BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

時価総額上位の仮想通貨ダッシュ(Dash/DASH)、選ばれる3つの特徴とは?

アルトコイン取扱い通貨種類・国内No.1※

人気の通貨7種類で大きなリターンが狙えるレバレッジ取引 新規口座開設完了で1,000円もらえるキャンペーン実施中

※2018年6月現在、国内取引所のWEBサイト調べ。

仮想通貨の時価総額をチェックする人は、アルトコインダッシュ(DASH)の名前をよく見かけるのではないでしょうか。
ダッシュは仮想通貨のなかでもある種特別な機能を持った通貨であり、その特徴や将来性にたくさんの期待がかけられているのです。

今回はそんなダッシュが持つ3つの特徴を確認して、どうしてその高い時価総額を維持できているのか調べてみたいと思います。
ダッシュへの投資を考えているのなら、1つの参考として利用してみてください。

▼仮想通貨ダッシュ(Dash/DASH)について詳しくはコチラ

仮想通貨ダッシュ(Dash/DASH)の特徴とは?時価総額の順位にも注目

長い歴史を持つ有名アルトコイン

仮想通貨ダッシュは、2014年にXCoin(エックスコイン)という名前でリリースされ、その後Darkcoin(ダークコイン)、そして現在のダッシュと名を改めてきた歴史ある通貨です。
主に匿名性の高さ、送金スピードの速さ、セキュリティの徹底さといった特徴があり、それぞれを合わせた将来性にも期待がされています。

ビットコインやイーサリアムといった人気通貨では実現できないスタイルが魅力となっているので、今後もその価格を伸ばしていくかもしれません。
法定通貨に代わるだけのポテンシャルを目指すのも魅力で、将来的には世界中で使用される通貨にもなり得るでしょう。

2018年6月現在の時価総額

ダッシュは2018年6月現在、1DASH=26,000円前後を推移しています。
時価総額ランキングは15位前後と高順位で、その期待の高さをうかがうことができるでしょう。

しかし以前の価格を考慮すると、6月現在の価格が満足のいくものであるとは決していえません。
そのため今後は、2017年の価格に戻ることがダッシュの1つの課題になることでしょう。

仮想通貨ダッシュ(Dash/DASH)の3つの特徴をチェック!仮想通貨としての可能性を感じよう!

匿名性を重視した通貨

ダッシュは他の仮想通貨よりも、その匿名性を重視したアルトコインとなっています。
取引の内容や送金相手がわからなくなるCoinjoinと呼ばれるシステムを使って、外部から仮想通貨のトレードを把握できなくしているのが特徴。

保有者のプライバシーや情報を守ることにつながるので、より安心してトレードを行うことができるでしょう。

また匿名性の高さは、法定通貨に代わる代替通貨としての可能性にも関わってきます。
利用目的や使い道によってその価値を落とすことがないダッシュは、いずれその安定性から現金に変わる存在となるかもしれません。

超スピードによる承認

ダッシュはInstantXやマスターノードというシステムによって、超スピードによる取引の承認を可能としています。
ビットコインが10分かかるところ、ダッシュはわずか4秒で承認を終わらせることができるので、その実用性には期待ができるでしょう。

これだけのスピードがあれば企業や国家間での取引はもちろん、実店舗などでの日常的な利用も可能です。
スピードがあるという特徴は、単純に仮想通貨として優れている点なので、あらゆる場面で応用が利くことでしょう。

またこのスピードを支えているマスターノードの存在は、ダッシュの運営に必要な資金調達や選別されたユーザーによるレスポンスの早い対応を可能とします。
通貨としての利便性を高める環境ができあがっているということは、ダッシュの将来性に大きな意味を持つことになるかもしれません。

高いセキュリティシステム

匿名性やスピードを活かすために、ダッシュではX11というセキュリティシステムを導入しています。
11種類のハッシュアルゴリズムを用いたセキュリティ環境は、悪意のある第三者から取引を守る砦となることでしょう。

匿名性が高いということは、取引の内容が改ざんされてもわからないということになりかねないので、X11のようなセキュリティは重要なものとなります。
ダッシュの長所を伸ばすという点では、セキュリティの特徴が1番大きな魅力だといえるかもしれませんね。

仮想通貨ダッシュ(Dash/DASH)の将来性には期待できる!?未来の可能性を考えよう

ATMで利用されていく

ダッシュは仮想通貨のATMサービスを提供するLamassu社と提携したことで、大きな話題を呼びました。
いずれはビットコインなどと同じように、街中のATMで簡単に取引が可能となるかもしれません。

それはダッシュの知名度を高め、その利便性に新しいパターンをプラスしてくれます。
ATMをきっかけに、ダッシュはさらに高い人気や時価総額を手に入れることもあるでしょう。

匿名性の有効利用が待たれる

仮想通貨の匿名性にはさまざまなメリットが考えられますが、実際にどのように有効利用されていくのかはまだ未知数な部分が多いです。
投資に迷っているユーザーの背中を押すためにも、早めに具体的な利用方法が発表されることが必要とされます。

ダッシュが現実で利用されることが増えれば、そのスピードやセキュリティから匿名性の価値が高まり、より重視される通貨になるかもしれません。
まず匿名性が有効に利用される場所が増えていくことが、ダッシュの将来において必要となるでしょう。

仮想通貨ダッシュ(Dash/DASH)の特徴はこれからも要チェック!匿名性を持った通貨の活躍に期待しよう

仮想通貨ダッシュ(DASH)は、上記のような3つの特徴から高い時価総額を記録しています。
匿名性を持った通貨としての魅力が浸透していけば、今後さらに高い位置を得ることもあるかもしれません。

今のうちにその特徴を把握して、投資や運用にチャレンジしてみるのもいいでしょう。
匿名性という特徴が本格的に活かされるのは、仮想通貨の認知度や環境が行きわたるこれからだと思われます。

そういった期待をしながら、今後のダッシュに注目してみてはいかがでしょうか。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP