BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

DAppsの開発が簡単に!?仮想通貨アッシュ(Asch/XAS)の時価総額は、その特徴とは

ビットコインをはじめとした仮想通貨の認知が急激に広がり、仮想通貨は投資家のみならず一般のユーザーにまで注目されるようになりました。

しかし、知名度が高いということはそれだけ価格変動が激しいという側面もあり、なかなか投資に踏み切れない人も多くいるでしょう。そんなときに注目したいのがアルトコインです。

アルトコインとはビットコイン以外の仮想通貨を指し、そのなかにはまだ注目されておらず値段が安いものもあります。もちろん、その全てが高騰するというわけではありませんが、将来的に大きく伸びる通貨もなかには存在するでしょう。

今回はそんな将来性を期待されているアルトコインのなかから「Asch」という通貨を紹介します。

新たな中国系仮想通貨?仮想通貨アッシュ(Asch/XAS)の特徴は?

Aschは数多くあるアルトコインのうちの一つで、イーサリアムをバックボーンとしています。そのプロジェクトは2016年にスタートし、現在までに着実に時価総額を伸ばしている通貨で、その単位は「XAS」と表されます。

残念ながら開発者の情報は具体的に公開されてはいませんが、開発チームの公式ホームページが中国語で書かれていたり、サポート企業が中国の企業ばかりである点などから、中国系の仮想通貨だと認識して問題はないでしょう。
その点をデメリットに数える人もいますが、仮想通貨はどこの誰が開発したかはあまり重要ではありません。

安全性や匿名性はプログラムによって担保されているので、出自よりも将来性などを重視する方がいいでしょう。同じく中国系の仮想通貨であるTRONのように、近い将来人気が爆発する可能性もゼロではありません。

ちなみに開発チームは、ツイッター上で情報公開をおこなっていたり、世界中の各種コンテストに参加していたりします。非常に積極的にAschを発展させていこうという姿勢が感じ取れるのも魅力的な部分です。

DAppsの開発者に嬉しいAschの技術

技術的な面に目を向けてみれば、Aschはサイドチェーンを採用している点が特徴的です。サイドチェーンというのは、メインチェーンとは別にもう一本チェーンを作っておく仕組みのこと。これによって、新しく機能を付け加えていってもメインチェーンが重くならずに済むというメリットが生まれます。

サイドチェーン内では比較的自由にカスタマイズできるようになり、この技術を採用しているかどうかで仮想通貨の将来性まで変わってくるほどです。こうした仕組みに代表されるように、Aschは従来の仮想通貨が持っていた深刻な問題点をいくつか改善しています。

またAschは、Dposというコンセンサスアルゴリズムを導入することによって、重複支払いの可能性を低くしている点にも特徴があります。セキュリティレベルは従来の仮想通貨に比べて高めで、ハッキングなどに対する一定の耐性も持ち合わせています。

さらにコンテンツ公開プラットフォームも持っており、クリエイターが配信をすることができる点も特徴的です。使用言語はJavaScriptで、イーサリアムのSolidityよりは一般的です。

そのため、Aschはイーサリアム技術を用いてつくられるさまざまなアプリケーション(DApps)の開発をおこなう企業や個人にとって有益な通貨といわれています。

マイナー通貨だからこそ狙い目!仮想通貨アッシュ(Asch/XAS)の将来性は?

仮想通貨の将来性はさまざまな要因によって決められますが、それがマイナー通貨であるかどうかも比較的重要です。

国内の大手取引所で購入ができるようなメジャー通貨は、すでに十分値上がっている可能性が高いからです。まだ人の目に留まっていないマイナー通貨ほど将来性が高くなるので、その意味においてはAschにも高い将来性があると言えます。

現在ではまだ日本の大手取引所では購入ができませんが、海外の取引所では購入できる場所も増えてきています。取扱店舗数が増えれば増えるほど資金流入が激しくなるため、これは非常にいい兆候だと言えます。国内の大手取引所で取り扱いが始まれば、さらに成長は加速していくことでしょう。

開発チームからの情報公開も積極的で、公式ページではロードマップも確認可能です。また、質の高いホワイトペーパーも公開されていて参考にできます。各種SNSでの発信にも積極的で、コミュニティも徐々に大きくなりつつあります。

このように開発チームの計画性や積極性、情報公開の頻度も他の仮想通貨に比べて悪くなく、投資家心理にはいい影響を与えています。成長を阻害する要因は少ないと見ていいでしょう。

現在では海外の一部の取引所でしか購入できませんが、徐々に購入可能な場所も、使用可能な場所も増えていくと予想されています。

仮想通貨危機の中にあっても安定を見せる仮想通貨アッシュ(Asch/XAS)の時価総額は?

Aschの時価総額は、右肩上がりで増え続けています。公開当初はほとんど誰にも知られていなかったせいか、取引も活発ではなく、時価総額も微々たるものでしかありませんでした。

しかし2017年の6月に一気に跳ね上がり、一時は100億円を超えるまでに至りました。多くの投資家の目に留まったAschは、その後高いボラティリティを維持しながら、着実に時価総額を増やし続けています。

2017年の後半には少し落ち込みを見せたものの、2018年に入ってからは安定して高い数字を出しているのも特徴的。ほかの仮想通貨がトラブルを起こして大暴落をする中でも成長を続けているのがAschなのです。

短期的に大きく値を上げ下げする仮想通貨ゆえに時価総額の正確な数字を出すのは難しいですが、2018年前半においては50億円から150億円程度の範囲で推移していました。

今後の動向についてなのですが、仮想通貨全体が注目されているので、もちろんAschもその恩恵には預かれそうです。ビットコインやイーサリアムに比べれば時価総額は低いですが、だからこそ成長の余地は残っていると言えます。

仮想通貨アッシュ(Asch/XAS)を取り扱う取引所は?

Aschは、2018年3月時点では、まだ国内の大手取引所では購入することができません。海外の一部の取引所で、BTCと交換をする形で購入ができます。海外の取引所は円やドルなどの法定通貨を取り扱っていないケースが多く、取り扱っていたとしても入金や出金は面倒です。

そのため、まずは国内の取引所にウォレットを持ち、そこでBTCを購入するのが一般的です。国内の取引所で購入したBTCを海外の取引所に送金し、そこで初めてBTCとAschの交換を行います。

交換したAschもそのままでは使えませんから、納得できる値段になればまたBTCと交換をします。その後、得たBTCを国内取引所のウォレットに送り返します。こうすることで、国内で購入ができなくてもAsch成長の恩恵にはあずかれます。

海外の取引所といっても登録自体は問題なく済ませられるので、あまり心配をする必要はないでしょう。Asch以外のアルトコインも、多くは海外取引所で購入するしかありません。早めに登録を済ませておけば、他の仮想通貨が買いたくなったときにも便利です。

現在のところAschは、以下の取引所で購入可能です。

Kucoin(クーコイン)
香港の大手仮想通貨取引所。日本語にも対応しています。

Aschは有力な分散投資先の一つとなり得る存在

最近ではブロックチェーン技術を利用したアプリケーション「DApps」が注目されており、さまざまなゲームやサービスが開発されています。

今後もその数は増えていくことが予想されているため、その開発をサポートするAschの動向に注目しておいても良いかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!

この記事に関連するタグ

PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial