BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

仮想通貨ダッシュ(DASH)はしっかり管理!おすすめのウォレットは?

アルトコイン取扱い通貨種類・国内No.1※

人気の通貨7種類で大きなリターンが狙えるレバレッジ取引 新規口座開設完了で1,000円もらえるキャンペーン実施中

※2018年6月現在、国内取引所のWEBサイト調べ。

セキュリティを高めることによって仮想通貨を不正アクセスから守ることができます。匿名性が高い仮想通貨ダッシュ(DASH)でもウォレットを導入することでより安全性が増し、リスク管理を行いながら取引をすることが可能です。ここではダッシュでも利用できるウォレットや注意点・対策についてご紹介します。

▼仮想通貨ダッシュ(Dash/DASH)について詳しくはコチラ

自分に合ったウォレットで仮想通貨ダッシュ(DASH)を管理

ダッシュを管理するためのウォレットには様々な種類があります。それぞれ利用方法やセキュリティの高さが異なるため、自分の環境に合った使いやすいウォレットを選びましょう。

スマホウォレット

モバイルウォレットはスマートフォンなどで利用できるため、いつどこにいてもダッシュを管理することができます。端末にインストールするだけで利用できて、持ち運びが簡単に行えるので手軽に管理したい人におすすめです。

ダッシュの公式サイトや管理の厳しいApp Storeでも提供しているので、悪意のあるソフトウェアやウイルスに感染する危険性が少ないのが特徴です。少額を管理するのに向いているといえるでしょう。

デスクトップウォレット

デスクトップウォレットは自分のPC上で仮想通貨を管理できる方法です。ソフトウェアをインストールすることで利用することができます。

PCで仮想通貨の取引を頻繁に行う人に向いているウォレットです。Windows、Mac両方に対応しているものもあるので、自分のPC環境に合わせたソフトウェアをインストールしましょう。インターネットに接続していなくても資金管理を行うことができます。

ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットは最もセキュリティが高いとされているウォレットです。USB端末によって資金を送信することができるため、ネットワークから遮断した状態でダッシュを管理することができます。

外部からのハッキングリスクが低く、安全性が高いことが評価されています。長期的な資金管理に適しているのが特徴的です。長期間ダッシュを保有したいときに利用すると安全に管理することができます。USB型なのでサイズが小さくて持ち運びを手軽に行うことができます。

ペーパーウォレット

ペーパーウォレットは仮想通貨の秘密鍵とアドレスを紙に印刷して保管する方法です。ハードウェアウォレットと同じくセキュリティが高いことが評価されています。
インターネットに接続する機会が少なく、外部からの影響を受けにくいのが特徴です。

ペーパーウォレットは作成時と出金時のみインターネットに繋げます。インターネットに接続する機会が少ないほどハッキングを受ける危険性が減るので、安全にダッシュを管理することができます。

ウェブウォレット

インターネット上で管理することができるウォレットです。インターネットに接続する環境さえあればアクセスできるので、PCやスマートフォンなど様々な端末から利用することができます。

利便性が高く、資金管理をしやすいウォレットです。ID・パスワード・メールアドレスのみで作成できるので誰でも簡単に利用することができます。ダッシュの公式サイトからでも利用することができ、手軽に資金管理したい人に向いています。

取引所ウォレット

これは仮想通貨を扱う取引所が提供しているウォレットです。ウェブウォレットと同じくインターネット環境さえあれば利用することができます。

インターネット上で取引を行いながら資金管理を同時に行えるので、効率よく資金管理を行うことができます。一時的なダッシュの保管場所として利用することが望ましいです。

ウォレットを利用するときの注意点

ダッシュの資金管理を適切に行うためには、ウォレットの利用は必要不可欠です。しかし、利用するウォレットの特徴を把握しておかないと安全にダッシュを管理することができません。ウォレットを利用するときの注意点と対策について確認していきましょう。

モバイルウォレットの注意点と対策

モバイルウォレットはアプリによって仮想通貨を管理しています。そのため、アプリが利用できない環境にあるとダッシュの資金管理をすることができません。

スマートフォンなどの端末を紛失したり壊してしまったりした場合はアプリを起動することができないので、普段から大切に扱うよう心がけましょう。
端末を初期化してしまった場合にも注意する必要があります。初期化してしまうとアプリ自体が消えてしまうため、預けていたダッシュが全て消えてしまう可能性があります。

モバイルウォレットを利用するときには、バックアップを取っておくことをおすすめします。万が一アプリが消えしまってもバックアップがあれば安心です。

デスクトップウォレットの注意点と対策

デスクトップウォレットはPCにインストールして使うため、ウイルスやハッキングに気を付けなくてはいけません。対策としてはセキュリティソフトを必ず入れる、不審な接続があった場合はすぐにインターネットを切断することなどが挙げられます。

PCの故障リスクも考慮する必要があります。PCが故障してしまうとウォレットが利用できなくなるので、秘密鍵のバックアップを忘れずに取っておきましょう。PCと秘密鍵があればウォレットを利用することができるので、別のPCから資金管理をすることができます。

ハードウェアウォレットの注意点と対策

ハードウェアウォレットを利用するときには、秘密鍵の流出に注意しなくてはいけません。
ハードウェアウォレットは本体を壊したり紛失したりしてしまっても、秘密鍵さえあれば別のハードウェアウォレットでアクセスすることができます。

そのため、秘密鍵が流出してしまうと第三者にダッシュを盗まれてしまう危険性があるのです。秘密鍵を記載しておいたメモなどを紛失したり、ブログやSNSにアップしたりしないように気を付けましょう。秘密鍵を記載したデータがある端末の共有もやめておいた方が無難です。

ペーパーウォレットの注意点と対策

ペーパーウォレットは紙媒体のため、紛失や破損に気を付ける必要があります。自分の過失によってダッシュを失う可能性があるので、保管方法には十分注意しましょう。

紙という利便性の高い媒体ではありますが、長期の保管には向いていないため、一時的な保管場所とし使うことをお勧めします。

ウェブウォレットの注意点と対策

ウェブウォレットはインターネット上で資金管理を行うため、常にハッキングの危険性があります。ウェブウォレットは管理者が秘密鍵の管理を行っています。

そのため、管理者が不正アクセスの被害に遭うと秘密鍵が流出してしまう恐れがあるのです。ウェブウォレットを利用するときにはセキュリティ対策に力を入れているウォレットを利用するように心がけましょう。

取引所ウォレットの注意点と対策

取引と資金管理を同時に行えるという利点がありますが、ウェブウォレットと同じくインターネット上で資金管理を行うため、ハッカーから狙われやすいという一面があります。

まともな運営を心がけている取引所では、万が一不正アクセスの被害に遭ったとしても補償を受けることができます。取引所ウォレットを利用するときには、信頼できる取引所を探すようにしましょう。
自分の過失による資産損失を防ぐことができる反面、流出の危険性もあるということを留意しておく必要があります。

適切なウォレット利用を心がけよう!


ダッシュで利用できるウォレットは、種類によって利便性やセキュリティの高さが違います。自分の資金状況や利用できる環境を踏まえてウォレットを選択することにより、適切な資金管理を行うことが可能です。安全な資金管理によってダッシュを悪意のある第三者から守るよう心がけましょう。

この記事に関連するタグ

アルトコイン取扱い通貨種類・国内No.1※

人気の通貨7種類で大きなリターンが狙えるレバレッジ取引 新規口座開設完了で1,000円もらえるキャンペーン実施中

※2018年6月現在、国内取引所のWEBサイト調べ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
アルトコイン取扱い通貨種類・国内No.1※

人気の通貨7種類で大きなリターンが狙えるレバレッジ取引 新規口座開設完了で1,000円もらえるキャンペーン実施中

※2018年6月現在、国内取引所のWEBサイト調べ。
PAGE TOP