BITDAYS(ビットデイズ)- キャッシュレス・フィンテックの総合サイト。仮想通貨やスマホ決済の最新情報を発信

仮想通貨イーサリアムクラシック(Ethereum Classic/ETC)はしっかり管理!おすすめのウォレットは?

ウォレットは仮想通貨を管理する財布の役割を果たします。購入したイーサリアムクラシック(EthereumClassic/ETC)はウォレットに保管して、安全に管理しましょう。ただ一言でウォレットといっても様々な種類があるので、慎重に選ぶ必要があります。ここではウォレットの種類や注意すべきポイントを紹介します。

▼イーサリアムクラシック(Ethereum Classic/ETC)について詳しくはコチラ

イーサリアムクラシック(Ethereum Classic/ETC)を管理できるウォレットの種類

イーサリアムクラシックを管理できるウォレットは様々あるので、どれを選ぶべきか迷う人もいるでしょう。
まずは、ウォレットの種類と特徴を知ることが大事です。
ウォレットの種類にはウェブウォレット・ソフトウォレット・ハードウォレットがありますが、それぞれ違ったメリットがあるので、どれが自分に適しているのか慎重に検討しましょう。

ウェブウォレット

ウェブウォレットとは、サイトに登録してサーバー内で管理するタイプのウォレットです。スマホやパソコンなど使う端末を選ばないので、手軽に利用できるメリットがあります。ネット環境さえあれば、どこでも取引可能です。
ただし、サイトの運営者次第でセキュリティ対策が異なるため、安易に選ぶことはせず、セキュリティ対策のしっかりしたウォレットを慎重に選ぶ必要があります。

ClassicEtherWallet(クラシックイーサウォレット)

ClassicEtherWalletは、イーサリアムクラシックを管理できる、日本語変換可能なウェブウォレットです。日本語に対応しているウォレットは少ないので、そういう意味でClassicEtherWalletは非常に貴重な存在です。ClassicEtherWalletならオフライン取引が可能なので、リスクを抑えてイーサリアムクラシックを送付することができます。

イーサリアムクラシックを送付する場合、必ずネット上に秘密鍵の情報を入力しなければならないので、この秘密鍵の管理が非常に重要になります。秘密鍵とは、送金の際に使われるアドレスのパスワードのことです。ClassicEtherWalletでは、オフライン環境下のパソコンで取引を作成するため、オンライン上に秘密鍵を載せる必要がありません。

このオフライン取引によってセキュリティ面が強化されており、イーサリアムクラシックを安全に管理することができます。
また、イーサリアムウォレットの「MyEtherWallet」とClassicEtherWalletはほぼ同じなので、普段使い慣れている人なら抵抗なく操作できます。

ソフトウォレット

ソフトウォレットは、自分のパソコンにソフトをダウンロードして、仮想通貨を保管・管理するウォレットです。ダウンロードすれば、すぐに利用可能なので、手軽に利用できるメリットがあります。低価格で無料のウォレットもあるので、コストがかかりません。
ただ、ソフトウォレットでイーサリアムクラシックを管理する場合は、自分のパソコンがハッキングされないように注意する必要があります。

Jaxx

「Jaxx」は、イーサリアムクラシックを管理できるソフトウォレットです。パソコンとモバイルの両方に対応しているため、デバイスを選ばない便利さがあります。Windows、Macなどの各パソコンにも対応しており、FirefoxやGoogleChromeなどのブラウザでもイーサリアムクラシックを管理できます。

Jaxxには、9種類の通貨を管理できるメリットがあります。また、1つの画面で保有通貨量の確認や送金、受け取りなどができるため、手間がかからず初心者にもおすすめです。複数の通貨を管理できるスマホアプリは少ないので、Jaxxは貴重な存在です。

日本語には非対応ですが、スマホやパソコンなど様々なデバイスで、いろんな通貨を保管できるメリットがあります。ソフトウォレットならネット上に秘密鍵がないので、セキュリティ面でも安心できます。

ハードウォレット

ハードウォレットは、専用の端末(USB)を自分のパソコンに接続して使うタイプのウォレットです。ハードウォレットなら秘密鍵を自分で管理できるので、イーサリアムクラシックを安全に保管・管理することができます。エラーの可能性も少ないので安全だと言えます。

Ledger Nano S

Ledger Nano Sは、イーサリアムクラシックを直接管理できるハードウォレットです。Ledger Nano Sは、パソコンやタブレットに接続して使うため、使用しないときはオフラインの環境下で安全に保管できます。万が一端末が壊れてしまった場合に備えて復元する方法が用意されているので、壊れた時も保有データをすべて復元可能です。Ledger Nano Sは日本語の正規代理店で購入可能です。

Trezor

Trezorはイーサリアムクラシックだけでなく、ビットコインやビットコインキャッシュなど、いろんな種類の仮想通貨を1つの端末で管理できるハードウォレットです。イーサリアムウォレットの「MyEtherWallet」と連携して、多数のトークンを保管することができます。

ウォレットを選ぶ時に注意すべきポイント

イーサリアムクラシックを管理するウォレットを選ぶ時は、いくつか注意すべきポイントがあります。

セキュリティ対策

サイトに登録して、サーバー内でウォレットを管理するウェブウォレットは、メールアドレスとパスワードだけで簡単登録できたり、スマホなど様々な端末から操作できたりするメリットがあります。

ネット環境があればいつでも好きなときに取引できる便利さがありますが、セキュリティ面は全て運営者任せとなるので注意が必要です。ウェブウォレットを利用する場合、イーサリアムクラシックをサーバー内に預けることになるので、そのサーバーのセキュリティ対策は全て運営者任せになります。

セキュリティ対策が万全じゃないと、サーバーへの不正アクセスや、サイバー攻撃などがあった場合に、イーサリアムクラシックが盗まれる可能性があるので注意しましょう。
ウェブウォレットを利用する場合は、二段階鍵認証を設定するなど、自ら積極的に対策を行う必要があります。

インターネットを通して利用する限り、常にハッキングリスクがつきまとうのでリスク回避が必要です。オフライン取引ができたり、自分で秘密鍵を管理できたりするウォレットであれば安心です。セキュリティ対策は他人任せにせず、自分で積極的に行いましょう。

セットアップまでの時間

自分のパソコンにダウンロードするソフトウェアウォレットの場合、ソフトを立ち上げてからセットアップまで時間がかかる場合があります。セットアップに時間がかかるソフトだと、送金や売買する際にも時間がかかってしまいます。短時間で取引するためには、動作の速さが重要なポイントとなります。
また、ソフトウェアウォレットはOSによって使えないタイプもあるので、対応OSを事前によく確認しましょう。

イーサリアムクラシック(Ethereum Classic/ETC)、ウォレットを正しく選んで安全に管理しよう。

イーサリアムクラシック(EthereumClassic/ETC)で投資を始めるなら、ウォレットは必ず必要になります。ウォレットは様々な種類があり、それぞれのメリットとデメリットがあるので、自分にとってふさわしいものを選びましょう。
ウォレットを利用する時に注意しなければならないのは、イーサリアムクラシックの流出です。ハッキングされて流出してからでは遅いので、事前にきちんと対策を行う必要があります。ウォレットを選ぶ時は利便性だけを重視するのではなく、セキュリティ面も重視して選びましょう。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

ITDAYS(ビットデイズ)は「新しい経済にワクワクしよう⚡」をコンセプトに仮想通貨やブロックチェーン関連のカルチャーWEBメディアです🖥国内外の話題のニュースや最新情報を毎日発信中しています📰
PAGE TOP