BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

Open Trading Network(OTN)の特徴、価格、取引所、将来性は?

「Open Trading Network」とは、ネットワーク上での仮想通貨のエクスチェンジを可能にするプラットフォームであり、そのプロジェクトです。

このプラットフォームが用いるシステムは、取引所を介することなく、すべての仮想通貨を変換可能にします。仮想通貨取引所を狙った犯罪による被害額の大きさがニュースとなる中で、大きな関心を寄せられるシステムです。

第三者を介さない仮想通貨同士の取引を実現。Open Trading Networkの特徴とは

Open Trading Networkは、2017年10月に取引を開始した仮想通貨であり、プラットフォームの名称になります。日本語では「オープン・トレーディング・ネットワーク」と読みます。仮想通貨としての通貨単位は「OTN」です。

Open Trading Networkのプロジェクトは、Open Trading Network財団によって運営されています。Open Trading Network財団は、ネットワークの開発と、利用者がそこからより多くの恩恵を受けるための、さまざまなアプリケーションの開発を行っています。

その中心となるOpen Trading Networkは、すべてのブロックチェーンを結び付け、取引の安全性と利用者の利便性を大きく向上させることを目的としたプロジェクトです。これは「クロスチェーントランザクション」と呼ばれるテクノロジーです。

仮想通貨はその取引に、それぞれが独立したブロックチェーンを利用しているため、これまではある仮想通貨を別な仮想通貨に直接交換することはできませんでした。両替のためには、目当ての仮想通貨を取り扱っている取引所で購入する必要があったのです。

しかしクロスチェーントランザクションなら、その名前の通り、それぞれ異なる仮想通貨のブロックチェーンを繋ぎ、直接の両替が可能となります。Open Trading Networkは、このテクノロジーを採用した初のプラットフォームです。

Open Trading Networkには他にもユニークな特徴があります。それは担保付きだということです。仮想通貨の盗難事件は、その多くが取引所のセキュリティの穴をついたものでした。

しかしクロスチェーントランザクションなら、ブロックチェーンのネットワーク上で直接取引が行われるため、大切な資産を奪われるリスクを大いに軽減できます。さらに担保付という安心感が上乗せされるのです。

また、Open Trading Networkは部分的に中央集権型のエンジンを取り入れることによってトランザクションの内容を記録します。契約内容はリスト化され、使いやすいインターフェイスの整ったスマートコントラクト形式で保管されるのです。

さらに利用者の要求に合わせて整えられ、ネットワーク上にアップロードが可能となっています。そのため、取引に関するデータの偽造は極めて困難であり、利用者にさらなる安全性を提供します。Open Trading Networkはプロジェクトが完了すれば、安全性が高く独自性を持つ、ネットワーク上の分散型取引所が実現されるのです。

そして、Open Trading Networkのプロジェクトでは企業が独自の仮想通貨(トークン)を発行する場合、基本的なソリューションをすぐに利用できるセットを用意しています。これは簡単にカスタマイズ可能で、目的に応じた利用が可能です。

Open Trading Networkを利用してトークンを発行した場合、自動的に仮想通貨取引所に上場されるため、余計な手間がかかりません。トークンは商品の購入やサービス料金の決済に使用可能です。顧客は既存の通貨を支払いに利用でき、企業はその通貨を即座に自社のトークンに変換することができます。

仮想通貨の取引に求められるものがOpen Trading Networkの将来性を高める

仮想通貨の取引には、常に高い安全性が求められています。

Open Trading Networkは、第三者を介さない 「peer-to-peer exchanges(ピアツーピアエクスチェンジ)」を実現するプラットフォームであり、その有効性は非常に高いものです。
ブロックチェーンのネットワーク上で取引が瞬時に完結されるため、利用者は取引の透明性の高さと素早さの両方を手に入れられます。

さらに種類を問わず、あらゆるブロックチェーンを繋げるため、柔軟性の高い取引が行えるのです。世界中どの国にいても、身近な取引所で扱っていない仮想通貨だとしても、手に入れたいと思ったときに即時に変換できます。

こうしたクロスチェーントランザクションの技術は仮想通貨そのものの取引だけではなく、流通のあらゆる場面で求められるものです。国際間の物流をさらにスムーズに動かすためには重要なものであり、企業にとって注目に値するものだと言えます。加えてトークンの発行や即時上場など、シンプルかつユーザーフレンドリーなシステムが用意されているのです。

また、Open Trading Network財団のホワイトペーパーには開発の進み具合がしっかりと記載され、ネットワークとアプリケーションについて把握しやすくなっています。その方針は利用者の利益を最大限に高めるものです。

これらの理由を総合すれば、Open Trading Networkのプロジェクトは、その完了後には需要の高さが見込まれ、将来性には期待できるものがあります。

Open Trading Network(OTN)の価格は?

Open Trading Networkは、2017年10月26日に取引開始となりました。

開始後は、価格は上向きのまま推移していました。11月上旬になると急騰し、11月15日には取引開始時に1OTN=1.82USDだった価格が、55.39USDと約50倍にまで跳ね上がりました。

しかしこの価格暴騰は急速に収まり、上昇と下降を繰り返しつつ、値を落ち着かせていったのです。この価格の変動には、取引開始からの様子見の後、短期決戦のトレーダーが手持ちのOTNを一気に動かした事情をうかがうことができます。

2017年12月末には、多くのアルトコインが高騰しましたが、OTNも一時的ながら48ドルに迫る値を付けました。2018年に入ってからは6ドル前後で落ち着き、その後は比較的安定した値動きとなっています。

2018年3月9日現在、Open Trading Networkの価格は1OTN=約360円、時価総額は約13億円です。

Open Trading Network(OTN)を扱う取引所は?

2018年3月9日現在、国内の仮想通貨取引所にはOTNを扱う取引所はまだ存在していません。

そのため、OTNの購入には、あらかじめビットコイン(BTC)を購入する用ための取引所の口座と、OTNの取り扱いがある海外の取引所の口座を準備しておく必要があります。

OTNを取り扱っている海外の主な取引所は以下の通りです。

HitBTC(ヒットビーティーシー)
イギリスの大手仮想通貨取引所。ICO直後の仮想通貨も取引できる。

Livecoin(ライブコイン)
イギリスの大手仮想通貨取引所。マイナーなアルトコインの取り扱いが豊富。

Cryptopia(クリプトピア)
ニュージーランドの大手仮想通貨取引所。取引手数料が安い。

EtherDelta(イーサデルタ)
イーサリアムのブロックチェーンを利用した分散型取引所。ICO直後の仮想通貨も取引できる。

購入までは次のように行います。

まず、国内の取引所に口座を開設し、ビットコインを購入してください。
次に海外の取引所を選んで登録を行い、そちらにも口座を開設しましょう。
あとは、国内の取引所で購入したビットコインを送金すればOTNを購入できます。

すでに国内取引所の口座を開設済みの場合は、30分程度で購入準備を整えることが可能です。

仮想通貨の信頼性を高めるOpen Trading Networkのこれからに期待

仮想通貨が盗み出される場合、その多くが管理体制の隙をついたものです。

しかし、Open Trading Networkのシステムは、その取引のすべてがブロックチェーンのネットワーク上で完結するため、極めて不正が行われにくいものと言われています。クロスチェーントランザクションは資産としての仮想通貨への信頼性を高めます。

Open Trading Networkは、利用者の増加と流通の活発化を推し進め、仮想通貨の未来を切り開くプラットフォームであり、これからの発展に期待できる仮想通貨と言えるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!

この記事に関連するタグ

PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial