BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

仮想通貨ビットコイン(BTC)を完全解説!特徴と価格、取引所は?

最近よく耳にするようになった「ビットコイン(Bitcoin/BTC)」。1,000種類以上あると言われる仮想通貨の中でビットコインは最も有名です。ビットコインは、その安全性と利便性から多くの信頼を得ており、“未来の通貨”と期待されています。
これだけ話題になっていると、仮想通貨ビットコインがどのようなものか気になるところですよね。そこで、今回はビットコインとは一体どんな通貨なのか、その特徴や価格、扱っている取引所を紹介します。

仮想通貨ビットコインの特徴とは?3つのメリット

ビットコインは次世代の通貨!

「ビットコイン」とは、インターネット上で利用できる仮想通貨の一つです。インターネットさえあれば、仮想通貨取引所で現実のお金と換金することができます。

インターネット上で利用できると聞くと、電子マネーやカードに付与されるポイントと想像するかもしれません。しかし、その性質は大きく違います。電子マネーと仮想通貨は同じように見えて、実は全くの別物なのです。

電子マネーは、カードなどに「チャージ」することで現金の代わりに精算するものです。つまり、日本円をチャージすれば「円」であることに変わりはなく、チャージしたお金の価値が変動することはありません。

一方、ビットコインは紙幣や硬貨がないとはいえ、あくまで「通貨」なので、現実のお金を仮想通貨に「換金」します。外貨両替と同じように、「円」は「BTC」になり、「円高」や「円安」と言うようにその価値は変動します。この価格変動により大きな利益を得ることもあるのです。

ビットコインは世界中の通貨と換金可能。ビットコイン決済に対応する店舗なら世界共通の通貨として利用できます。まさに「世界中で利用できる次世代の通貨」というわけです。

画期的な仕組み「ブロックチェーン」によってセキュリティが高い

ビットコインは国や銀行が管理しているわけではありませんが、世界中から“信頼できるお金”として認知されています。その理由は、今までにない斬新なしくみで管理されているからです。その名も「ブロックチェーン」。この「ブロックチェーン」と呼ばれるしくみがビットコインのセキュリティ上で重要な役割を果たしています。
ブロックチェーンは「公開取引簿」と呼ばれるビットコイン取引記録の情報を各データベースに分散し、さらにそのデータは常に演算と暗号化をくり返します。つまり、「どこで」「いくら」というお金の動きが複雑な方法で記録されているということです。常に変化するデータは第三者によって改ざんすることは不可能といわれており、改ざんがあったとしてもデータベースが分散されているので不正を暴きやすくなっています。
ブロックチェーンがビットコインを支える「信頼の源」と言えるでしょう。

格安の手数料で送金できる

ビットコインを利用する最大のメリットは、手数料が格安という点です。多くの仮想通貨取引所で取引手数料は無料になっており、中には入金手数料なども無料という取引所もあります。
特に送金の際にお得だと言われています。銀行を介する通常の送金には高額な手数料がかかりますが、ビットコインをはじめとする仮想通貨の送金手数料は格安です。ほとんどの取引所が24時間365日利用可能なので、海外送金も時間を気にせず、かつ送金時間がさほどかからないので大変便利です。

気になるビットコインの歴史。開発者サトシ・ナカモトとは?

ビットコインを開発したのが「サトシ・ナカモト(中本哲史)」です。世界情勢を一気に変えるような技術を生み出した天才、サトシ・ナカモト。実は、素性を特定できていない謎の人物です。2008年、「Bitcoin:A Peer-to-Peer Electronic Cash System」というビットコインのアイデアをインターネット上に発表したとされていますが、「サトシ・ナカモト」という名前自体、個人名なのか組織名なのかも分かっていません。本名、性別、年齢、国籍、すべて不明。今も謎は深まるばかりです。

ビットコインの普及率は圧倒的!

徐々に認知され始めたように感じる仮想通貨ですが、海外では決済手段としてビットコインを使うのは珍しくありません。そして日本国内でもビットコインの普及は目覚しいと言えます。最近は多くの店舗やショッピングサイトがビットコイン決済に対応するようになってきました。大手家電量販店「ビックカメラ」や輸入中古車専門店「LIBERALA(リベラーラ)」でもビットコインによる支払いが可能です。海外にもビットコイン決済対応の店舗が増えているので、外貨に換金する必要がなくなり、とても便利です。
仮想通貨の中でも日常的に使えるという点がビットコインの最大のメリットと言えるでしょう。

たった3ヶ月で5倍に成長!ビットコインの現在価格は?

ビットコイン(BTC)の時価総額は約32兆円で、ダントツ第1位です。現在価格は、2017年12月21日時点で、1BTC=約200万円となっています。
2017年9月にはまだ1BTC=約40万円だったので、3ヶ月で5倍に成長しているのが分かります。今年1年間で見れば約20倍の成長となり、このビットコインの高騰で大きな利益を得た人も多いようです。

ビットコインを取り扱う取引所は?

仮想通貨の代表ともなるビットコインは、もはや扱っていない取引所はないと言っても過言ではありません。

国内の代表的な取引所は以下の通りです。

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer(ビットフライヤー)は、2014年4月に日本国内で初めて設立された歴史ある取引所です。SMBCベンチャーキャピタル、みずほキャピタル、第一生命保険、三菱UFJキャピタル、三井住友海上キャピタル、リクルートストラテジックパートナーズなど、多くの大手企業が出資しています。国内トップクラスの資本力と取引量を誇っています。

Zaif(ザイフ)

Zaif(ザイフ)は2015年3月に設立された仮想通貨取引所で、日本のテックビューロ株式会社が運営をしています。
他にはないサービスが「Zaifコイン積立」です。決めた金額を毎月銀行口座から自動的に引き落とすかたちで、仮想通貨の積み立てができます。2017年11月現在、ビットコインとイーサリアムで積立ができるようになっています。

bitbank(ビットバンク)

bitbank(ビットバンク)は2014年5月に設立され、アルトコインがお得に買えると好評の仮想通貨取引所です。国内でアルトコインを手に入れる場合、多くの取引所が「販売所形式」なので高い手数料がかかってしまいます。これに対し、ビットバンクでは「取引所形式」になっているため、より安くアルトコインを購入できるのです。また、扱う銘柄もビットコインに加え、アルトコインが5種類と豊富です。

GMOコイン

正式には、GMOコインは仮想通貨取引所ではありません。
「取引所」と似ていますが「販売所」の類に入ります。
金融取引のノウハウがある「GMOグループ」という安心感が売りです。

BITPOINT(ビットポイント)

BITPoint(ビットポイント)(ビットポイント)は、2016年3月に設立されました。東証マザーズ上場の「株式会社Remixpoint」の完全子会社であり、万一、ビットポイントが破綻した場合、投資家の資産を守る仕組みとして日証信託銀行との提携を行っているので安心できる仮想通貨取引所です。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)

QUOINEX(コインエクスチェンジ)は、QUOINE株式会社が運営している仮想通貨取引所です。2014年11月にシンガポールに設立されましたが、現在は日本に拠点を移しています。
仮想通貨の取り扱いは3種、法定通貨については日本円やドルを含めて全10種類のため、通貨ペア数にすると業界最多の22種類!今後はネム(XEM)やリップル(XRP)、ライトコイン(LTC)などの上場も予定しているそうです。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)は2018年1月11日に開設したばかりで、FXや証券などに精通しているDMMグループが手がけている仮想通貨取引所です。アルトコインのレバレッジ取引ができるのが大きな特徴です。
また、DMMグループはすでにマイニング事業にも参入しているため、大変注目されています。

その他の国内取引所一覧

Coincheck(コインチェック)
取り扱っているアルトコインの種類が国内最多。

フィスコ仮想通貨取引所
ジャスダックに上場している株式会社フィスコが母体なので安心。

みんなのビットコイン
わずか30秒で口座開設が可能。レバレッジ倍率は最大25倍。

Kraken(クラーケン)
アメリカ出身の取引所。ユーロの取引量が世界一。

BitTrade(ビットトレード)
コールドウォレットで管理されるためセキュリティー面で安心。

東京ビットコイン取引所
取り扱い通貨は今のところビットコインのみ。

BTCBOX
日本版と国際版がある。流通量が多い取引所として有名。

Bitgate
「取引所」ではなく「販売所」の形式をとっている。

BMEX
「BMEX Pay」と「BM Wallet」の2種類のウォレットがある。

海外の主な仮想通貨取引所

海外の仮想通貨取引所では以下の8社が有名です。

Bitrex(ビットレックス)
アメリカの大手仮想通貨取引所。アルトコインは120種類以上で世界最多。

Poloniex(ポロニエックス)
アメリカの大手仮想通貨取引所。取り扱っているアルトコインは60種類以上。

Binance(バイナンス)
中国の大手仮想通貨取引所。日本語にも対応している。

Livecoin(ライブコイン)
イギリスの大手仮想通貨取引所。マイナーなアルトコインの取り扱いが豊富。

Bitfinex(ビットフィネックス)
香港の大手仮想通貨取引所。米ドルにおける取引高は世界で第1位。

Hitbtc(ヒットビーティーシー)
イギリスの大手仮想通貨取引所。ICO直後の仮想通貨も取引できる。

bithumb(ビッサム)
韓国の大手仮想通貨取引所。世界的にも有力。

YoBit(ヨービット)
運営元は不明。マイナーなアルトコインも多く取り扱う。

ビットコインは将来性のある仮想通貨!

ビットコインは非常に画期的なシステムで成り立っており、安全性と利便性を兼ね備えた新しい通貨です。最近では、世界中の大手金融機関でビットコイン先物取引の上場が発表され、その度に価格が上がっています。仮想通貨の中でも特に信頼されていることが分かりますね。ますます高まるビットコインへの信頼と期待。これからも目が離せませんね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!

この記事に関連するタグ

PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial