BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

Ethereum Classic(イーサリアムクラシック)

仮想通貨イーサリアムクラシック(Ethereum Classic/ETC)の特徴、将来性、価格、取り扱い取引所は?評価やよくある質問も紹介!

仮想通貨イーサリアムクラシック(Ethereum Classic/ETC)の特徴、将来性、価格、取り扱い取引所は?評価やよくある質問も紹介!

近年、仮想通貨の知名度は右肩上がりに増していき、今や世界規模で取引や決済が行われる程に生活に浸透するようになりました。

2008年にビットコインが誕生してから、この10年間でたくさんの仮想通貨も作られるようになって、1700を超える数の仮想通貨がたくさんの人の手元に渡っています。

ビットコインの次に知名度が高い仮想通貨にはイーサリアムがあり、またイーサリアムとよく似た名前の『イーサリアムクラシック(EthereumClassic/ETC)』というコインもあります。

このイーサリアムクラシックの特徴や価格を知り、そして何のために使うのかも知ってみましょう。イーサリアムクラシックの将来性に興味を持ったなら、取引所で購入してみることをおすすめします。

仮想通貨の技術は日々進歩しており、決済が行われる国や店舗も増えています。イーサリアムクラシックも期待されている仮想通貨の一種なので、その用途を学んでおけば役立つ日も訪れるでしょう。

仮想通貨イーサリアムクラシック(Ethereum Classic/ETC)の最新価格・相場・チャート


*表示は円建て(ETC/JPY)ではなく、ビットコイン建て(ETC/BTC)となっております。ご注意ください。

イーサリアムクラシック(Ethereum Classic/ETC)の初心者入門。仮想通貨イーサリアムクラシック(Ethereum Classic/ETC)の特徴について

イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)とは、ETCと略される仮想通貨の一種です。元となるのはイーサリアム(Ethereum)であり、ハードフォークと呼ばれるアップデートによって生まれた仮想通貨と考えましょう。
ハードフォークとは、以前のルールを無視して、新しくルールを構築することでこれまでとの互換性を無くすことです。

このイーサリアムクラシックが誕生した経緯は、2016年にまで遡ります。イーサリアムは優れたシステムが評価されており、将来性が期待されていましたが、その分だけサイバー攻撃の標的にもなりやすくなっていました。
そんな中、THE DAOというイーサリアム上で展開されるプロジェクトのスマートコントラクトの穴を狙われてしまい、集まった資金の多くが盗まれた事件が発生しました。

『The DAO事件』と呼ばれるこの事件の被害総額は60億を超えて、これに対してどのように解決するのかを議論した結果、開発チームはハードフォークを行うことで不正な取引をなかったことにする処置を選びました。こうして誕生した仮想通貨が、イーサリアムクラシックです。

イーサリアムクラシックは、イーサリアムのハードフォークによって生まれた仮想通貨なので、基本的な性能はイーサリアムとそれほど変わりません。加えて、『The DAO事件』の経験も踏まえて、イーサリアム以上にセキュリティの性能を上げています。

イーサリアムは独自のネットワークの使用料金として使われるので、イーサリアムクラシックもビジネスに関わる契約をサポートしてくれる役割を持ちます。
ブロックチェーンに取引の履歴や内容に関する情報も残されていくので、ビジネスを成立させるために必要な基盤(プラットフォーム)と考えましょう。

仮想通貨イーサリアムクラシック(Ethereum Classic/ETC)の今後。将来性やロードマップについて

イーサリアムクラシックはイーサリアムと互換性を持たせていますが、上記で述べた『The DAO事件』において不正送金されたイーサリアムを無効にして、新たにイーサリアムクラシックとして生まれ変わりました。

ハッキングを無効にしたことが評価されており、ETC自体の価格も2年間で1000円を超えるほどに成長しています。
ただし、イーサリアムクラシックは後追いで作られたので、知名度や価格自体はオリジナルとなったイーサリアムに比べると、どうしても低くなります。
しかしたった2年で大きく成長したので、仮想通貨の技術が浸透していけば市場価格は向上していくでしょう。

イーサリアムクラシックはそのセキュリティの高さから、IOTの領域でも活躍が期待されています。IOTはテレビやエアコンなどの家電を始めとした生活に必要なモノを、スマホやパソコンなどの端末でインターネットに繋げる技術を意味します。
既にイーサリアムクラシックとIOTの提携に期待する声も多く、双方が活躍する機会も増えるでしょう。

イーサリアムクラシックはサイドチェーンを2018年内に開発して、それを用いた取引は無料になることを発表しています。
このサイドチェーンとは、ビットコイン(BitCoin/BTC)など他のブロックチェーンと結び合うブロックチェーンのことです。

複数のブロックチェーン間でトランザクション(取引)を行えば情報のやり取りができ、処理の速度も速くなります。
サイドチェーン上で新しい技術を生み出すことも期待されていて、新しく仮想通貨を生み出すことも可能です。他にも、手数料が安くなるメリットも得られます。

サイドチェーンはビットコインにも実現が予定されていて、それによってイーサリアムにも実装されているスマートコントラクトにも期待されています。
スマートコントラクトとは取引の際に行われる契約を、人の手を借りずに自動的に実行させることが可能となるシステムであり、ビジネスの効率化に期待されています。

スマートコントラクトを用いれば、取引の手間を省けるだけでなく、手数料も安くすることも可能です。
何故なら、従来の送金には銀行などの金融機関を介して行われることが多く、手続きをするためにお金と時間がかかってしまいます。その手間を省くために、ビットコインやイーサリアムクラシックのような仮想通貨が活躍するようになりました。

特に海外に向けた送金ともなると、取引の際の金額が高いほど手数料が割高になってしまいます。その問題を解決したのが仮想通貨であり、迅速かつ手数料の節約を可能としたことに加えて、取引の改竄すらも防止しています。
イーサリアムクラシックは過去の事件を踏まえて、セキュリティを重視しているのでビジネスの領域でも安心して扱うことができるでしょう。

送金の他にも、シェアリングエコノミーと呼ばれる物やサービスを共有するシステムの構築にも役立ち、またIOTの契約をする際にもスマートコントラクトが活用されていきます。
スマートコントラクトはあらゆる契約を自動的にプログラムされた仕組みであり、上手に活用することによって、特定の機関や管理者を必要とせずに企業や個人との取引が可能となっていくでしょう。

イーサリアムクラシックは2018年の7月よりSDK(Software Development Kitの略称)と呼ばれる開発者のために用意されたツールがリリースされることを発表しました。
SDKが配布されることによって、イーサリアムのプラットフォーム上で動くアプリケーションが開発しやすくなり、ITエンジニアにとっては充分なサポートとなるでしょう。

IOTの分野で普及を目指している以上、開発してくれるエンジニアの存在は必要不可欠です。モノとインターネットを繋げることで、離れた場所からの操作が普及するようになれば、互換性を持つイーサリアムクラシックの価値も上がるでしょう。開発が進めば、イーサリアムクラシックも同じように注目されていきます。

仮想通貨イーサリアムクラシック(Ethereum Classic/ETC)。取引のノウハウとポイント

イーサリアムクラシックは世界各地の取引所で次々と上場するようになり、それに伴ってコイン自体の値段も少しずつ上昇していきます。
イーサリアムと同様の機能を持っていることから注目を集めており、特に仮想通貨の取引が盛んになっている韓国でもプラットフォームになることが期待されています。

2018年7月の時点ではイーサリアムクラシックの価格は1800円前後で推移しており、ピーク時には5000円近い値をつけていたので、一見大きく下落しているように思えます。
しかし、これはイーサリアムクラシックに限った話ではなく、仮想通貨全体の流れに追随した結果です。
決して仮想通貨やブロックチェーンの技術そのものに問題があった訳ではありません。

2018年1月に起きたコインチェックのネム流出事件や、同年6月にて韓国のビッサムやコインレールという仮想通貨取引所でハッキングの被害が起きると、仮想通貨そのものの値段が急落する原因にもなります。
もちろん、取引所もセキュリティの強化を図っていますが、どれだけ体制を整えてもハッキングの被害を完璧に防げる保証はありません。

イーサリアムクラシックを扱う仮想通貨取引所も例外ではないので、利用者一人一人がセキュリティに対する関心を向けることが大事です。
対応するウォレットを探して、その中に自分のイーサリアムクラシックを始めとする仮想通貨を預けておきましょう。
ウォレットとは、仮想通貨を保管する財布と考えてください。
取引所もウォレットを取り入れていることが多いですが、不特定多数の利用者が集まり、またサイバー攻撃を仕掛けてくる危険人物がいる可能性もあります。ハッキングのリスクを避けるのであれば、自分で管理するべきです。

ウォレットには複数の種類があります。
スマホアプリで管理することができるウォレットがあれば、USBメモリのような外部媒体に保存することができるハードウォレットもあり、あるいは紙媒体にコードを記入するペーパーウォレットも人気が高いです。自分に合った種類を選びましょう。

ハードウォレットはLedger Nano SやTrezorなど、イーサリアムクラシックだけでなく複数の仮想通貨を保管して、インターネットから切り離すことができるウォレットが揃っています。
この時、ネット上の販売サイトから購入することもできますが、安全の面を考えると公式サイトからきちんと購入することをおすすめします。

またペーパーウォレットで保管する場合、媒体そのものを紛失または盗難の被害に遭わないよう、きちんと保管するべきです。これはハードウォレットも同様で、何らかのトラブルで破損することになっても復元することは難しく、最悪の場合保管した仮想通貨を取り戻せない危険すらも孕んでいます。

直射日光や湿気に晒されない場所を選び、きちんと整理整頓をしましょう。セキュリティの意識を高めて、きちんと仮想通貨を管理することができれば、万が一にハッキングなどの事件が起きても被害に遭うことはないです。

仮想通貨イーサリアムクラシック(Ethereum Classic/ETC)のマイニングについて

マイニングとは仮想通貨の採掘を意味する言葉であり、新規発行をしてくれる作業と考えましょう。他にも取引の承認に対してもマイニングという言葉は使われており、ブロックチェーンの維持にも必要とされます。
ツルハシで鉱山から金を発掘するように、仮想通貨を獲得するようなイメージと考えてください。

ビットコインやイーサリアムはこのマイニングが行われており、イーサリアムと同じ性能を持つイーサリアムクラシックにもマイニングが働いてます。
『Proof of Work』と呼ばれるマイニング方式であり、コンピューターの計算や契約などの仕事の量に比例して、収入が得られるシステムです。

このマイニングはコンピューターのスペックが強大であればマイニング量は増えますが、同時に月々の電気代もかかり、またビットコインやイーサリアムに関しては既に参入している人が多すぎることから、個人では大きくなっていることが大きなデメリットです。
イーサリアムクラシックは比較的新しい仮想通貨なので、マイニングのハードルが低いことが大きな特徴です。

仮想通貨イーサリアムクラシック(Ethereum Classic/ETC)。利用者の評判・口コミ・体験談・インタビュー

Aさん

ハードフォークで『The DAO事件』で起きた損失をなかったことにしてくれて、イーサリアム自体の信頼も取り戻してくれた仮想通貨です。
2017年の3月から価格が大きく上昇したので、今後の値上がりにも期待できます。半年でここまで値上がりしたのは本当に凄いです。

Bさん

国内の取引所では取り扱いが増えるようになりましたが、まだイーサリアムクラシックを上場していない取引所もあります。
CoinCheckはもちろんのこと、bitFlyerやDMMBitcoinでも購入することができるので、これから上場が増えて欲しいです。海外の取引所でもイーサリアムクラシックの取り扱いが少ないので、これから注目されるのを待ちます。

Cさん

イーサリアムに比べて、イーサリアムクラシックの値段はまだまだ安いですが、これから上がる可能性も期待できます。ビットコインキャッシュのように、イーサリアムクラシックが活躍すれば高騰もありえるので、もっと広まって欲しいです。
現在は1600円程度ですが、イーサリアムクラシック自体は安全性やIOTとの提携に期待しているので、ゆっくりと値上がりすることに期待しています。

Dさん

2018年3月にはハードフォークが実行されましたが、あまり価格変動は見られないので、今後の投資には慎重になる必要があります。
しかし、この時のハードフォークではCallistoという仮想通貨が誕生して、イーサリアムクラシックの保有者に配布されたのは大きなメリットです。

Eさん

現時点ではイーサリアムの後追いと言えますが、今後それぞれの開発が進めば差別化も図れるので、その時になれば価格変動も差が出てくるでしょう。
中国でもBTCCがイーサリアムクラシックの取引が行われるので、いつかイーサリアムとは違った方面で世界で活躍してくれることを楽しみにしています。

仮想通貨イーサリアムクラシック(Ethereum Classic/ETC)のよくある質問と答え

ここではイーサリアムクラシックに関係する3つの質問と、それに対する回答を掲載させて頂きます。

Q.イーサリアムクラシックの発行上限枚数は決まっているの?

A.イーサリアムと同じように、技術次第ではいくらでも上限を増やしていけるので、実質的には無限と言えるでしょう。

Q.中国でイーサリアムクラシックが支持された理由は何?

A.中国の大手仮想通貨取引所のBTCCがイーサリアムクラシックの時価総額を元にサポートを示して、そこからイーサリアムクラシックの価格も急騰しました。

Q.イーサリアムクラシックから生まれたカリストはどんな仮想通貨?

A.イーサリアムクラシックとカリスと双方のデータ処理速度を早くしてくれて、また取引や決済にかかる時間を減らしてくれる役割を持ちます。

仮想通貨イーサリアムクラシック(Ethereum Classic/ETC)の評価まとめ

下記コードを入力すると参考記事のような評価チャートが挿入できます。
評価に合わせ、数字を調整してください。

知名度
★★★★★
★★★★★

将来性
★★★★★
★★★★★

取引量
★★★★★
★★★★★

買いやすさ
★★★★★
★★★★★

実用度
★★★★★
★★★★★

知名度

イーサリアムの名前が使われているので、イーサリアムと合わせてチェックされることが多いです。

将来性

IOT事業の展開やサイドチェーンによってイーサリアムクラシックの将来性が更に期待されるようになりました。

取引量

本家イーサリアムに比べると取引量は少ないですが、中国などでイーサリアムクラシックの取引が行われるようになったので、これから増える可能性もあります。

買いやすさ

国内ではCoinCheck・bitFlyer・DMMBitcoinの3つでしか上場していないので、現時点ではイーサリアムに比べると購入しやすさはどうしても劣ります。

実用度

イーサリアムと同等の機能があるので、開発されて2年間で既に多くの人から支持を得るようになりました。

仮想通貨イーサリアムクラシック(Ethereum Classic/ETC)。取り扱いのあるおすすめ取引所

イーサリアムクラシックを取り扱っている取引所は有名所ではCoinCheckになり、他にはbitFlyerDMMBitcoinでも購入することが可能です。
また、海外ではBinance(バイナンス)Kraken(クラーケン)BITFINEX(ビットフィネックス)Poloniex(ポロニエックス)でもイーサリアムクラシックを取り扱っています。
日本語でも対応してくれる取引所で購入したい場合、Krakenを選んでみましょう。

仮想通貨イーサリアムクラシック(Ethereum Classic/ETC)は優れたシステムによって、その将来性が期待されている

ここまで、イーサリアムクラシック(EthereumClassic/ETC)の特徴と扱っている取引所、そしてその評価や将来性について紹介させて頂きました。イーサリアムを元に生み出された仮想通貨であり、イーサリアムに負けない程の大活躍を見せています。
仮想通貨はこれから世界でどんどん活躍するようになり、それに伴って技術も進化していくでしょう。興味を持ったら取引所でアカウントを作り、イーサリアムクラシックを購入してみることをおすすめします。
イーサリアムクラシックは誕生してから2年で市場価格が爆発的に上昇するようになって、それだけこの仮想通貨に期待している人がいる証拠です。イーサリアムクラシックがビジネスで普及するようになれば、その価値はもっと上がっていくでしょう。

仮想通貨イーサリアムクラシック(Ethereum Classic/ETC)の特徴、将来性、価格、取り扱い取引所は?評価やよくある質問も紹介!

近年、仮想通貨の知名度は右肩上がりに増していき、今や世界規模で取引や決済が行われる程に生活に浸透するようになりました。 ...

#通貨 #Ethereum Classic(イーサリアムクラシック)
投稿日:2017.11.23 
更新日:2018.08.02
PAGE TOP