BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

ビットコインキャッシュ(BCH)をマイニングで得る方法とは?

価格の高騰や取引所の破綻などで多くの人が知ることになったビットコイン(Bitcoin/BTC)ですが、2017年8月にハードフォークを行い、ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)と分裂しました。
ビットコインもビットコインキャッシュもマイニングによって生み出される仮想通貨です。

仮想通貨は人気ですが、ブロックチェーンやマイニングという用語はなかなか理解が難しいものです。新たなビットコインキャッシュが得られるマイニングとは一体どのようなものなのでしょうか。早速見ていきましょう。

マイニングとはビットコインを鉱山から掘り出すこと

マイニングとは

ビットコインキャッシュは銀行のような発行機関があるわけではなくマイニングという仕組みによって生み出されます。

「マイニング(mining)」という言葉の本来の意味は、鉱山から金などを掘り出す行為「採掘」を指します。ビットコインキャッシュのマイニングも同じようにコインを掘り出しているのです。

どこから掘り出すのか

どこから掘り出しているのか、それはコンピューターからです。ビットコインやビットコインキャッシュがブロックチェーン技術を利用していることはよく知られいますが、ブロックチェーンというのはいわば取引台帳のようなものです。

誰もがその取引を確認できることで公的機関が発行していなくても、対象の仮想通貨を信用することができるとされています。
つまり、仮想通貨にとってはブロックチェーンの正当性が非常に重要だということです。マイニングは、過去の取引情報のデータの整合性を取りながら取引の承認・確認作業を行い、ブロックチェーンに取引を追記していくことを指します。

ブロックチェーンには膨大な取引情報が記録されているので、これを処理するには非常に多くのコンピュータリソースを使用します。
そのため、この処理を行った人に対して作業の報酬として新たなビットコインキャッシュを発行するのです。

要するに、コンピューターの処理能力を使ってブロックチェーン取引の処理を行えば行うほど新たなビットコインキャッシュをもらえ、流通するビットコインキャッシュも、その人が所持するビットコインも増えていくという仕組みになっているのです。

これは、貨幣を発行する公的な機関がないかわりに、マイニングを行う人達が流通を管理し、貨幣の発行も行っているということになります。

新たにビットコインキャッシュを生み出す方法はマイニングしかない

マイニングのメリット

マイニングの最大のメリットは当然ビットコインキャッシュがもらえるということです。一般的にビットコインキャッシュを入手するには取引所で一般の貨幣か他の仮想通貨と交換するわけですが、マイニングを行えば事実上なにもないところからコインを生み出すことができます。

当然このコインは一般の貨幣や他の仮想通貨に交換できるので、なにもないところからお金を生み出すのと同じことです。
そして、新たにビットコインキャッシュを生み出す方法はマイニングしかないのです。

また、マイニングを行うこと自体がビットコインキャッシュのシステムを維持しているということもマイニングが持つ大きな意味です。管理者がいないビットコインキャッシュはブロックチェーンによって維持されています。取引量が増えるに連れてその計算量も増え、維持にも膨大なコストがかかることになります。

マイニングを行うことは、そのビットコインキャッシュのシステムを支えることにつながるのです。

マイニングには時間がかかる

一方で、マイニングによってビットコインキャッシュを得ようとすると、膨大な労力と時間が必要です。マイニングの難易度は自動的に調整される仕組みになっていて、マイニングする人(マイナーといいます)が増えれば増えるほど難易度が上がっていきます。

難易度が上がると報酬を得るために必要なコンピューターのパワーも上昇するので、個人で利益を上げるためには膨大な設備投資を必要になっていきます。
そのため、今後、個人では採算が合わなくなってしまう可能性が高いのです。

マイニングには高性能なコンピューターと電気が必要

必要なもの

マイニングでビットコインキャッシュを得るために必要なのは、実はコンピューターとウォレットだけです。とは言っても、手持ちのノートパソコンでマイニングを始めたら今すぐビットコインキャッシュがもらえるというものではありません。

個人でマイニングを行うなら、高性能なGPU(グラフィックプロセッシングユニット)と電源を備えたシステムが必要になります。
そもそも、マイニングは、ハッシュ関数という関数の計算を行っています。ハッシュ関数とは、代入して計算することは簡単だけれど、出てきた結果から何を代入すればいいかは分からないという特性を持った関数です。

簡単に説明すると、ある文字列があってそれをハッシュ関数によって別の文字列に置き換えることは簡単にできるけれど、それを戻すことは難しい関数ということです。
マイニングでは、言ってみれば置き換えられた文字列の元の文字列を割り出すということをやっています。

そのためには、置き換えられた結果に対して総当たりで値を代入していく必要があります。
そして、正しい答えを導き出した時にマイニング成功となり、報酬が与えられるのです。ハッシュ関数のこのような特性から、膨大な計算量が必要となり、高性能のコンピューターが必要となるのです。

そして、高性能なコンピューターで膨大な計算をするとたくさんの電気を消費するので電気も必要ですし、コンピューターの排熱も大きくなるので、冷却施設も必要になり、これにも電気が必要になるのです。

マイニングは、一人でやるか大勢でやるか、誰かにやってもらうか

一人でやると膨大な初期投資が必要

マイニングとはハッシュ関数の計算だと説明しましたが、この計算は一人が行っているのではなく、同じ問題を世界中で一斉に行っていて、最初に答えを見つけた人だけが報酬を得ることができるのです。

つまり、たくさん計算をしても無駄になってしまうこともあるのです。要するに、個人でやる場合、大きな初期投資が必要な上に、どれくらいビットコインキャッシュが得られるかは運にもよるのです。

プールマイニングとは

これに対して、大勢でマイニングをやる方法もあり、これはプールマイニングと呼ばれます。プールマイニングではマイニングプールに登録した利用者が協力して計算を行い、仕事量に応じた報酬を得られる仕組みです。

沢山の人のパワーが集まるのでマイニングが成功しやすく、安定的にビットコインキャッシュを得られるとして人気を集めています。ある程度の計算能力があるマシンを持ち、安定した収入を得たい場合はこのプールマイニングを選ぶ人が多いと言われています。

さらに、自分では計算を行わない方法もあります。これはクラウドマイニングと呼ばれ、大規模な設備を持ったマイニング企業に対して投資を行い、そのマイニング企業がマイニングに成功した場合に投資額に応じてビットコインキャッシュを得られるというものです。何より自分で設備を保つ必要がない手軽さから誰でも簡単にマイニングを始められる方法だということができます。

また、日本に比べて電気代が安い地域にマイニングの設備を設置していることが多いので、自分でマイニングを行うより利益効率が良くなる可能性が高くなります。
ただ、基本的に海外に出資を行うことになるので、信用できる相手なのかなどは慎重に判断する必要があります。

マイニングはロマン?


比較的新しい仮想通貨であるビットコインキャッシュはまだマイナーが少なく、マイニングに成功しやすいとも言われています。それでも難易度はどんどん上がっており、マイニングを行っても投資に対して安定して成果が得られるわけではありません。

しかし、マイニングというのはビットコインキャッシュのシステムを支えるものであり、ゴールドラッシュのようにもしかしたら一攫千金が狙えるかも知れないというロマンがあります。

一方でプールマイニングやクラウドマイニングというローリスクでリターンを得られる方法も考え出されています。ビットコインキャッシュに魅力を感じてるのなら、自分にあった方法でマイニングに挑戦してみるのも面白いのではないでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!

この記事に関連するタグ

PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial