BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

仮想通貨メイカー(Maker/MRK)の特徴、価格、将来性、取引所は?

仮想通貨はその魅力が広まっていくと同時に、独自のスタイルを持つ個性的なアルトコインも増えてきました。

最近は単純に便利な機能や画期的なアイデアを持つわけではなく、他の通貨と深く関わることで、自身の価値を高めるようなコインにも注目が集まっています。

「Maker」もそんなアルトコインの1つで、別の通貨ダイ(DAI)と関係することでその存在をアピールしているのです。

自立するよりも他の通貨を支えることで自らを表現するその特徴は、これからの仮想通貨業界において重要な役割を担うかもしれません。

今のうちに特徴や将来性をチェックして、Makerがもたらすメリットを把握しておくといいでしょう。Makerの魅力が広まっていけば、仮想通貨は新たなるステージに進んでいけるかもしれませんよ。

仮想通貨メイカー(Maker/MRK)の特徴とは?

仮想通貨を安定させるための通貨

Makerは自分以外の仮想通貨の価格を安定させ、その価値を証明するために生み出された独特のコインです。具体的にはアルトコイン「ダイ(DAI)」と関係していて、その価格を調整することがMakerの役目となっています。

分散型プラットフォームによる担保集めによって、発行主体を集中させないシステムが、MakerとDAIをつなぐ特徴となっているようです。それはDAIのボラリティ(価格変動率)を最小限に抑えることになるため、結果的にMakerの存在がDAIを安定させることになるでしょう。

仮想通貨はそのボラリティの高さによって、投資対象として注目されてきました。しかしいつまでもボラリティの高さばかりにこだわっていると、いずれ通貨としての役割に疑問を持たれることになるでしょう。

そのため現在は、Makerのようにボラリティを最小化する役割を担うアルトコインが脚光を浴びつつあるのです。今後は特定の通貨をサポートするMakerのようなアルトコインが、仮想通貨業界を賑わすことになるかもしれません。

仮想通貨DAIとの関係

Makerは、仮想通貨DAIと深い関係を持つ通貨です。DAIとはいわゆるペッグ通貨と呼ばれる種類のもので、法定通貨との連動性が特徴となっています。

法定通貨とはまったく別の動きを見せる多くの仮想通貨たちと違って、その固定された価格推移が魅力といえるでしょう。

DAIはドルとつながっている通貨で、基本的に1DAI=1USDになるとされているようです。仮想通貨業界には、有名なペッグ通貨として「Tether」が知られています。

しかしDAIはTetherと違う性質をいくつも持ち、新たなるペッグ通貨としての活躍に期待されているようです。その違いの1つが、今回注目しているアルトコインMakerとなっています。

Tetherはさまざまな理由によって安定性や信頼性に欠けるといわれていますが、DAIはMakerという後ろ盾があるおかげで、そういった疑念への対処ができているのです。DAIを支える存在として、Makerはこれからの動向や価格の推移に注目されていくことでしょう。

ガバナンストークンとしてのシステムが魅力

MakerにはDAIの下地を作るガバナンストークンとして作用するための、さまざまなシステムが存在していることも特徴です。

例えばトークンの所有者にはDAIのリスク管理などに投票する権利を得ることができ、新しい提案を行うことが可能となります。多くの票を集めた提案はその後システムに採用され、より現状に即した機能を持つことになるでしょう。

またCDPと呼ばれる独自のスマートコントラクトによって、イーサリアムを担保にすれば誰でもDAIを発行することが可能です。CDPでの決済にもMakerが利用されるので、DAIの存在感が高まるほどにMakerの価格も上昇することになるでしょう。

DAIはボラリティの低い通貨ですが、それをサポートするMakerは価格が変動するので、先行投資が利益になるかもしれませんね。

Makerの将来性は?

ペッグ通貨DAIの価値を高める

Makerは将来的に、連携する仮想通貨DAIの価値を高めることに期待されています。

仮想通貨のボラリティをデメリットと感じる人々にとって、DAIの存在は希望のようなものとなるでしょう。Makerと合わさって生まれるその安定性が認知されれば、DAIは有名通貨Tetherにも負けないペッグ通貨となれるかもしれません。

Tetherと積極的に比較される機会を持つことが、DAIの魅力をアピールすることになるため、今後に注目していきたいですね。

ボラリティの小さい通貨が増えるかも

仮想通貨は非常に魅力的なコンテンツとなりましたが、どれもが同じ性質を持っていると拡張性のない存在となってしまいます。

特にボラリティは大きな問題となっていて、すべての通貨のボラリティが高いままだと、安心して使える通貨ではなくなってしまうでしょう。

そのため今後はMakerのシステムを取り入れた、ボラリティの小さい通貨の誕生に期待されていきます。Makerが価格を上昇させて世界的に有名な通貨となれば、仮想通貨のボラリティに不満を持つユーザーが、同じ性質を持つ通貨を求めるようになるでしょう。

それは仮想通貨が多様性を持つことになるため、将来的に大きな飛躍につながります。今後はMakerを参考に、ボラリティの高い通貨と、逆に小さい通貨が混同することが、仮想通貨業界の理想的な環境になるかもしれませんね。

Makerの取引価格は?

激しい波からやや下落へ

Makerは2017年末に取引所に上場してから、そこそこの人気通貨となりました。
1MKR=20万円近い値をつける瞬間もあり、時価総額も40位台とかなり良い位置にいたようです。

しかし価格はなかなか安定せず、急落と高騰を繰り返した結果、2018年2月の終わりくらいから緩やかな下落に転じています。

海外では人気があったようですが、これといった好材料を短期間で見つけられなかったことが、Makerにとっては痛手となったのでしょう。

4月以降は上昇の兆しが見える

それでもMakerは2018年4月以降、徐々に価格を高め始めています。
一時は1MKR=5万円ほどだった価格が、4月下旬には1MKR=10万円前後を推移しています。

これはMakerとDAIの存在が少しずつ認知されてきている兆候と見ることができるので、今後は徐々にでも上昇トレンドに入っていくかもしれません。

いずれにせよMakerの価格上昇を期待させる決定的なニュースがないか、こまめにチェックしていくべきタイミングに来ているでしょう。

Makerを扱う取引所は?

売買を考えるのなら海外の取引所へ

Makerは2018年現在、日本国内の取引所では扱われていません。そのため売買を行うのなら、海外の取引所に登録する必要があるでしょう。

海外の取引所には魅力的なアルトコインを複数取り扱ってる場所も多いので、これを機に海外の仮想通貨事情に注目してみるのもいいですね。

OKEx(オーケーイーエックス)
2018年現在、Makerの多くは香港の取引所OKExで取引が行われています。
Makerを中心とした売買を行うのなら、とりあえずOKExには登録しておきたいですね。

Bibox(ビボックス)
近年人気を獲得しつつある取引所Biboxでも、Makerの売買を行うことができます。
BinanceやKucoinといった中国の取引所の勢いを考えると、同じ性質を持つBiboxには注目ですね。

Gate.io(ゲート)
100種類を超えるアルトコインが魅力的な中国の取引所。
Makerはもちろん新しい通貨がどんどん上場していくので、意外な掘り出しものに出会えるかもしれませんよ。

Makerが仮想通貨に新しいスタイルを作りだすかも!?

Makerのようなスタイルを持つアルトコインは、今後仮想通貨の新しい可能性として注目されていくでしょう。

似たようなコインばかりではなく、Makerのように独特の存在感を持つ通貨が増えれば、仮想通貨はもっと多くのユーザーに愛されるようになります。

ぜひこれからの発展に期待して、チャートの確認や投資を行ってみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial