BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

仮想通貨EOS(イオス)が選ばれる3つの特徴とは?

現在、仮想通貨の種類は1,700を超えているとも言われ、今こうしている間にも新しい仮想通貨が次々と生まれています。中でも、その処理速度によって絶大な支持を得ているのがEOS(イオス)です。仮想通貨元年と呼ばれた2017年の6月に生まれました。
EOS(イオス)は、処理速度だけでなく分散型のプラットフォームになり得る技術を誇っているので、将来性がある仮想通貨と言えるでしょう。今回はイオス(EOS)が選ばれる理由に迫ります。

仮想通貨EOS(イオス)について詳しくはコチラ

仮想通貨EOS(イオス)とは

EOS(イオス)とは、EOSプロジェクトによって生まれた仮想通貨です。EOSソフトウェアと呼ばれるブロックチェーンがプロジェクトの心臓部となっており、EOSプラットフォームの作成に役立てています。
プラットフォームとして期待されていますが、イーサリアム以上の処理速度を誇っていることにより、イーサリアムを凌駕する機能性を発揮する見込みもあります。
「DPOS(Delegated Proof of Stake)」というコンセンサスアルゴリズムを採用しており、EOSを保有している人達の中から投票で承認する人が選ばれて、評価の高い人が優先的に選ばれる仕組みになっています。選ばれた人が少しでも不正を働いた場合は、すぐに承認者を更迭させられる可能性もあるようです。

EOS(イオス)の価格推移と時価総額順位

EOSは、2017年6月に公開されてまもなく仮想通貨の時価総額ランキングでトップ10入りを果たし、2018年6月には時価総額5位にランクインしています。
価格はピーク時の2018年4月末には1EOS=2,000円を超えました。8月現在は約600円にまで下落していますが、今後また回復すると見られています。
残念ながら、日本国内の仮想通貨取引所ではEOSを取り扱っていないため、まずは国内の取引所でビットコイン(Bitcoin/BTC)イーサリアム(Ethereum/ETH)を購入してからBinance(バイナンス)Poloniex(ポロニエックス)など海外の取引所を利用する必要があります。今のうちに保有しておけば、日本で上場する機会が訪れた頃に利益を得られるかもしれません。

EOS(イオス)をおすすめする3つの理由

ここまで、EOSの特徴や価格について述べました。
EOSは登場してからわずかな期間でここまでの高騰を見せ、そしてアプリケーション作成のプラットフォームとして大きく期待されています。この他にもEOSがおすすめの理由があるので、ここで3つ紹介します。

①処理速度

上でも書いたように、EOSは圧倒的な処理速度を誇ります。
ビットコインは1秒で6件の取引を成立させ、イーサリアムは1秒で15件近くの処理を行うと言われています。リップル(Ripple/XRP)NEO(ネオ)は1秒間に1,500件もの処理を行うという速度を誇ります。ここまででも十分に速いと感じますが、なんとEOSは1秒間に百万を超える規模の取引処理を行うことが可能なのです。クレジットカードはもちろんのこと、あらゆる仮想通貨を凌駕する処理速度と言えます。
これだけの処理速度を誇れば、通常の決済のみならずビジネスの決済においても大いに役立つでしょう。

②手数料が無料

EOSは取引手数料が無料になっています。
仮想通貨は利用する際の取引手数料が安く設定されていますが、高額の取引が繰り返されると、どうしても手数料がかさみます。手数料の問題を解決できる点でもEOSは支持されています。
仮想通貨では、マイニングの報酬として利用者がマイナーに取引手数料を支払う仕組みになっています。一方で、EOSの場合はマイナーの報酬としてトークンが支払われるので、EOSの利用者が直接手数料を支払う必要がなく、取引手数料は無料になります。
EOSを利用する個人だけでなく、EOSをビジネスに取り入れる企業にとっても大きくな節約となるでしょう。EOSが普及すれば、手数料の悩みもなくなると期待されています。

③エアドロップ(無料配布)

「エアドロップ」とは仮想通貨を無料で配布するイベントです。仮想通貨の知名度を上げるため、メールアドレスの登録やSNSのフォローなどを条件に仮想通貨が手に入ります。
EOSは過去に何度もエアドロップが行われています。「EOX」という販売サイトや、「Lab Ledger」と呼ばれるエコシステムのキャンペーンにて、エアドロップが実施されています。
今後もEOSによるエアドロップが行われる可能性は充分にあります。無料でEOSを入手できるお得なイベントなので機会があれば参加してみてはいかがでしょうか。ただし、偽の情報に惑わされないよう日頃から情報収集をすることも大切です。エアドロップを実施しているのは海外の団体であることが多いので、参加する際はきちんと言語を翻訳しましょう。

格付け機関からも高評価!仮想通貨EOS(イオス)の将来性とは

EOSは「Weiss Ratings」という格付け機関からも絶賛されています。Weiss Ratings社の記事によれば、EOSは価格が高騰している“スーパーコイン”とのこと。Weiss Ratingsの格付けに伴うようにEOSはさらなる値上がりを見せており、その将来性には大きく期待できるでしょう。
また、中国政府もEOSに対しては強い期待を見せています。中国政府が行っている仮想通貨の格付けランキングにおいても、2018年6月にEOSが1位にランクインしました。その翌月、7月に更新されたランキングでもEOSは堂々の1位に輝き、EOSのブロックチェーン技術を高く評価していることが伺えます。

独自のネットワークで始動したEOS(イオス)に要注目!

EOSはブロックチェーン上でアプリケーションを作る環境としても優秀です。メインネットが公開されたこともあり、さらなる質の向上も期待されています。優れた機能を誇るからこそ価格も高騰するので、今後も注目すべき仮想通貨と言えるでしょう。
今のうちにEOSを保有しておけば、日本での普及が訪れた時に役立つかもしれません。仮想通貨EOSに興味がある方は、海外の仮想通貨取引所で購入してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

ITDAYS(ビットデイズ)は「新しい経済にワクワクしよう⚡」をコンセプトに仮想通貨やブロックチェーン関連のカルチャーWEBメディアです🖥国内外の話題のニュースや最新情報を毎日発信中しています📰
アルトコイン取扱い通貨種類・国内No.1※

人気の通貨7種類で大きなリターンが狙えるレバレッジ取引 新規口座開設完了で1,000円もらえるキャンペーン実施中

※2018年6月現在、国内取引所のWEBサイト調べ。
PAGE TOP