BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

PoWとPoSのハイブリッド型通貨!?I/O Coinの特徴や将来性とは

I/O Coinとは、I/O Digitalと呼ばれるブロックチェーン上において使用される通貨です。異なるブロックチェーンの相互接続を目的としてつくられました。

今回の記事では、I/O Coinについて、その特徴や時価総額、取引方法をまとめました。

明確なビジョンと高い技術を持つI/O Coin

I/O Coinが利用しているブロックチェーンはI/O Digitalと呼ばれます。

I/O Digitalのソフトウェアはソースコード、つまりその中身が公開され、改造と再配布が許可されています。異なる系統のブロックチェーン上でも円滑なやり取りを可能にする相互運用性をビジョンとして掲げ、2014年に公開されました。

さらに公開後は、大規模なネットワーク上でより多くのトランザクション(一連の処理)を可能にするという目的を持って開発が進められています。

これらの利便性の高い技術を提供するため、I/O Coinは下記の2つの仕組みが確立されています。

ハイブリッド型アルゴリズムの採用

仮想通貨に採用されているアルゴリズムは主に2種類存在します。

1つはビットコイン(BTC)にも採用されているPoW(Proof of Work)。有志を募って複雑な計算処理をさせ、その仕事量に応じて報酬としてのコインを支払うしくみです。この計算処理をマイニング、募った有志をマイナーといいます。PoWは、複雑で膨大な計算処理によって取引履歴の改ざんやサイバー攻撃の防止に効果を発揮する一方、マイナー集団による悪意を持ったブロック形成「51%攻撃」が仕掛けられる可能性があることがデメリットとされています。

2つ目のアルゴリズムはPoS(Proof of Stake)というもの。Powが持つ課題を解決するために作られたこの仕組みは、コインの保有量に比例してブロックの承認率が高くなります。マイニングの仕事量に応じて承認率が変動していたPoWに対し、PoSでは51%攻撃を仕掛けるハードルが極めて高くなるため、恣意的なブロック形成を防ぐことができます。

そのため、I/O Coinの専用ウォレットに一定期間コインを保有しておけば、報酬としてさらにコインを得ることが可能になります。PoWとPoSを併用したハイブリッド型のアルゴリズムを採用することで、PoWによって発生するリスクを抑えつつ、双方のメリットを享受することができるのです。

独自のブロックチェーンの開発

2008年にSatoshi Nakamotoと名乗る人物により、ビットコインのホワイトペーパーが公開されました。これはビットコインの仕組みや特徴が書かれた論文です。

そして実際に2009年にビットコインの運用が開始されると、その機能性に目を付けた多くの開発者がこぞって仮想通貨の作成に着手しました。

また、同時にビットコインのホワイトペーパーに記載されたいくつかの仕組みの改善も図りました。課題とされた仕組みが、「ブロックチェーンの処理能力不足」と「異なる系統のブロックチェーンの相互運用性の低さ」です。これらを解決するため、Sunny KingとScott Nadalという2人の開発者がよりエネルギー効率の高い暗号化を発表しました。

後には、この暗号化とPoSシステムを採用したPeercoinと呼ばれる仮想通貨のホワイトペーパーもリリースしています。

このPoSシステムを最大限に活用し、I/O Digitalの開発チームと創業者のJoel Boshによって独自ブロックチェーンが開発され、2014年7月にI/O Coinの前身となるI/O Coin Genesisブロックが採掘されました。

多くの仮想通貨が抱える課題とI/O Coinの将来性

I/O Coinは、特殊なアルゴリズムと独自のブロックチェーンを持っており、多くの仮想通貨の取引における課題の解決に大きく関わっています。

仮想通貨のブロックチェーンは、取引量が増加すると処理能力の不足が起こります。ビットコインやイーサリアムと言った、取引量の多い仮想通貨ではすでにこの問題が現実となっており、処理能力不足による取引の障害や送金の遅延につながる恐れもあります。

また、ブロックチェーンには異なる系統の仮想通貨に相互運用性がなく、仮想通貨の大きなメリットであるネットワーク効果が十分に発揮されないことも課題として挙げられます。

仮想通貨は手数料が安く、インターネット環境さえあれば誰でも手軽に送金や受け取りができます。このような利便性から世界中で取引が行われているからこそ、迅速な課題解決が求められています。

I/O Coinはその解決手段となり得る高度な技術を提供しており、その将来性には多くの投資家、開発者が注目しています。

I/O Coinの価格推移と時価総額は?

2014年7月に、I/O Coinは0.054ドルで取引が開始されました。9か月ほどかけて少しずつ価格は下がり、2015年4月には0.005ドルの安値に到達しています。

取引開始から約2年後の2016年8月、長期にわたって仮想通貨への不信感の要因となっていたビットコインの分裂騒動が新たな展開を見せました。本家のビットコインから独立する形で公開された新たな仮想通貨が注目を浴びるようになったのです。危機感から下降トレンドの一途をたどっていたビットコインの価格が上昇すると同時に、他の仮想通貨の人気も高まり、価格が上昇しました。

このような背景からI/O Coinも徐々に値を上げ、2017年9月には4.11ドルとなりました。その後、中国で仮想通貨による資金決済の禁止や主要取引所の閉鎖が発表されたり、各国で仮想通貨に関する法整備が進んだりするなど、仮想通関の相場を大きく動かす出来事が立て続けにありました。

これに伴いI/O Coinも乱高下を繰り返しながら、2018年1月には7.26ドルまで上昇を見せました。2018年3月24日時点では1.37ドル、時価総額は約2300万ドルとなっており、この時点では7.26ドルが最高値となっています。

I/O Coinの取扱店舗と購入方法

2018年3月時点において、I/O Coinの取扱店舗はBittrexの1店舗のみとなっています。しかし、I/O Coinはさらに大規模なネットワーク上でのトランザクションを可能にするための研究と開発が続けられています。

また、仮想通貨全体の取引量もさらに増加していくと考えられ、I/O Coinへの将来性には大きな注目が集まっています。I/O Coinが普及していくとともに、購入可能な取引所も増えていく可能性が高いと考えられます。

I/O Coinの取引を開始する場合、まず必要になってくるのはビットコインの購入です。I/O Coinの取扱店舗であるBittrexは海外の取引所のため、日本円で購入することはできません。

ビットコインを取り扱っている取引所は国内に何店舗もあるため、手数料やチャートの利便性などを基準に選択し、口座を開設します。そのビットコインをBittrexに送金することにより、I/O Coinが購入できるようになります。

安全に取引を楽しむためには

PowとPoSのハイブリッド型アルゴリズムを採用したI/O Coinは、多くの仮想通貨の処理能力を改善し、系統の違いに関わらずブロックチェーンの相互運用性を円滑なものとするために大きな役割を果たしています。

また、独自の技術を駆使したブロックチェーンはオープンソースという特性上、研究と開発は驚くほどの速さで進歩を遂げています。

そのため、I/O Coinの価格変動率は大きくなる可能性があります。この相場の特徴を利用すれば、予想以上の利益を得ることができる一方、大きな損失となって取引が継続できなくなる可能性もあります。

安全に取引を続けていくためには、慎重な相場分析と情報収集、さらには資産のリスク管理を慎重に行っていくことが大切です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!

この記事に関連するタグ

PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial