BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

仮想通貨Aion(AION)の特徴、価格、将来性、取引所は?

仮想通貨はその特徴を活かしてさまざまな分野に応用され、今や世界規模でその発展に注目が集まっています。

しかし増えすぎた魅力的なアルトコインたちはその膨大な数ゆえに、気軽なトレードや取引が難しくなってきているのです。

そんな問題を解決に導くのは、仮想通貨「Aion」となるかもしれません。Aionはブロックチェーン同士を結びつける画期的な技術を持って、未来の仮想通貨業界を牽引します。

こちらでその特徴や価格をチェックして、ぜひ今後の投資を検討してみてください。

仮想通貨Aion(AION)の特徴とは?

ブロックチェーン同士の交流をサポートする

Aionは仮想通貨のブロックチェーン同士を結びつけ、自由に交流させる機能が特徴となっているコインです。

ブロックチェーンがAionによって相互利用されることで、別々の通貨が簡単に取引可能となります。Aionネットワークはブロックチェーンごとに分離していた通貨をつなげることは、仮想通貨のスムーズな売買を実現してくれるでしょう。

これまでは仮想通貨取引所への上場を待たなければ気楽にトレードができませんでしたが、Aionがそういった現状を変革させるかもしれません。

特に知名度の低い草コインやICOを終えたばかりの新規参入のコインは、Aionの機能が魅力的に感じることでしょう。ブロックチェーン間でさまざまな通貨がトレードされていけば、Aionの独自通貨「AION」の価値も高まります。

これからも新しい仮想通貨やブロックチェーンは増えていく可能性が高いので、Aionが重要な位置を占めると予想できるでしょう。まだその魅力が広がり始めたばかりであるAionヘの投資は、将来の資産につながるかもしれません。

スケーラビリティ問題の対策になる

ブロックの容量によって行動を制限されるスケーラビリティの問題が、仮想通貨全体の1つの課題となっています。Aionはそんなスケーラビリティ対策になることにも期待されていて、仮想通貨を高いレベルに押し上げるきっかけになるかもしれません。

プラットフォーム内で新しいブロックチェーンを自由に作成することができるAionなら、容量を気にすることなく取引が行えます。送金の遅延などが起きづらくなるため、膨大なデータを用いたトレードも問題なく行えるでしょう。

ブロックチェーンを用途ごとに作成して使い分けることもできるので、データの保存にも向いています。またAionのユーザーは、発行・参加・ガバナンスといったポイントを任意に設定して、自由なブロックを作ることが可能です。

より自由な取引と高い拡張性が実現するので、仮想通貨の普及が加速していくでしょう。

信用できる運営

Aionは、EEA(Enterprise Ethereum Alliance)に最初から参加している組織によって運営されています。EEAとはイーサリアムを企業の事業に応用することを目指す団体で、仮想通貨業界に高い影響力を持つでしょう。

AionはそんなEEAに参加している組織によるプロジェクトなので、資金力と安定性に期待できるのです。途中で企画がとん挫する不安は少ないので、投資対象として優秀だといえるでしょう。

またAionを他のEEAメンバーに紹介する機会も多いと思われるので、相互利用できるブロックチェーンが今後も増えていくかもしれません。

ブロックチェーンを結びつける通貨であるAionにおいて、こういった運営組織の環境は評価の対象となるでしょう。

仮想通貨Aion(AION)の将来性は?

仮想通貨の交流が活発になる

現在の仮想通貨市場は、他の通貨をいかに超えるか、より良いシステムを提案するかといった、競争意識が強く存在しています。

しかしときにそれは互いの魅力を損なう結果につながり、仮想通貨の発展を遅らせることにもなるでしょう。

Aionはそんな競争意識を変え、積極的にブロックチェーン間の交流を促すことでこれまで以上に活発なトレードを実現します。それは相互の通貨の魅力を尊重することにもなるため、さらに魅力的な通貨を生み出すきっかけにもなるでしょう。

Aionによってユーザーが気軽に取引できるようになれば、個人でも複数の通貨をたくさん保有することができます。取引所にしばられることがなくなるので、どこの国にいても欲しい通貨を気軽に買い求めることが可能となるでしょう。

通貨に関するさまざまなサービス受けやすくなるため、将来的にはAionを主軸としたトレードによって仮想通貨は広がっていくかもしれませんね。

第3のブロックチェーンとして定着

将来的にAionはこれまでにない性質を持つ、第3のブロックチェーンとして浸透していくかもしれません。

イーサリアムのDappを作成するプラットフォームは、これまでに多くのアルトコインの誕生させてきました。Aionもそれと同じように、誕生したアルトコインを自由に取引させるプラットフォームとして、世界中で利用されるようになるかもしれません。

ブロックチェーン同士をつなぐというAionならではのメリットは、通貨の価値をわかりやすく証明してくれるでしょう。それは多くの参加者を集め、現在の取引所とは違う新しい交流の場を世界中に提示することになります。

第3のブロックチェーンであるAionは、これから仮想通貨のトレードに欠かせないプラットフォームになるかもしれません。

仮想通貨Aion(AION)の取引価格は?

安定したチャートが続く

Aionは2017年末に上場をしたことで、一気にその価格を高騰させました。

一時は1AION=1200円を超えることもありましたが、それも結果的には急落し、500円前後まで値を落とします。その後は若干の上下はあるものの基本的には安定し、1AION=300円前後で推移してきました。

2018年以降は安定が続くのかと思われましたが、4月に入ってからじわじわと値を上げ、右肩上がりの上昇を始めています。4月末現在は1AION=400円まで上がってきているので、この先もゆっくりと価格を上昇させる可能性はあるでしょう。

Aionはブロックチェーン同士をつなぎ、そこでのトレードに利用されるアルトコインです。急な高騰を繰り返すよりも、このようにある程度安定したチャートの方が、ユーザーも安心して利用できるのかもしれません。

仮想通貨Aion(AION)を扱う取引所は?

海外でのみ取り扱いがある

2018年4月現在、Aionの売買が行える仮想通貨取引所は海外にしかありません。日本国内でのみ売買を行っていた人は、これを機に海外にも目を向けてみてはいかがでしょうか。

以下にAionが流通している主要取引所を記載しますので、気になる場所への登録を進めてみてください。

Binance(バイナンス)
アルトコインの上場といえば、もはやお馴染となったBinance。Aionもこちらで売買できるので、興味のある人は登録してみましょう。

今後も多くの通貨が上場すると思われるので、まだ無名のコインに期待したい人にもおすすめ。

KuCoin(クーコイン)
こちらもアルトコインに強い中国の取引所。

Binanceとは違ったラインナップがそろっているので、Aion以外も売買してみたいのなら要チェックです。

Liqui(リクイ)
ウクライナの取引所として有名なLiquiでも、Aionの取引は可能です。

上記2つと比べると規模は若干小さく感じるかもしれませんが、ICO後の通貨を取り扱うことが多いので、登録しておくと意外な通貨に投資できるかもしれませんよ。

仮想通貨Aion(AION)がつなぐブロックチェーンが未来を作る

これまで独立しての運用が当たり前だったブロックチェーンは、Aionによって変わっていくかもしれません。

それぞれの通貨がその魅力をアピールし、簡単に取引できるようなプラットフォームの完成に期待して、いまから先行投資してみてはいかがでしょうか。

今後たくさんの通貨が参加すれば、将来Aionは仮想通貨のなかでもトップクラスの価値を持つことになるかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial