BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォークまとめ~これからの予定はあるの?~

ハードフォークが生じて新しい仮想通貨が生まれると、SNSでもひとしきり話題になります。仮想通貨は価格の変動が激しい通貨であるだけに、ハードフォークの影響も気になるところになってくるでしょう。ここでは、ハードフォークの概要をまとめながらビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)のハードフォークについて解説していきます。
また、今後の予定も簡単にお伝えするので最後までチェックしてくださいね。

▼仮想通貨ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCH)について詳しくはこちら

そもそも「ハードフォーク」って何?


ハードフォークでは、ときに仮想通貨の「分裂」という現象が起こります。
実はビットコインキャッシュもビットコイン(Bitcoin/BTC)がハードフォークを起こし、分裂したことによって生まれた仮想通貨です。ハードフォークは仮想通貨にいわば付き物の現象であり、概要を知っておくと今後の運用にも役立ってきます。

ハードフォークでは新しい通貨が生まれることがある

ハードフォークは、シンプルに言うと1つの仮想通貨のルールが変わってしまう現象です。ちなみに、既存のブロックチェーンが分裂し、新しいブロックチェーンが生まれると、ビットコインキャッシュのような新しい仮想通貨が誕生することがあります。ビットコインゴールドなども、ビットコインのハードフォークによって生まれた仮想通貨です。

互換性のない新しいルールが誕生

ハードフォークが起こると、既存のルールとは全く異なる新しいルールが生まれてきます。ハードフォークの時期を境に、仮想通貨の取引を支えているブロックチェーンのルールが全く新しいものに変わるわけです。ハードフォークの場合は、それまでの古いルールと新しいルールに互換性がないのが特徴になっています。

したがって、新しく生まれた仮想通貨は以前の通貨とは大きく異なります。実際、ビットコインキャッシュも、大元のビットコインとは同じではありません。仮想通貨にはソフトウォークという現象もありますが、こちらは既存のルールそのものを書き換えるため、古い仮想通貨のルールがそのまま受け継がれる形になります。

ハードフォークは通貨のアップデートの意味合いもある

仮想通貨の取引は、万が一失敗をした場合でも後戻りしてやり直すのが難しいという特徴があります。取引を支えているブロックチェーンは、書き換えや改ざんなどが難しくなっており、不可逆性があるのが仮想通貨の取引です。

このような性質を持つ仮想通貨は、プログラムに不具合などが生じても修正がしにくいのが難点です。こういったプログラムの不具合や仮想通貨の問題点をリセットする上でも役立つのが、ハードフォークです。この場合、ハードフォークがソフトプログラムのアップデートのような意味合いを持ちます。ハードフォークでは必ずしも新しい通貨が生まれるわけではなく、ときにアップグレードで終わる場合もあります。

ハードフォークが起こったら新旧の仮想通貨を持っていることになる

ビットコインがハードフォークを起こし、ビットコインキャッシュが生まれた場合、元のビットコインの所有者はビットコインキャッシュも受け取ることができます。

ハードフォークでは持ち主の情報が新旧の仮想通貨に適用になるため、ビットコインの所有者はビットコインキャッシュの持ち主にもなることができるのです。
ただ、取引所などに仮想通貨を預けているときには、その取引所の方針によって所有できる仮想通貨の種類が変わることがあります。

ウォレットの場合は新旧の仮想通貨が受け取れることが多い

ハードフォークの時点で、秘密鍵を自分で管理できるモバイルウォレットやWebウォレットなどに仮想通貨を保管していた場合は、新しい通貨、古い通貨の両方を持つことができます。自分の好きなタイミングで手続きができるのがウォレットの良い点ですが、便利なウォレットの場合も、そのサービスで管理ができる仮想通貨の種類には差があります。

万が一新しい通貨にウォレットが対応していないときには、受け取れる仮想通貨は旧通貨のみになってしまうため、少し注意が必要です。今後ハードフォークの予定がある仮想通貨を持っている場合は、実のところ保管する場所に気を配る必要があるでしょう。ウォレットを利用するときには、新しい仮想通貨に対応しているかどうかをチェックしておくのがベストです。

これまでに行われたビットコインキャッシュのハードフォークは?


ビットコインキャッシュのハードフォークについては、2018年の1月に発表がありました。

2018年1月13日にビットコインキャッシュがハードフォーク

ビットコインキャッシュのハードフォークは、2018年1月13日に起こっています。このハードフォークで誕生したのが、新通貨のビットコインキャンディ(CDY)です。ピンクの丸いアイコンがトレードマークになっているビットコインキャンディは、2018年1月1日にプロジェクトが立ち上がり、同年1月4日に公式サイトが誕生しています。

1月13日のハードフォーク以降は、取引所のCoinEx(CoinExchange)でこちらの仮想通貨を受け取ることができます。これまでCoinExを利用していた場合は、自動的にビットコインキャンディが受け取れる仕組みになっています。

ブロック数512666でビットコインキャンディが誕生

ビットコインキャッシュのハードフォークは、ブロック数が512666に達したときに起こりました。ブロック数が512666になる前にビットコインキャッシュを持っていた方は、新しく誕生したビットコインキャンディを取得できることになります。

ビットコインキャッシュとの比率は1対1000

ビットコインキャンディは、ビットコインキャッシュが1コインにつき1000コインを受け取ることができます。1BCC対1000CDYの割合で取得ができますので、ウォレットや取引所などにビットコインキャッシュを保管している方は、対応するビットコインキャンディの大よその金額が分かるでしょう。

ビットコインキャンディのブロック生成の所要時間は約2分

ビットコインキャッシュのハードフォークで誕生したビットコインキャンディは、取引が早くできるのが特徴になっています。こちらの仮想通貨のブロックサイズは8MBですが、ブロックの生成が完了するまでの所要時間が約2分程度と短く、取引に余り時間がかからないのが魅力です。

ビットコインキャンディの総供給量は210億コイン

ビットコインキャンディは、供給量が210億枚と非常に多いのが特徴です。
ただ、このビットコインキャンディを取り扱う取引所はまだ少なく、所持している人の数も限られているのが現状です。今後、このビットコインキャンディに対応する取引所やウォレットが増えてくれば、流通も盛んになってくるでしょう。

安全性に優れるビットコインキャンディ

このビットコインキャンディならではのメリットは、安全性が非常に高い点です。量子コンピューターの攻撃にも対応できるのがビットコインキャンディの特徴になっているため、今後運用をしていく上でもハッキングなどの被害を受けるリスクが少なくなります。

量子コンピューターによる攻撃は仮想通貨のリスクの1つになっていますが、ビットコインキャンディの場合は将来的なリスクに対応できるだけのキャパシティーを備えています。

2018年には数回のビットコインキャッシュのハードフォークが予定されている!

ビットコインキャッシュは、実のところ2018年5月以降も数回のハードフォークの予定があります。このようなハードフォークでは、アルゴリズムなどに改良が加えられる予定です。ビットコインキャッシュを所持している方は、今後のハードフォークの情報も随時入手しておくのがベストでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!

この記事に関連するタグ

PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial