BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

仮想通貨Cardano(カルダノ/ADA)の特徴、価格、取引所、将来性は?

2017年11月下旬から一気に価格を上げている「Cardano(カルダノ)」という仮想通貨があります。この1ヶ月で約10倍に高騰しています。
今回は大注目の「Cardano(カルダノ)」の特徴や扱う取引所、そして将来性について解説していきます。

カルダノ(ADA)の主な特徴とは

カルダノ(ADA)は、イーサリアム(ETH)の開発に携わったとされるチャールズ・ホスキンソン氏によって生み出された仮想通貨です。2016年10月に取引がスタートし、通貨単位は「ADA」、発行枚数の上限は450億枚となっています。
元々「Cardano(カルダノ)」というオンラインゲームやオンラインカジノを扱うプラットフォームがあり、そこでの通貨が「ADA(エイダ)」でした。

最大の特徴はスマートコントラクト「Plutus」

カルダノはレイヤーによって構築されているため、柔軟な使い方が可能です。大きな特徴は、イーサリアムと同様スマートコントラクトです。カルダノのスマートコントラクト「Plutus」は、より複雑で高度な契約内容も瞬時に記録することができると言われています。

特殊なウォレット「Daedalous」を使用

仮想通貨カルダノの使用には、「Daedalous(ダイダロス)」というウォレットをダウンロードする必要があります。このダイダロスは、セキュリティ性の高いウォレットで、さまざまなオンラインゲームで獲得したコインを直接送金できるようになります。高いセキュリティのもとで迅速な送金ができるという点もカルダノの魅力の一つです。

仮想通貨カルダノ(ADA)の価格は?

カルダノの現在価格は、2017年12月26日時点で1ADA=約50円です。かなり安価に見えますが、11月下旬までわずか5円でした。たった1ヶ月で10倍に成長したことになります。
時価総額は日本円で約1兆2,000億円と、ランキングでは10位前後に位置しています。

カルダノ(ADA)を扱う取引所は?

今のところ、カルダノは国内の仮想通貨取引所では購入することができません。
2017年12月26日時点でカルダノの取り扱いがある海外の仮想通貨取引所は以下の通りです。

Bitrex(ビットレックス)
アメリカの大手仮想通貨取引所。アルトコインの取り扱いは120種類以上で世界最多。

Binance(バイナンス)
中国の大手仮想通貨取引所。日本語にも対応している。

仮想通貨カルダノ(ADA)に見る将来性は?

カルダノは、ICOで約60億円の資金調達に成功しており、かなり注目度が高い仮想通貨と言えます。
また、カルダノには日本国内のATMでの利用拡大という構想もあるようです。はじめは5ヶ所程度での利用開始が検討されていますが、その後1年以内には計25ヶ所での取り扱いが予定されています。カルダノのデビットカードを利用して支払いが可能になるという話も出ており、仮想通貨取引所だけでなく、ATMやデビットカードでの対応が始まることになれば、多くの人にとってカルダノは身近な仮想通貨になるでしょう。
セキュリティ面と信頼性、そして柔軟性があるといった点で考えると、将来的に見ても利用しやすい仮想通貨の一つであると言えるのではないでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!

この記事に関連するタグ

PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial