BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)で仮想通貨を受け取る方法は?

海外取引所でICOに参加した場合など、最終的に日本円に現金化するためには国内取引所に送金する必要がありますが、アカウントのある国内取引所に仮想通貨を送金するにはどうすれば良いのでしょうか。

ここでは、人気の国内大手仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)で仮想通貨を受け取る方法について解説します。

▼仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)について詳しくはこちら

Zaifで仮想通貨を受け取る方法

一般的には、海外取引所でICOに参加する場合には、国内取引所でビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)を購入し、国内取引所から目的のICOが実施される海外取引所に送金するという手順が必要です。
海外取引所では日本円に現金化できませんので、最終的には国内取引所に送金して売却することになりますが、その場合には、海外取引所から直接国内取引所に送金するか、一旦、マイウォレットに移行して国内取引所に送金します。

Zaifでビットコインを受け取る

Zaifでビットコイン(BTC)を受け取る方法とは、非常に簡単。入金(受取)アドレスを表示してそこに送るだけです。
まず、Zaifトップページ左上にある「入出金」をクリックします。
ここから日本円やビットコイン、アルトコインのすべての入出金をすることができます。
例えば、ビットコインを他の取引所やウォレットなどから受け取りたい場合には、ビットコインを選択しクリックします。すると、少し下の画面にBTC入金アドレスが表示されますので、これがZaifでのビットコインアドレスとなります。
入金アドレスはとても重要で、手打ちで入力して間違えてしまわないようにコピペしておきましょう。
次に、送金元(他の取引所やウォレットなど)からこのアドレス宛にビットコインを送ることで、Zaifにビットコインが入金されます。
ビットコインネットワークの混雑状況にもよりますが、Zaifの残高に反映されるのには結構時間がかかるケースもあります。

Zaifでアルトコインを受け取る

イーサリアムなどのアルトコインを受け取る場合もビットコインと同じ方法で、「入出金」から目的のアルトコインを選択しクリック、入金アドレスが表示されますのでコピペして、送金元からこのアドレス宛にアルトコインを送ります。
ただし、同じとはいっても今後新たに追加されるアルトコインや通貨によっては手順が追加される可能性もありますので、まずは、受取画面に記載されている注意事項を読む癖をつけるようにしましょう。
銀行のように振込間違いをしてもお金が戻ってくることは原則ありませんので、送金失敗してコインを紛失してもすべては自己責任となります。

NEMの受け取りはメッセージが必要

ほとんどのアルトコインは、今のところ受け取り方法はビットコインと同じですが、NEM(ネム/XEM)の受け取り方法だけが少し異なります
NEMの受け取り方法は、入金用メッセージを表示する必要があります。
これは、NEMの入金については複数のユーザーが同じアドレスに送金するようになっているからです。
NEMの受け取りにはメッセージと入金アドレスが必要となり、入金用メッセージを入れ忘れると受け取れない可能性もあります。(Zaifでは要相談となっているようですが、海外取引所では対応してくれないケースもあります。)入金用メッセージをコピペして入力しクリックすると入金アドレスが表示されます。
この2つを入力して送れば完了です。

bitFryerからビットコインを受け取る

例として、国内大手取引所であるbitFlyer(ビットフライヤー)からビットコインを受け取るケースで説明します。
まず、Zaifでビットコインを受け取る準備をします。
ログインし「入出金」をクリックしたらBTC入金を選択しクリックします。
すると、BTC入金アドレスが表示されますのでコピペしておきます。
次に送金元となるbitFryerにログインし「入出金」を選択、入出金画面の「BTCのご送付」タブにZaifで準備した入金アドレスを入力します。
送付するビットコインの量を入力し優先度を選択します。 (手数料はかかりませんので、優先度上げておくと早く反映されます)
二段階設定で設定したメールアドレスに届いた暗証番号を入力し、「ビットコイン外部送付」のボタンをクリックすれば完了です。

相手が送金してから受け取るまでの時間は?

Zaifでビットコインを受け取るまでの時間

他の取引所やウォレットからビットコインを受け取る場合にかかる時間は、早ければ5~10分、ただし、ビットコインネットワークの混雑状況次第では数時間、数日、あるいは数週間かかることもあります。
通常、Zaifではビットコインは6認証で顧客アカウントに反映されるとなっていますが、本人確認済みのアカウントの場合には1認証で顧客アカウントに反映されます。
従って、本人確認していれば10分前後での反映も期待できます。
1認証すぎているのにアカウントに入金が反映されていない場合には、何らかの問題が発生している可能性もありますので、サポートセンターに問合せしてみましょう。
送金元から送金したにもかかわらず、アカウントに反映されないというのは非常に不安になりますが、この場合に考えられるのはビットコインネットワークの混雑による遅延、入金アドレスの入力間違い、取引所のサーバートラブルなどとなります。
この中で、BTC入金アドレスの入力ミスだけは自己責任となりますので、手打ちではなく必ずコピペして入力し、送金前には再度確認するような習慣にしておきたいものです。
慣れてくると簡素化したくなりますが、大切な資産ですので十分気を付けましょう。

Zaifでアルトコインを受け取る時間

ビットコインの場合には、非常に多くの人が利用しているというのもありますが、スケーラビリティの問題からトランザクションが混雑しているとアカウントに反映されるまでに遅延により時間がかかることが多くなります。
これに対して、ビットコインほど利用者が多くなく、かつスケーラビリティ問題も抱えていないコインについてはスムーズにアカウントに反映されることになります。
元々、ビットコインについても国際送金の際に発生する時間を大幅に短縮させるという目的もありましたが、予想以上に急激に拡大したためトランザクションが集中すると大きな遅延が発生しています。
海外取引所を利用する場合には、ほとんどのケースではビットコインかイーサリアムを利用することになりますので、アカウントに反映されるまでの時間が気になる場合にはイーサリアムを選択するというのも一つの方法です。
イーサリアムといえば、スマートコントラクトなどからプラットフォームとして利用されているというイメージもありますが、実は、取引の50%近くは送金目的で利用されており、送金手段としても非常に優れています。

仮想通貨を送金する場合の注意事項

Zaifに限った話ではありませんが、ビットコインについては非常に魅力的なコインであると同時に現状ではスケーラビリティ問題を抱えていますので、それを理解したうえで利用する必要があります。
同様に、入金アドレスの入力間違いも多いので、コピペでの入力や再度確認を忘れないようにしましょう。
また、外部ウォレットからZaifにBTCを送金した場合には、トランザクションIDが表示されますので、Zaifに着金している場合にはこれを利用して現状のステータスを調べることが可能です。

Zaifで仮想通貨の送金を実践してみよう!

海外取引所や外部ウォレットなどからZaifに送金する場合、Zaifで入金アドレスを発行し、コピペして正確に送金元で入力すれば簡単に受け取ることが可能です。ただし、NEMの場合には入金用メッセージも必要となります。
受取時間については、ビットコインのようにスケーラビリティに問題があるコインの場合には多少の遅延は覚悟しておく必要があります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!

この記事に関連するタグ

PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial