BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

仮想通貨の送金は慎重に!Zaif(ザイフ)で仮想通貨を送金する方法は?

海外仮想通貨取引所にビットコインなどを送金する際に利用される取引所の中でも、Zaif(ザイフ)は特に人気が高く、とても取引手数料が安いです。
海外取引所やウォレットなどに送金する場合には、送金方法について不安な点がある方も多いでしょうが、ここではZaif(ザイフ)で仮想通貨を送金する方法について詳しく解説します。

▼仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)について詳しくはこちら

Zaif(ザイフ)で仮想通貨を送金する方法

メジャー通貨なら国内仮想通貨取引所でも売買できますが、およそ1,600種類もあるといわれる仮想通貨の大半は、海外取引所でないと売買できません。
ほとんどの場合、海外の取引所へは国内取引所からビットコインやイーサリアムを送金する必要があります。
はじめて送金する場合には、銀行送金との違いに戸惑う人も少なくないのですが、1度経験してみると次からはほとんど迷うことなく送金できるようになります。
最初の送金は不安ですし、送金手数料や送金時間などについても気になるところですから、まずは少額を送金してみて、全体の流れを把握し、問題なく着金するかを確認するといった方法が比較的メジャーです。
海外取引所で取引を行う流れとしては、国内取引所でビットコインやイーサリアムを購入し、次に国内取引所から海外取引所へビットコインなどを送金、海外取引所でビットコインなどで希望する仮想通貨を購入することになります。
基本的には、国内取引所のどこからでも海外取引所へ送金できますが、なるべくなら取引手数料や送金手数料の安い国内取引所を利用したいもので、人気なのが、ビットコインをマイナス手数料で購入できる国内大手取引所のZaifです。

Zaifの送金方法

Zaif公式ページにアクセスしアカウントを選択、マイページにアクセスで来たら「入出金と履歴」をクリックし、送金したい仮想通貨を選択します。
Zaifでは、以下の6通貨を送金することが可能です。

海外取引所に送金するケースでは、ほとんどの場合はビットコインかイーサリアムになるでしょうが、ビットコイン(BTC)を送金するケースで説明します。
「入出金と履歴」でビットコインを選択し、「出金」をクリックするとビットコインの出金画面が表示されますので、以下の4つの情報を入力します

  • 出金アドレス
  • 出金金額
  • 出金手数料
  • 二段階認証トークン(設定している場合)

出金アドレスについては、出金先の取引所やウォレットなどアドレスとなりますが、正確に記入する必要があります。
次に、出金金額を入力します。
出金手数料については後述しますが、Zaifではビットコインの手数料は自由に決められますので、出金手数料表を参考にして入力してみます。
最後に、二段階認証している場合(必ず設定するようにしましょう)、二段階認証トークン欄に確認コードを入力して「出金」完了となります。

Zaifで仮想通貨を受け取る方法

Zaifで仮想通貨を受け取る方法についても簡単に説明しておきます。
送金の場合と同様にアカウントにアクセスし、受け取る仮想通貨を選択しますが、ここでもビットコイン(BTC)のケースで説明します。
ビットコインを選択したら「入金用ビットコインアドレスを取得」をクリックし入金用のアドレスを取得します。
入金用アドレスを取得したら、送金元(海外取引所やウォレットなど)からこのアドレス宛にビットコインを送ることで、Zaifに入金されることになります。
入金が反映されるまでには多少の時間がかかるケースもありますので、数時間から1日前後かかることもあることは予め想定しておくほうが良いでしょう。

Zaif(ザイフ)、トランザクションIDの確認方法

上記のように、Zaifで仮想通貨を受け取る際には多少の時間がかかることになります。少額ならともかく大きな金額の場合には非常に不安になりますが、そんな場合に役に立つのがトランザクションIDです。
特に、ビットコインの場合にはスケーラビリティ問題から混雑時には結構な時間がかかりますが、Zaifではビットコインの入金時間については以下のように説明しています。
ビットコイン(BTC)入金は通常6認証でアカウントの残高に反映されますが、本人確認済みのアカウントでは1認証でアカウント残高に反映されます。
反映時間は早ければ5~10分程度、場合によっては数時間を要する場合もあり、ビットコインネットワークが大変混雑している場合、承認までに数日から数週間かかることもあります、となっています。

ZaifでのトランザクションID確認方法

外部ウォレットや取引所からZaifにビットコインを送金する際にはトランザクションIDが表示されます。
例えば、以下のサイトにアクセスすると、ビットコイン入出金のステータスを確認することが可能です。ごく簡単に言うと、宅配便の追跡サービスと同じようなものです。

  https://blockchain.info/ja/tx/お客様のトランザクションID
(tx/以下には、実際のトランザクションIDを入力します)

 Zaifでは、Zaifに着金していない外部ウォレットからの送金状態については調べることはできません。

Zaif(ザイフ)、送受金が反映されるまでの時間は?

上記のように、Zaifでは、外部ウォレットや取引所からビットコインを受け取る場合には、早かれば5~10分、時間がかかるケースでは数時間から数日、あるいは数週間となっています。
同様に、Zsifから出金する場合にも、早かれば10分、ただしビットコインネットワークの混雑状況次第では数時間、数日あるいは数週間かかることもありうる、となっています。
もちろん、これはZaifの問題ではなくビットコインの問題というのは言うまでもありません、通常であれば、ビットコインのブロック生成時間は10分となりますので、本来であれば10分ということになります。
また、Zaifの場合には、ビットコインなどの送金手数料は自由に決めることができますが、推奨されている最低手数料の場合には時間がかかることもあるので、急ぎの場合には他の取引所の手数料などを参考にして手数料を決めるとよいでしょう。
尚、手数料を設定しない場合には自動的に最小されている最低手数料が設定されます。

Zaif(ザイフ)、送金の取消はできるの?

送金のキャンセルは、送金が完了していない状態であれば可能ですが、完了後のキャンセルはできませんので注意が必要です。
間違ったアドレスに送金してしまった場合にはコインを戻すことはできませんので、「出金アドレス」手打ちで入力するのではなく、
必ず送金先アドレスをコピペするようにし、出金ボタンをクリックするっ前にも再度チェックするようにしましょう。

Zaif(ザイフ)、送金に掛かる手数料は?

 

BTC送金手数料/出金

0.0001BTC以上選択可(0.0010BTC以上推奨)

XEM送金手数料/出金

2XEM

MONA送金手数料/出金

0.001MONA

Counterpartyトークン送金手数料/出金

0.00420BTC(※)

BCH送金手数料/出金

0.001BCH

ETH送金手数料/出金

0.01ETH

CMXXEM送金手数料/出金

5XEM

CMXETH送金手数料/出金

0.01ETH

※ 0.0008~0.010BTCの間で可変(BTCネットワークの出金混雑状況により変わります)

送金手数料は、突然アナウンスが運営側からあったりしますので、定期的にチェックするとともに、直前にも必ず確認するようにしましょう。

Zaif(ザイフ)で仮想通貨を送金する

海外取引所ではBTC、ETH建てがほとんどなりますので、国内取引所を選択する場合には販売所ではなく手数料が安い取引所ということで、Zaifを利用する人が非常に多くなっています。

送金アドレスの間違いなど不安なことも多いと思いますので、最初は少額から送金してみるのがおすすめで、慣れるとそれほど難しいものではありません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!

この記事に関連するタグ

PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial