BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

不平等を減らすためにつくられたフェアコイン(FairCoin/FAIR)の特徴や将来性は?

フェアコイン(FairCoin/FAIR)は2014年3月に初めて5,000万の通貨が公開された仮想通貨(暗号通貨)です。他通貨に比べ、取引の検証におけるセキュリティの向上や急激な価格高騰の対策などが図られています。

仮想通貨の取引を始めるには、取引をする通貨の情報や知識は欠かせないものです。以下ではフェアコインの特徴や時価総額、購入方法などについて説明します。

フェアコイン(FairCoin/FAIR)とはどんな通貨?特徴と強みとは

フェアコインはそれまで利用されていた「PoW(proof of works)」や「PoS(proof of stake)」といった取引検証のためのシステムだけでなく「PoC(Proof of Cooperation)」を用いた仮想通貨です。多くはインターネットを介してグローバルな共同体を構成している「FairCoop(フェアコープ)」と呼ばれる協同組合で流通しています。

「FairCoop(フェアコープ)」は経済的な問題や社会的な不平等を減らす事を目的とする協同組合で、より公平な富の分配ができる平等な通貨システムが必要であると考えました。そして、富の再配分や平等な経済システムの構成に適切であると思われる仮想通貨として「FairCoin」がつくられたのです。

「PoW」「PoS」を使わないネットワーク保護

フェアコインでは従来とは違う取引検証システムを利用することによって、検証にかかる電力や人的リソースなどが省エネルギー化されています。

仮想通貨は「ブロックチェーン」と呼ばれる取引履歴を記録するシステムが採用されており、仮想通貨で取引するには「ブロックチェーン」に新しい取引の記録を矛盾なく加えていく必要があります。そして仮想通貨を流通させるためには、その取引の確認作業が必要です。

このような解析に必要な作業は「マイニング(採掘)」と呼ばれています。この作業には多くの手順やマシンパワーが必要になるため、世界中の企業や個人に対価を支払うことで分担しておこなわれています。

これまでの仮想通貨では「ブロックチェーン」による取引履歴を検証するためのシステムとして「PoW(proof of works)」「PoS(proof of stake)」が用いられてきました。

フェアコインではこれらのシステムにくわえて「PoC(Proof of Cooperation))も採用することによって、異なる検証方法によって仮想通貨取引を保護しています。

省エネルギーなシステム「PoC」

従来型の「PoW」や「PoS」では、取引履歴の検証に誰もが参加することができました。しかし「PoC」では発行主体が認めた機関(CVN)のみがその作業を行おこないます。

そのため、不特定多数の機関が検証を行うよりも、効率的で安全性の高い検証を実現しています。さらに、このシステムは通貨発行機関が認める信用性が高い企業や機関に行わせることで、通貨の信頼性を高めているともいえます。

取引履歴の検証では最も早く解析を終了した先に対価が支払われています。検証をおこなうために「PoW」や「PoS」では大きなマシンパワーや人的リソース、そして電力を利用するため、多大な対価が支払われてきました。

FairCoinではこのシステムに「PoC」を採用することによって、検証作業の対価として払われていた費用を、従来までの仮想通貨よりも低いものに抑えています。そのため、取引量が増加したことによって検証作業の量が増えたとしても多くの対価を支払う必要がなく、検証のためのコストが新規通貨量の供給に影響を与え難くなっています。

フェアコイン(FairCoin/FAIR)の将来性は?

投資対象として魅力的なFairCoin

フェアコインは前述したように、グローバルな協同組合で利用することのできる仮想通貨です。国境を超えたたくさんの組織が参加しています。

そこではフェアトレードや富の再分配といった社会不平等の撤廃などを目的として活動しているため、フェアコインを購入することによって、それらの活動の後押しをすることができるという側面もあります。このような社会変革を伴う将来性だけではなく、フェアコインは次のような特徴から投資対象としてもとても魅力的な仮想通貨です。

フェアコインのレートの変化

フェアコインは実際の取引価格に適応させた公式価格による取引を加盟店に提供しています。その結果、取引価値と実際に仮想通貨が持つ価値とが結びつきやすい通貨です。この特性は安定的な長期運用を求める場合に好まれる要素でもあります。

このようなFairCoinの安定性は、長期的な運用や安定性を求める投資対象として、将来性がある通貨であると考えることができるでしょう。

フェアコインの利用先から考えられる将来性

フェアコインは社会不平等を目指す共同体で用いられる仮想通貨です。そのため、コミュニティが参加する難民基金や平和関連のプロジェクトを、フェアコインを購入することによって投資の対象とすることができます。

また、フェアコインは高い安定性を持つことから、現実に流通する通貨の代わりとして、発展途上国などで用いられることも目指しています。

フェアコイン(FairCoin/FAIR)の時価総額は?

2018年2月14日の時点でのフェアコインの時価総額はおよそ2,600万ドルで、24時間あたりの出来高は8,900ドル程です。フェアコインは2016年の段階で「FairCoop(フェアコープ)」以外で900万人が所有しており、2018年2月までその所有人数と通貨量は増加しています。

公開から2017年までの間で公式価格は1FAIRあたり1.20ユーロでした。仮想通貨の市場が人気を帯び始めた2017年には数回の修正がみられましたが、2018年1月では1.20ユーロとなっています。

なお、利用可能コイン数は約5320万FAIRで、「FairCoop(フェアコープ)」以外での流通は発行枚数の10%程です。

フェアコインは、より効率的な「FairCoin2」の開発費用を集めるために、1ユーロあたり40FairCoinのレートを行うキャンペーンを40日間限定で開くなど、仮想通貨の一般的な流通と将来的な変化を見据えています。特にその利用先として、発展途上国において貨幣に代わる取引手段として、流通量の増加がみられます。

フェアコイン(FairCoin/FAIR)を取り扱う取引所は?

国内でフェアコインを取り扱う取引所は2018年2月時点ではありません。
フェアコインを購入する場合は、海外の取引所を利用する必要があります。

フェアコインが取引されている取引所は主にBittrex(ビットトレックス)のようです。

Bittrex(ビットトレックス)
アメリカの大手仮想通貨取引所。アルトコインは200種類以上。

安定的な投資対象としてフェアコイン(FairCoin/FAIR)は有利?


フェアコインは主な流通先が「FairCoop(フェアコープ)」に限られていることにくわえて、市場には通貨全体の10%程しか流通していません。さらに、公定価格が設定されていることによって、通貨取引による価格の乱高下を起こしづらい仮想通貨であるといえます。

また、採用している「PoC」システムは検証にかかるコストを低くすることを可能としました。これらの特徴から、仮想通貨の中においてフェアコインは、長期的で安定的な投資先としてみることができます。

フェアコインが成長することは平等な社会を目指す組織団体を応援することにもなります。発展途上国における経済問題など、社会的な問題の解決を目指す団体を成長させたいと願っている方にも向いている仮想通貨です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!

この記事に関連するタグ

PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial