手数料は安いけど、セキュリティがいまいちでは、取引所として意味を為しません。VCTRADEでは最高レベルのセキュリティで安心・安全な資産運用が可能です。

 

一方で、まだ新興の取引所ということもあり、取り扱い通貨数は少ないです。多くの通貨を取引したいという人は、必然的に国内の他の取引所や海外の取引所を選択することになるでしょう。

以下にその他のメリットについて記載します。

米大手証券取引所NASDAQのマッチングエンジンを利用したストレスフリーな取引環境

VCTRADEでは、NASDAQの取引システムを利用した低遅延な取引環境が提供されます。
このマッチングエンジンは、SBIジャパンネクスト証券のPTSにおいてすでに運用実績があります。これによりストレスフリーで快適なトレードが可能になります。

グローバルな展開にも期待

先述のように、SBIバーチャル・カレンシーズの親会社SBIホールディングスは、さまざまな金融サービスを展開しており、海外企業とも積極的に提携しています。 仮想通貨やブロックチェーン技術の実証実験など、実用化に向けた活動の進展にも期待できるでしょう。

SBIグループに関連するニュースはこちら

VCTRADE(VCトレード)はどんな人におすすめ?

VCTRADE(VCトレード)がおすすめの人

・細かいトレードを何度もする人

・セキュリティ重視の人

・主要通貨しか取引しない人

 

VCTRADE(VCトレード)がおすすめでない人

・幅広い通貨が取引したい人

・運営年数も安心できる材料だと考える人

VCTRADE(VCトレード)。気になるユーザーの口コミは?

インターネット上でVCTRADEの口コミ・評判をチェックしてみると、サービス開始を待ち望んでいたユーザーからの「ついに!」という声が多く見られました。
2月の延期から4ヶ月経過。ようやくリリースの運びとなり、先行登録していたユーザーにとっては「やっとか…」「今度は本当だった…」という安堵の思いが強いようです。

サービス内容に関する口コミについては、やはり手数料に関するものが多く見受けられました。
仮想通貨取引は資産運用のためにおこなうひとが大部分です。ユーザーにとって手数料が安いことにデメリットはひとつもありません
今後国内の他の取引所と比べても遜色ないほど取り扱い通貨が充実してくれば、取引所の勢力図は大きく変わることになるだろうと見るユーザーもいました。

VCTRADE(VCトレード)の登録方法は?

2018年6月現在、VCTRADEは先行登録者のみの利用となっています。7月以降順次一般登録を開放していくそうなので、まだ開設していないという方は7月以降にトライしましょう。

登録にかかる詳しい手順についても7月以降、一般登録が開放され次第、記載したいと思います。

VCTRADE(VCトレード)の便利なスマホアプリ。インストール方法は?

VCTRADEは2018年6月に開設された取引所なので、まだスマホアプリはありません。しかし、今後の期待はとても大きい取引所であるため、やがてスマホアプリもリリースされるだろうという見方が大勢です。
スマホで利用したいという方は、アプリがリリースになるまでブラウザで利用しましょう。

VCTRADE(VCトレード)の使い方

VCTRADEの入金方法は?

VCTRADEへの入金は、日本円のみで、住信SBIネット銀行の本人名義口座が必要です。
ここでは、クイック入金手順についてご説明します。

 

①「VCTRADE」ログイン後、「入出金」メニューから「クイック入金」を選択してください。

 

②入金金額を入力し、「次へ」ボタンをクリックします。なお、一回の振込額は、1,000円以上、1億円未満です。

参照元:SBIバーチャル・カレンシーズ

 

③取引パスワードを入力し、「完了」ボタンをクリックします。

 

④住信SBIネット銀行のログインページへ移動します。住信SBIネット銀行のユーザーネームとWEBログインパスワードを入力し、「ログイン」ボタンをクリックします。

 

⑤住信SBIネット銀行の即時決済サービス確認画面が表示されます。内容に間違いがないことを確認します。WEB取引パスワードを入力し、認証番号の入力もしくはスマート認証で認証してください。

 

より詳しくはSBIバーチャル・カレンシーズ公式サイトをご覧ください。

 

以上で、入金手続きは完了です。手続き完了後すぐに入金額が反映されます。
次は、出金手順についても見てみましょう。

VCTRADEの出金方法は?

①「VCTRADE」ログイン後、「入出金」メニューから「出金」を選択してください。

参照元:SBIバーチャル・カレンシーズ

 

②銀行口座が未登録の場合、先に口座登録が必要です。「銀行口座を登録する」ボタンをクリックしてください。

 

③本人名義の銀行口座情報を入力し、「登録情報を確認する」ボタンをクリックしてください。

参照元:SBIバーチャル・カレンシーズ

 

④登録内容を確認し、「登録する」ボタンをクリックしてください。

 

以上で、出金先銀行口座の登録が完了しました。
続いて、出金手順のご案内にうつります。

 

⑤「入出金」メニューから「出金」を選択してください。

参照元:SBIバーチャル・カレンシーズ

 

⑥出金先の銀行口座を選択し、出金金額を入力して「日本円を出金する」ボタンをクリックしてください。

参照元:SBIバーチャル・カレンシーズ

 

⑦取引パスワードを入力して「完了」ボタンをクリックしてください。

 

以上で、出金手続きは完了です。

VCTRADEの送金方法は?

2018年6月現在、VCTRADEでは仮想通貨の売買はできますが、仮想通貨の送受金には対応していません。

VCTRADEで仮想通貨を受け取るには?

2018年6月現在、SBIバーチャル・カレンシーズでは仮想通貨の売買はできますが、仮想通貨の送受金には対応していません。

VCTRADE(VCトレード)。これからも目が離せない!

以上、VCTRADEについて詳しく紹介しました。
VCTRADEは金融大手のSBIグループが運営する新興の仮想通貨取引所。手数料の安さや、セキュリティ性の高さがウリです。
取り扱い通貨数は3種類とまだ少ないですが、今後増えてくれば国内の主要な取引所となっていくのではないでしょうか?

一般登録が開放されるのは2018年7月中の予定。いまのうちにVCTRADEをチェックしておきましょう!

VCTRADE(VCトレード)関連ニュース

SBIバーチャル・カレンシーズ、本日より仮想通貨取引所「VCTRADE」オープン

登録業者16社による新組織「日本仮想通貨交換業協会」発足

VCTRADE(VCトレード)関連記事

PAGE TOP