BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

仮想通貨PayPie(ペイパイ/PPP)の特徴、価格、取引所、将来性は?

PayPie(ペイパイ)は、2017年10月に取引を開始した世界初となる『リスク指標分析(スコア)アルゴリズムを導入した企業会計』や『金融市場に信頼性と透明性の提供』を目的とするプラットフォームです。

仮想通貨を通じて企業会計に重要な様々なプロジェクトが進行しています。そこで今回は、PayPieの特徴や価格などを紹介しながら、将来性についても解説します。

リスク指標分析マーケットを主戦場とするPayPieの特徴

PayPieはリスク指標分析のマーケットにおいて、信頼できるシステムを提供し安全性や透明性を担保、さらに詐欺からの確実な防御システムを構築した分散型の会計プラットフォームです。

PayPieの目的は、PayPie内の最新のデータを使用することによって高い与信評価を得ることができるほか、PayPie内に保存された財務データを分析することで流動性比率や収益性、簿価などを基としたクレジットスコア(信用偏差値)を作成することにあります。

このようなシステムを通して、ブロックチェーン会計に基づいた信用リスクアセスメントの導入による信頼や透明性を金融市場にもたらすことを目的としています。

また、PayPieの暗号通貨は「Pie Coins」と呼ばれる仮想通貨を使用し変動する価格に晒さないことを目的として、主要通貨と1:1で交換できるERC20互換(イーサリアムトークンの一種)の安定した管理を提供しています。

PayPieで使われるPPPトークンは金融市場において財務データ購入などに使用されるほか、PayPieプラットフォームへの様々なアクセスに必要となるトークンです。

またPayPieプラットフォームの使用頻度が高いほど、PPPトークンの評価は高くなる傾向にあります。このように、PayPieは金融事情や企業会計に特化して安全性などを最大の売りとしてスタートした特徴を持っています。

ビジネス業界初!分散型会計プラットフォームを構築したPayPieにおける将来性の展望

仮想通貨を通じて企業会計へ様々なシステム提供を行うPayPieは、世界初のリスク指標分析アルゴリズムを用いた会計プラットフォームを構築した将来性豊かな仮想通貨です。

不正会計などが頻繁に発覚する企業会計へ透明性の実現を提供するほか、PayPie内の財務データを用いることによって正確なリスク分析を可能とします。

仮想通貨では珍しく企業会計に主眼を置くことで世界中の金融業界などに注目される存在であると言えます。またリスク分析においては100%の正確性を目標としておりリアルタイムで発信される情報に基づいた、信頼できる情報を得ることが可能となるでしょう。

また、PayPieは、AI(人工知能)による自動仕訳機能などを備えた財務サービスや企業サービス分野への開拓を視野に入れたプロジェクトを進行しているため、大きな可能性を秘めている仮想通貨であるといっても過言ではありません。多くの仮想通貨が流通するなか、注目するべきものであると言えます。

ブロックチェーン会計に基づいた正確なリスク指標(スコア)を得ることができるPayPieは、過去・現在・将来においてすべてのトランザクションの信頼性を保証した分散型プラットフォームとして、多くの市場参加者の期待を集めています。

仮想通貨PayPie(ペイパイ/PPP)の価格は?

2018年2月27日時点でのPayPieの時価総額は約100億円、取引価格は約120円前後で推移しています。

また、2017年10月の取引開始から2018年1月までの価格推移は、発売当初およそ0.3USDで開始された通貨価格が約4ヶ月で7倍ほどの値上がりを見せています。

発売当初は低調な価格推移であり、一時は0.18USDほどまでの落ち込みをみせた場面もありますが、その後2017年11月に入ると値上がりを始め同年12月にはおよそ8倍ほどの価格(2.68USD)まで値上がりしています。2018年に入り若干の落ち込みはあるものの、概ね高値圏内で価格推移しています。

PayPieは今後、イーサリアムの共同創業者が作成する「仮想通貨ウォレットJaxx」にも対応することになっており、Jaxxに対応する利点としてはPCやスマートフォンを使用してさまざまな仮想通貨をまとめて保管する事ができるようになります。これまでは、種類の違う仮想通貨ごとにウォレットを作成する必要があり、管理が大変な側面がありました。

しかし、Jaxx対応でこの煩わしさがなくなり、仮想通貨の管理が容易になるでしょう。多くの市場参加者に期待されている仮想通貨ということもあって、今後も資本増強や値上がりを見せるかもしれません。

仮想通貨PayPie(ペイパイ/PPP)を扱う取引所は?

PayPieは、日本国内において扱う取引所が存在しません。そのため、PayPieを購入するためには、国内の取引所でビットコインを購入してかた海外の取引所に送金。そのビットコインでPayPieの購入という手順になります。

PayPieを扱う海外の主な取引所は以下の通りです。

Ether delta(イーサデルタ)

Fork Delta(フォークデルタ)

仮想通貨業界に新たなシステムで挑むPayPie

今まで少ない存在だった企業会計を軸とした仮想通貨PayPieは、多くの金融業界や企業に期待されている存在です。世界初であるリスク指標分析アルゴリズムは、このような業界において強力な透明性と信頼性をもたらしてくれるでしょう。

さらに、正確な財務分析ができることは、金融市場に大きく貢献し健全な金融取引を約束してくれる存在になります。PayPieをはじめとする多くの仮想通貨業界はさまざまなアイデアを出しシステム構築に励んでいますが、それぞれに違った特色があり、これから先も頼もしいシステムを持つ仮想通貨が現れることが期待できます。

仮想通貨のグローバルな利便性に加え、PayPieのように企業会計に特化した仮想通貨などは企業の業績向上に貢献し、また数秒で完了する取引の便利さは世界の距離をさらに縮めることになります。

ビジネス業界初となった分散型会計プラットフォームの有能なシステムを利用して、多くの企業が業績回復と確実な取引を実行できることで健全な業務を遂行できる通貨となるでしょう。

仮想通貨ウォレットであるjaxxへの対応も決定していることから、管理も容易になり、さらなる期待が持てる仮想通貨であると言えます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!

この記事に関連するタグ

PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial