BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

仮想通貨WINCOIN(WIN)の特徴、価格、将来性、取引所は?

仮想通貨を含めた電子経済は、ビットコインによってその可能性を大きく広げることになりました。

それでもビットコインは万能な通貨ではなく、完全な分散型ネットワークを持つ通貨としては、いくつか補わなければならないポイントがあるといえるでしょう。

アルトコイン「WINCOIN」は、そんなビットコインの弱点を克服し、仮想通貨としての新しいスタンダードを作る可能性があります。

その特徴や将来性をチェックしておくことは、今後のトレードにおいて大きな利益になるでしょう。

この機会にWINCOINの魅力を知って、これからの発展に注目してみてはいかがですか。

仮想通貨WINCOIN(WIN)の特徴とは?

ビットコインの発展型として期待

WINCOINは、仮想通貨の最大手ビットコインの発展型として普及していくことが期待されているアルトコインです。

ビットコインはブロックチェーンを利用した画期的なシステムによって、今や世界中の人々にその存在を知らしめる結果となっています。取引への利用や決済手段など応用力も高いので、これからビットコインは多くの場面で役立っていくことでしょう。

しかしビットコインにはいくつかの問題もあり、それらの解決を行うために多くのアルトコインが覇権を競い合っているのです。

WINCOINもまたその1つで、特に以下の点を含むことでビットコインとの差別化を図っています。

①安全かつスピーディーなトランザクション処理
②支払いシステムを暗号化する基本取引
③高度なアプリの作成と展開
④モバイル機器などのあらゆる端末での利用

上記のポイントをクリアしているWINCOINは、ビットコインの弱点を補う未来の仮想通貨だといえるでしょう。

特に送金速度の向上やモバイル機器での安定した動作などは、これから重要な評価点になるかもしれません。

WINCOINを知るのなら、ぜひビットコインとの違いをチェックしておきましょう。

PoWとPoSの両方を併せ持つ通貨

WINCOINはブロックの承認システムにPoWとPoSの特徴を持っているため、より自由なマイニングを実行できます。

ビットコインはPoWを採用していますが、それは過度なマシンパワーと電力を必要とするばかりで、今や多くのデメリット有するシステムになりつつあります。

WINCOINもそのPoWを基準とはしていますが、そこにPoSと呼ばれる別のシステムをプラスすることで、新しいブロック承認の形態を作り上げています。

マシンパワーの大きさでブロックの承認者を決定するPoWとは違い、PoSは保有している通貨の量に応じて承認するユーザーを選択するのが特徴。

マイニング専用の機材が必要となりつつあるビットコインとは違って、WINCOINなら一般ユーザーでも気軽にブロック承認による報酬を得ることができるかもしれません。

コミュニティ重視の通貨

WINCOINは会員専用のサービスを多数展開していく予定があるため、コミュニティ重視の通貨だといえるでしょう。

会員用のアプリやプラットフォーム、オンラインの総合モールなどが実装されれば、WINCOINの価値はさらに高まっていくことが予想できます。堅牢なセキュリティとブロックチェーン技術によって、WINCOINのコミュニティは魅力的なものとなるでしょう。

会員制を取ることで通貨の流動性も管理しやすくなるため、インフレが起きづらいというメリットにも期待できます。

コミュニティを作り上げるWINCOIN独特の魅力は、これから発足する仮想通貨ICOの良いお手本になるかもしれません。

仮想通貨WINCOIN(WIN)の将来性は?

ビットコインを超える通貨としての期待

WINCOINはビットコインをベースとしつつ、その欠点を改善するための方法を提示する通貨です。今後ビットコインがシステムの問題を抱えたままでいるようなら、WINCOINに注目が集まっていくかもしれません。

ビットコインというわかりやすい比較対象がいるおかげで、WINCOINの特徴や魅力はユーザーに伝わりやすいのもポイント。

たくさんの通貨が投資対象として考えられる昨今の仮想通貨業界では、このわかりやすいというメリットが大きな武器になることでしょう。

またWINCOINは、ビットコインが通貨としての価値を高めれば高めるほど、その流れに乗りやすい通貨でもあります。

ビットコインの発展型として世間にアピールしているため、ビットコインのシステムが評価されれば、それは自然とWINCOINの評価にもつながるのです。

仮想通貨のメインであるビットコインに近い位置にいるということが、WINCOINの将来に大きな可能性を与えてくれるのかもしれません。

取引所ヘの上場に注目

WINCOINの取引は2017年11月からとなっているため、そこまで歴史のある通貨ではありません。そのため仮想通貨取引所ヘの上場がまだ少なく、売買するにはちょっとした手間がかかることが多いです。

特徴であるコミュニティを広げていくためにも、今後はもっと取引所への上場を果たして、活発な市場を築いていく必要があるでしょう。

日本国内はもちろん、海外の大手取引所に上場するだけでも、WINCOINの価値は一気に高まります。上場のニュースは重点的にチェックして、WINCOINの将来を予想してみるといいでしょう。

仮想通貨WINCOIN(WIN)の取引価格は?

下落からの盛り返しは?

WINCOINは2018年4月現在、1WC=70円前後を推移しています。
元々価格の上下が大きい通貨ですが、4月は特にチャートが動いていて、70~100円の間をさまよっているようです。

2018年1月には高騰を見せ、一時は200円以上の高値も記録しているため、現在の価格はやや下げ気味だといえるでしょう。長期的に見てもやや下げトレンドの傾向があり、価格に良い影響を与えるきっかけが待たれている状態です。

逆に言えばちょっとしたきっかけでも価格を反発させる可能性はあるので、最新の情報はこまめに集めていきましょう。

実装予定のシステムの導入や企業との連携などが、今のWINCOINには必要となります。チャートが下げているからこそ注意深くそれらのニュースをチェックして、上がるタイミングを把握できるように努めてみましょう。

仮想通貨WINCOIN(WIN)を扱う取引所は?

売買するなら海外の取引所へ

WINCOINは日本国内の取引所では購入できないため、興味を持った場合は海外の取引所を利用する必要があります。

豊富なアルトコインをそろえている取引所が多いので、WINCOINをきっかけにまだ有名でないコインにも注目してみてはいかがでしょうか。

以下に記載したおすすめ取引所から、まずは気になるものをチェックしてみてください。

Cryptopia(クリプトピア)
ニュージーランドに拠点を持つ仮想通貨取引所で、600種類近いアルトコインが魅力となっています。本人確認がなくても取引できることから、なるべく面倒な手続きを避けたい人におすすめです。

WINCOINはもちろん無名のアルトコインも簡単に売買できるので、マイナー通貨を取り扱う際には登録してみましょう。

C-CEX(シーセックス)
200種類近いアルトコインがあり、自由な取引が実践できる仮想通貨取引所。所在地や運営会社が不明である点や、セキュリティ面での不安なども聞かれますが、こちらでもWINCOINの売買は可能となっています。

かなりマイナーな通貨も多数取り扱っているため、マニアックなユーザーから人気を獲得していることが特徴だといえるでしょう。

これからの発展に注目するなら仮想通貨WINCOIN(WIN)

仮想通貨のなかには、これからの発展こそがそのプロジェクトの本番であるといえる通貨が多数あります。

WINCOINもその1つで、コミュニティシステムの展開や新機能の追加が、通貨の価値を高めていくことでしょう。

ぜひこの機にWINCOINのポイントをチェックして、投資のタイミングを検討してみてはいかがですか。

WINCOINに備わったいくつもの画期的なアイデアが、いずれはビットコインに迫る勢いを見せてくれるかもしれませんよ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!

この記事に関連するタグ

PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial