BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

Bitcoin(ビットコイン)

仮想通貨ビットコイン(Bitcoin/BTC)。特徴、将来性、価格、取り扱い取引所は?評価やよくある質問も紹介!

仮想通貨ビットコイン(Bitcoin/BTC)。特徴、将来性、価格、取り扱い取引所は?評価やよくある質問も紹介!

2017年は仮想通貨元年と呼ばれるなど、仮想通貨、あるいはブロックチェーン技術の歴史に残る年となりました。
現在、1,700種類以上とも言われる仮想通貨の中でビットコインは最も有名なコインです。

ビットコインはインターネットが世界に普及したことで誕生した、新時代の通貨革命とも言われ、低コストで決済を権力機関や発行者なしで可能とします。
今回はビットコインの特徴や将来性、さらに価格、取り扱いのある取引所を紹介します。

仮想通貨ビットコイン(Bitcoin/BTC)の最新価格・相場・チャート

 

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の初心者入門。仮想通貨ビットコイン(Bitcoin/BTC)の特徴について

ビットコインとは

ビットコインは、インターネットによって世界に普及した、新時代の通貨革命だと言われています。

「通貨」ということからも分かる通りビットコインはお金ですが、実際には「ビットコイン」というコインは現実世界に存在しません。

また、ビットコインはインターネット上で利用できることから、電子マネーや付与されるポイントと同じように見られがちですがその性質は全く違います。

ビットコインと電子マネーの違い

電子マネーは、事前に預けた(チャージ)お金を第三者との間で決済できるシステムです。
マネーと呼んでいますが、実際はお財布で電子マネー発行企業の財布にお金を預けておいて、それを色々なところで振り出しできる、という説明の方が分かりやすいでしょう。

一方、ビットコインはチャージしたり、プリペイドしたりして発行される訳ではありません。発行元が存在せず送金の際に対価としてビットコインが発行されます。
また、第三者を経由せず直接相手に送金することができるのもビットコインと電子マネーの違いの一つでしょう。

もちろんビットコインは「通貨」なので、現実のお金を仮想通貨に換えたり、日本円をビットコインに換えたりすることもできます。
日本円の表記は「円」、ビットコインの表記は「BTC」となり、外貨両替と同じように需要と供給の関係でビットコインの価値は日々変動します。

ビットコインの歴史

ビットコインは、特定の組織に属する開発チームが作ったものではありません。
2008年に「サトシ・ナカモト(中本哲史)」と名乗る謎の人物が公開した論文に、興味をもった人たちが分担してコードを書いたのが始まりです。

名前からサトシ・ナカモトは日本人のように思われがちですが、本名、性別、年齢、国籍、全て不明で正体は謎に包まれています。一説によると、およそ1,000万ビットコインを保有していて正体がばれると課税される危険があるから名乗りださない、など様々な憶測がでていますが、真偽は定かではありません。

ビットコインを支えるシステム

ビットコインは、銀行のような中央を経由せず、直接1対1で取引をすることができます。
これはつまり、サーバー・クライアントモデルに基づいた信用に頼らず、取引ができるということです。

ビットコインは特定の発行者、管理者がいません。このことによって起こる問題が「誰が取引を管理するのか」「取引履歴の正当性の証明はどうやって行うのか」、2点の問題が発生します。
この仕組みを実現させるために必要なのが”システムの信頼”です。

ビットコインは、ブロックチェーンと呼ばれる技術によって管理されています。
ブロックチェーンは「分散型台帳技術」とも呼ばれ、ビットコインの過去の取引全てが分散し記録されています。

このブロックチェーン技術を使って取引を記録、管理することで「改ざんが極めて困難」「実質的にゼロ・ダウンタイム」といった、信頼性の高い安定したシステムを構築しています。

仮想通貨ビットコイン(Bitcoin/BTC)の今後。将来性やロードマップについて

仮想通貨の市場規模は成長していますが、証券取引所などと比べてまだまだ小さいと言えるでしょう。
また、Yahoo、LINEなど大手企業による仮想通貨界参入、機関投資家からの資金流入など価格を上げる要素が十分あると考えられます。

仮想通貨ビットコイン(Bitcoin/BTC)。取引のノウハウとポイント

ビットコインが初めて現実世界で使われたのが、2010年5月22日のことです。
ピザ1枚に対し1万BTCで取引が成立しました。
2018年7月現在のレート(1BTC:71万円)に換算すると1枚のピザが71憶円となります。

マウントゴックス事件

2014年2月、当時世界最大の取引所だったマウントゴックスが、ハッカーにビットコインを盗難されて巨額のビットコインを消失。
この事件によりビットコインの信頼性が落ち、「ビットコインは危ない」という印象を与えました。

2014年~2017年

2014年頃より、日本で仮想通貨取引所のサービスが増えてきました。
2017年には、法整備も進み取引所の登録制が導入、ビットコイン購入時の消費税が撤廃され支払い手段として認められるなど、ビットコインが日常的なものになってきています。
仮想通貨市場も大きく成長し2017年12月には1BTC/230万円台まで上昇しました。

2018年と今後

今年に入り各国の規制、ハッキング事件の影響を受けてか、2018年7月現在ビットコイン71万円前後を推移しています。
その一方、ブロックチェーン技術を導入する企業が多く見られ、ブロックチェーン技術を活用する動きが活発化されています。


仮想通貨ビットコイン(Bitcoin/BTC)のマイニングについて

ビットコインは世界中で毎日数億円~数十億円の取引がされています。しかし、円やドルのように中央管理されている訳ではなく、ブロックチェーン技術で管理されています。

ブロックチェーンでは、膨大な取引データの一つ一つをトランザクションと呼び、個々のトランザクションをまとめてブロックを作ります。

マイニング(採掘)とは、このトランザクションをブロックにまとめ書き込む作業のことを指します。「誰が・いつ・いくら取引したか」といった情報が書き込まれるのではなく、ハッシュ値という暗号化されたデータで保管され、一定のセキュリティを保っているのです。

この作業には膨大な計算力、電力を必要とし、個人がビットコインのマイニングに参加することが難しくなっています。
現在、マイニングをするマイナーたちは、世界各国の企業が惜しみなく設備投資し、1台数百万~数千万円するコンピューターを何百台も連結させて行っています。

仮想通貨では、このマイニングの作業を成功させた人に、新しく発行した仮想通貨で報酬を支払うことになっており、仮想通貨が新規に発行されるのは、このマイニング作業を成功させたときのみです。

ビットコインのコンセンスアルゴリズム

コンセンスアルゴリズムとは、合意形成とも呼び仮想通貨のマイニング報酬をどのマイナーに与えるかを決めるアルゴリズムのことです。
コンセンスアルゴリズムは使用されているブロックチェーンや仮想通貨によって異なり、ビットコインはPoW(Proof of Work:プルーオブワーク)を採用しています。

PoW(Proof of Work:プルーオブワーク)

PoW(Proof of Work:プルーオブワーク)は、膨大な計算量を必要とする作業を成功させた人が取引の承認者となり、新たなブロックをブロックチェーンに繋ぐ権利を得られる仕組みのことです。

PoWのメリットは、「取引記録の改ざんに強い」ことです。
ブロックチェーンには、「チェーンが分岐した場合、長い方のチェーンを正しい取引とする」というルールがあります。

不正なチェーンが正しいチェーンよりも伸ばし続けるのは、非常に難しく、またそれほど優れた計算能力がある場合、正しい取引の承認をしてマイニング報酬を受け取った方が割りが良いという話もあるため、不正が非常に起こりにくくなっています。

仮想通貨ビットコイン(Bitcoin/BTC)。利用者の評判・口コミ・体験談・インタビュー

ここではビットコインの評判、口コミ、体験談などを紹介します。

「最近、色々な場所で使えるようになった気がします。実際の店舗では、ビックカメラやメガネスーパーとか。もっともっと使える場所が増えたら良いなと思います。」

「仮想通貨の技術的な面が好きです。国内は勿論、各国がブロックチェーン技術に関し、取り組んでいるニュースが多くなったと思います。」

「仮想通貨の市場規模は株式に比べてまだまだ小さいと思う。技術的にも発展途上だし伸び代はまだあるのではないでしょうか。」

「価格の動きが凄いですね。年末230万円までいきましたが、今は70万円台。色々な企業が参入して価格が戻れば良いなと。」

「ビットコインが、自分のウォレットに中々届かない時期がありました。送金スピードが常に安定でいてくれたら良いなと思います。」

仮想通貨ビットコイン(Bitcoin/BTC)のよくある質問と答え

Q:ビットコインの購入方法は?
A:取引所から購入することができます。

Q:ビットコインの保管方法を教えて?
A:「ウォレット」と呼ばれる仮想通貨専用の財布を利用することで保管することが可能です。

Q:ビットコインが使える場所はあるの?
A:ビックカメラ、メガネスーパー、DMM.comなどその他多くの店舗で決済することが可能です。 今後、ビットコイン決済を導入する企業は、拡大すると見られます。

仮想通貨ビットコイン(Bitcoin/BTC)の評価まとめ

知名度
★★★★★
★★★★★

将来性
★★★★★
★★★★★

取引量
★★★★★
★★★★★

買いやすさ
★★★★★
★★★★★

実用度
★★★★★
★★★★★

知名度

仮想通貨のなかでビットコインの知名度はダントツでしょう。

将来性

今後の値動きは新規参入がいかに増えるかがポイント。

取引量

去年、最高値を記録した年に比べ取引量が落ちています。今後、大手企業の参入がカギとなるか。

買いやすさ

ほぼすべての取引所に上場。仮想通貨の中で一番手に入れやすい。

実用度

ビットコイン決済できる店舗が拡大。処理能力をいかに上げられるかが課題か。

仮想通貨ビットコイン(Bitcoin/BTC)。取り扱いのあるおすすめ取引所

ビットコインは基軸通貨でもあるので、どの取引所でも取り扱っています。
売買も簡単に行うことができるでしょう。
国内の取引所であれば、bitFlyer(ビットフライヤー)Zaif(ザイフ)、海外の取引所であれば、Binance(バイナンス)Poloniex(ポロニエックス)がおすすめです。

今がチャンス!?仮想通貨ビットコイン(Bitcoin/BTC)の取引を始めよう

今回はビットコインについて紹介いたしました。ビットコインは一番最初に誕生した仮想通貨で、現在においても不動の地位を築いています。
システムを構築するために多くの技術が使われており、中でもブロックチェーンは「インターネット以来の革命」とまで言われています。
仮想通貨の市場は他の市場に比べ規模も小さく、技術的にも発展する要素を多く持っています。
投資先としても注目を集めていますので購入を検討してみてはいかがでしょうか?

PAGE TOP