BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

国内の仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)が選ばれる3つの特徴

アルトコイン取扱い通貨種類・国内No.1※

人気の通貨7種類で大きなリターンが狙えるレバレッジ取引 新規口座開設完了で1,000円もらえるキャンペーン実施中

※2018年6月現在、国内取引所のWEBサイト調べ。

法整備が進んでいる日本の国内取引所は、世界的に見ても非常に信頼感のある取引所と言って良いでしょう。
そして、それらの中でもメイン、もしくはサブ用として必ずといっても良いほど利用されているのがZaif(ザイフ)取引所です。
なぜ数ある仮想通貨取引所の中からZaifが選ばれるのか、ここではその理由ともいうべき3つの特徴について分かりやすく解説します。

▼仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)について詳しくはこちら

国内の仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)の概要

2014年6月16日に設立されたZaif(ザイフ)は、元々はビットコインウォレットサービスなどを提供していましたが、etwingsというビットコイン取引所を買収し、2015年3月から取引所サービスを開始しています。
Zaif(ザイフ)は、テックビューロ社が運営する国内最大クラスの仮想通貨取引所の一つで、初心者から上級者までが利用する人気のある取引所です。
代表の朝山氏は、NEM財団の理事でもあり、Zaif(ザイフ)は日本人に大人気の仮想通貨NEM(XEM)が安く購入できることでも知られています。
Zaif(ザイフ)では、ビットコイン、イーサリアム、ネム、モナコイン、ビットコインキャッシュの主要な5通貨のほか、Zaifトークンなどの11種類のトークンも取り扱っています。 もちろん、金融庁に登録済み の信頼性の高い取引所です。

運営会社のテックビューロとは?

2017年は仮想通貨元年ともいわれ、仮想通貨市場が大きく成長した1年でした。
それと同時に大規模な流出事件もあり、「仮想通貨は信頼性があるけれども、取引所に対しては必ずしも信頼できない」という人も増えているのが実情です。
Zaif(ザイフ)取引所を運営するテックビューロ社とはどのような企業なのでしょうか?
テックビューロ社は、暗号通貨テクノロジーとブロックチェーンテクノロジーに基づいたソフトウェアとサービスを開発しているクリプト・フィンテック・ラボです。 プライベートブロックチェーンmijin、仮想通貨取引所Zaif、ICOソリューションCOMSAの他に、ブロックチェーン導入の受託開発やコンサルティングサービスを提供しています。
まさに、仮想通貨(暗号通貨)に特化した日本では数少ない将来性を感じさせる企業といっても良いでしょう。

仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)を利用したくなる3つの特徴

日本で一番取引手数料が安い

Zaifを利用するユーザーのほとんどは、これを理由にZaifを利用しているのでしょうが、ビットコイン(BTC)に至っては取引手数料はなんとマイナス0.01%となっており、取引するたびにコインがもらえるような状況です。
他のイーサリアムやモナコインなどのアルトコインについても、取引手数料0.1~0.3%とかなり低めに設定されています。
また、Zaifはアルトコインも売買できる国内では数少ない取引所で、他の国内取引所の多くは販売所での売買しかできませんので、取引コストという観点からはアルトコインも板情報を見ながら売買できるZaif取引所には大きな優位性があります。
海外取引所でICO通貨や草コインを購入する場合でも、いったんは国内取引所でビットコインなどを購入して海外取引所に送金する必要がありますので、その場合などにもZaifを利用する人は多くいます。
例えば、海外取引所のBinance(バイナンス)でICO通貨を購入するのなら、まずはZaifでビットコイン(BTC)を購入しBinanceに送金、Binanceでビットコイン(BTC)をBinanceトークンに替えてからお目当てのICO通貨を購入するのが取引コストを低くする方法です。

Zaif コイン積立

仮想通貨相場は非常に大きく動くため、ハイリスクハイリターン投資となり、初心者でも大きな収益を上げられる可能性はあるものの、同様に大きな損失を出してしまう可能性も有しています。
仮想通貨に魅力があることはわかっていても、初心者はなかなか投資するのが難しいのが実情なのですが、Zaifには初心者でもそれほど迷わずに投資することが可能な「Zaifコイン積立」という、初心者向きの積立投資サービスがあります。
これまで、仮想通貨で大きな収益を上げている人とは、売買で収益を上げているわけではなく、例外なくガチホすることで大きな収益を上げているのです。
実は、仮想通貨相場とは、未だ歴史の浅い相場ですから、スプレッド(売買取引価格差)が非常に大きく、短期売買には適しておらず、相場の大きな動きを利用した長期投資(ガチホ)に適しているのです。
これを利用した投資方法が「Zaifコイン積立」となり、ドルコスト平均法で購入されますので、長期的な視点で見ると平均購入単価がフラットになることからローリスクローリターンな初心者向きの投資方法となります。
仮想通貨自体は、今後さらに発展していく可能性がありますので、そのような投資対象では非常に有効な投資方法となり、ローリスクながらハイリターンを狙える可能性もあります。
Zaifコイン積立は、毎月最低1,000円から始められる商品です。

ICOプラットフォームのCOMSA

Zaifは、 COMSAというICOプラットフォームのサービスも運営しています。
ICOとは仮想通貨発行による新たな資金調達方法で、株式IPOによく例えられますが、似ているものの性質は全く異なり、株式IPOのような厳しい審査はなく、どこからの審査も受けずにホワイトペーパーの提出くらいでネット上で資金を募集するというものです。
2017年は、仮想通貨相場が大暴騰したことで、比較的簡単にICOによる資金調達が可能で、その影響から多くの詐欺通貨もまた多く発行されてしまい、一時期は、ICOのほとんどが詐欺通貨だといわれるほどでした
しかしCOMSAは、今後ICOを真面目に行おうとするスタートアップ企業の手助けをするワンストップソリューションサービスで、審査機関ではありませんが、COMSA経由のICOは比較的安心できるICO通貨になると期待されています。
つまり、詐欺通貨がCOMSAを利用しても意味がなく、比較的優良なプロジェクトがCOMSAに集まってくることになるということです。
また、COMSA自体も第1号として、2017年10月にICOしており、日本発の大型ICO案件ということで109億円の資金調達 に成功しています。
今後、COMSA経由でのICO案件がどんどん出てくるようになると、COMSAトークンの価値は上がりますし、Zaifの価値も上昇することになります。

Zaif(ザイフ)取引所の口座開設方法


Zaif 取引所の口座開設は5つのステップのみで簡単に取引開始できます。

  • 1. Zaif取引所でメールアドレスを登録し、ユーザー仮登録を行う
  • 2. 基本情報・口座情報を登録する
  • 3. 電話番号認証・本人確認書類を登録する
  • 4. 郵送による本人確認を行う
  • 5. 入金し、仮想通貨を購入する

メインでもサブとしても使えるZaif(ザイフ)取引所

日本から仮想通貨に投資するには、国内取引所に口座開設する必要がありますが、初心者から上級者まで人気のZaif 取引所には、3つの大きなメリットがあります。
ビットコインを購入するのなら、マイナス手数料のZaif 取引所は外せませんし、初心者にはZaifコイン積立もおすすめです。
また、ビットコインのみならず、イーサリアムなどのアルトコインについても取引所で板情報を確認しながら売買できますので非常に便利です。
メインで利用しても良し、サブ口座として利用しても使い勝手の良い、国内取引所ではぜひ押さえておきたい取引所となります。

この記事に関連するタグ

アルトコイン取扱い通貨種類・国内No.1※

人気の通貨7種類で大きなリターンが狙えるレバレッジ取引 新規口座開設完了で1,000円もらえるキャンペーン実施中

※2018年6月現在、国内取引所のWEBサイト調べ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP