BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

仮想通貨ゼロエックス(0x/ZRX)の特徴、価格、将来性、取引所は?

仮想通貨のICOは2018年になってからも活発に行われていて、多くの新通貨を世界に発信し続けています。

そんな仮想通貨の発展をさらに促すシステムとして、アルトコイン「ゼロエックス(0x)」に注目が集まっているようです。

仮想通貨同士のトレードと流動性を加速させる0xの機能は、新たな参入者と魅力的な通貨を生み出すきっかけになることでしょう。

この機に0xの特徴や将来性をチェックして、先行投資に挑戦してみてはいかがですか。0xを基軸とした仮想通貨の世界が、そう遠くない未来に実現するかもしれませんよ。

ゼロエックス(0x/ZRX)の特徴とは?

イーサリアムで作られた仮想通貨同士をつなぐ

0xとは、有名通貨イーサリアムのプラットフォームで作られたトークンを、自由に取引させるアルトコインです。

0xを経由することで、DApps(分散型アプリケーション)の専用トークンは、これまで以上にスムーズな売買が行われるようになるでしょう。

今まではイーサリアムのプラットフォームに合わせて、ユーザー側がイーサリアム(ETH)ビットコイン(BTC)をあらかじめ用意する必要がありました。そのせいで新規トークンへのレスポンスが悪くなり、ICOの成功難易度が高まっていたといわれているのです。

しかし0xが普及すれば、ETHやBTCといった通貨を保有していなくても、同じプラットフォーム上のトークンで簡単に取引できます。

ICOへの参加が容易となるため、魅力的な通貨が世界に浸透しやすくなるかもしれませんね。0xをきっかけに、仮想通貨全体がさらに盛り上がっていく可能性にも期待できるでしょう。

ユーザーにさまざまなメリットをもたらす

0xは単純にトークン同士の交換をスムーズにするだけでなく、利用者にさまざまなメリットを与えてくれる通貨でもあります。

特に手数料の安さと送金スピードは、多くのユーザーにとってありがたいものとなるでしょう。
0xでは取引がブロックチェーンの外、いわゆるオフチェーンで実行されるため、スケーラビリティによる問題を起こしません。

またリレイヤーと呼ばれる仲介者によって取引の標準となるAPIが提供されるので、ユーザーは費用をかけずに0xを利用できるでしょう。リレイヤーには報酬があるため、取引者が増えるほどに利益が高まるのも特徴。

このようなメリットの数々が、今後0xの人気を引き上げる要因となっていくかもしれませんね。

0xはオープンソースであるため、誰でも簡単に参加が可能となっています。ユーザー数を伸ばしていく下地が整いつつあるので、知名度が高まればいっきに普及していく可能性もあるでしょう。

取引所のような役割を果たす?

0xはトークン同士の交換を助けるという性質から、仮想通貨取引所のような役割を担っていくことも可能です。

今話題のDEX(分散型取引所)の新しいスタイルとして、これから定着していくかもしれませんね。中央集権者を持たずとも、リレイヤーによるサポートがあるため、ユーザーはいつでも自由な取引を楽しむことができます。

秘密鍵を個人で管理しながら、資産は分散型ネットワーク上で取り扱われるため、取引所の破産やサーバーダウンに悩まされることはありません。

カウンターパーティーリスクに対する体制が整っていることから、自己管理の下で安心して仮想通貨を運用したい人におすすめされます。

もちろんあくまで0xはアルトコインの1種であるため、完全に取引所を真似ることはできないでしょう。

しかしそれだけの期待をさせるポテンシャルがあることは、0xの将来性を考える上で大きなプラス要素になりますね。

ゼロエックス(0x/ZRX)の将来性は?

イーサリアムでの開発が活発に

0xはイーサリアムでの新規トークンの開発を促進させ、プラットフォーム上のやりとりを活性化することに期待されるでしょう。

既にイーサリアムのプラットフォームを利用したトークン(ERC20トークン)は、ICOとして世界中に広まっています。その流れは将来0xによって、さらにスピードアップしていくかもしれませんね。

0xの機能はイーサリアムの価値を高め、それに連なるトークンたちの価格も高騰させるでしょう。その結果は0xにも良い影響を与えるため、価格を上昇させる理想的なサイクルができ上がるかもしれません。

分散型取引所のモデルケースになるかも?

仮想通貨は現在、企業や運営団体が経営する取引所で売買するのが一般的です。
しかしそこにはカウンターパーティーリスクという問題があり、いつ自分の資産にまで被害が及ぶのかはわかりません。

そこで期待されているのが、分散型取引所と呼ばれるスタイルです。

中央集権に管理者を持たない分散型取引所は、仮想通貨の性質と相性が良く、これまで以上の流動性が実現される可能性があります。

0xはそんな分散型取引所の知名度を高め、より多くのユーザーを取り入れるきっかけとして期待されているのです。オフチェーンやリレイヤーといった0xの特徴は、分散型取引所のシステムを支える機能になり得ます。

将来的に分散型取引所のモデルケースのようになれれば、0xの価値は爆発的に高まるでしょう。他の通貨が0xを追従するようになることも考えられるので、分散型取引所の発展が急速に進んでいくかもしれませんね。

ゼロエックス(0x/ZRX)の取引価格は?

2018年に一時高騰を記録

0xは2017年に売買されるようになってから、1ZRK=20円前後を推移していました。

そのまま安定が続くかと思われていた矢先、12月から価格は倍の40円台になり、2018年初頭には100円を超える大暴騰を起こします。その流れはそのまま続き、ついには200円を超えて1月中旬には1ZRK=277円という記録を残しました。たった1ヶ月で10倍の価格をつけたことで、 0xの価値は広く認知されることになったでしょう。

しかし残念ながら高騰はここで止まり、その後は下落を始めてしまいます。3月には50円を割り、バブルは弾けたように思えました。

ですが4月に入って再び価格は上昇し、現在は120円前後を推移しています。かなり忙しいチャートとなっていますが、価格を戻しはじめていることから、今後にも期待できるかもしれませんね。

次回の高騰を予測するために最新ニュースをチェックしよう

0xのかつての高騰は、仮想通貨取引所Binance(バイナンス)への上場が要因の1つであったといえるでしょう。

それを踏まえて考えると、次回の高騰を呼び起こすのも仮想通貨取引所への上場である可能性は高いです。最新のニュースをチェックして0xの動向を予測するのが、投資を成功させるコツとなります。

また0xは他の通貨と関連することで、その真価を発揮するアルトコインです。他の有名通貨が0xのシステムの採用を発表するなどといった情報も、価格上昇につながるかもしれませんね。

ゼロエックス(0x/ZRX)を扱う取引所は?

日本での取り扱いはなし

0xを売買するには、海外の取引所に登録する必要があります。

日本での上場を待つのもありですが、今回で興味を持てたのなら、以下で紹介する取引所の利用を検討してみましょう。

Binance(バイナンス)
0xの価格高騰に大きく影響した Binanceなら、自由な売買を楽しめるでしょう。
毎月新しい通貨を上場させる独特のシステムによって、今後も魅力的な通貨が増えていくことも魅力です。

Huobi(フオビ)
中国の有名取引所で、現在は香港を拠点に仮想通貨売買のサポートを行っています。
アルトコインの豊富さはBinanceに次ぐレベルなので、0xを含めたさまざまな通貨を取引できるでしょう。

Bitfinex(ビットフィネックス)
香港に拠点を持つ世界規模の仮想通貨取引所。
かつてはハッキング被害に遭った経験がありますが、それでも魅力の衰えない注目の取引所となっています。

Poloniex(ポロニエックス)
アメリカ大手の取引所であるPoloniexにも、0xは上場を果たしています。
アジア以外の場所で0xが広まっていくきっかけになるかもしれないので、Poloniexでの売買には注目していきたいですね。

0xで仮想通貨トークンがさらに魅力的に!

0xの登場によって、イーサリアムのブロックチェーンを使ったERC20の価値はさらに高まる可能性が示唆されました。

トークン同士の簡単な取引が実現されれば、有能な通貨は脚光を浴びるチャンスが増えるでしょう。それは仮想通貨業界だけでなく、私たちの生活にもメリットとなるため、0x次第で未来が変わっていくかもしれませんね。

興味を持つことができたなら、ぜひこの機会に投資を検討し、0xの将来性に期待してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial