BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

仮想通貨イーサリアムクラシック(Ethereum Classic/ETC)はしっかり管理!おすすめのスマホウォレットは?

イーサリアムクラシック(EthereumClassic/ETC)は、イーサリアムのハードウォークによって誕生した仮想通貨です。市場規模はやや小さいですが、人気のある仮想通貨の1つと言えます。今回は、このイーサリアムクラシックを管理できるスマホウォレットをご紹介してみましょう。

仮想通貨イーサリアムクラシック(Ethereum Classic/ETC)に対応しているスマホウォレットは?

便利なスマホウォレットは、サービスによって管理ができる仮想通貨の種類に違いがあります。イーサリアムクラシックに対応しているのが、例えば次のようなウォレットです。

管理できる仮想通貨の種類が多い「Jaxx」

イーサリアムクラシックはもちろん、色々な仮想通貨に対応しているスマホウォレットがJaxxです。
Jaxxでは、イーサリアムクラシックの他にも、ビットコインやイーサリアム、ダッシュなどが管理できます。また、JaxxはIOSやAndroidのいずれのOSでも使えるのが特徴です。

パソコンにも対応しており、WindowsやLinuxといったOSでも使用することができます。こういったJaxxのようなタイプのウォレットは、複数の仮想通貨を管理している方にとってはとくに便利なサービスと言えるかもしれません。

仮想通貨の種類によって使えるOSが変わる点は少し注意をする必要がありますが、このJaxxで管理できる仮想通貨の種類は今後も増えていく見込みです。バックアップ機能もついているため、万が一スマホを紛失した場合でもすぐにアカウントを復活させることが可能です。

イーサリアム系の仮想通貨の定番ウォレット「MyEtherWallet」

MyEtherWalletは、イーサリアムクラシックやイーサリアムといった仮想通貨の管理に利用している方が多いウォレットと言えます。
イーサリアムクラシックにも対応していますので、ウォレットとして使用すること自体は可能です。

ただ、こちらのMyEtherWalletのサービスの場合、デスクトップやペーパーウォレットとして使用することを想定しています。スマホで使用することも不可能ではありませんが、モバイルに完全に対応しているというわけではないため、使用する際にはOSの種類を考える必要があるでしょう。

イーサリアムクラシックの管理ができるスマホウォレットは、比較的限られてきます。いずれにしても、ウォレットを使用するときには、保管する通貨の量などを考慮しながら選んでいくのがおすすめです。

仮想通貨管理に必須!スマホウォレットの使い方

スマホウォレットでイーサリアムクラシックの管理を始める際には、最初にアプリをダウンロードしましょう。アプリは、公式サイトにアクセスをすることで入手することができます。

Jaxxのウォレットを使う場合

アプリをダウンロード、インストールしたら、まずイーサリアムクラシックを選択して通貨の種類を指定します。「CURRENCY」の項目で日本円を選ぶと、円に換算して表示をすることが可能です。ちなみに、使い始める前の初期設定の段階でバックアップ設定をしておくと、アカウントをすぐに復活させられるようになります。

Jaxxの場合も、12個の単語を使ってこのようなバックアップ設定を行っていきます。イーサリアムクラシックを受け取る場合は、送信元に予め自分のウォレットのアドレスやQRコードを伝えておくとスムーズです。着金をチェックする際には、「Receive」を押して内容を確認しましょう。

送金をするときも、手続きは簡単。「Send」を選択すると、自動的に金額や送金先を入力する画面に切り替わります。送金する相手のアドレスを、Receiving Addressと書かれたフォームに入力すれば送金先を指定することができます。Amountのフォームに金額を入力し、フォームの脇にある「Send」というボタンをタップすると送金が行われる流れです。アドレスの入力ミスなどを防ぎたい場合は、QRコードを読み込んで送金するという方法もあります。

MyEtherWalletを使う場合

MyEtherWalletをスマホで利用する場合は、秘密鍵を使ってログインをすることになります。MyEtherWalletには幾つかのログイン方法があり、パソコンではkeystore/JSON Fileも利用することが可能です。

しかしながら、スマホの場合はこのメニューが使えないケースがあります。イーサリアムクラシックの受け取りや送金のプロセスは、このアプリの場合も比較的シンプルです。取引所などからイーサリアムクラシックを受け取るときには、送金元で自分のアドレスや送金したい金額を入力して手続きを済ませれば、MyEtherWalletの自分のウォレットに通貨が送金されます。

自分から送金を行う場合は、画面の上部に表示されている「トークンの送出」をタップ。右側の画面で秘密鍵を選び、「お財布ファイルを選択」を押してファイルをアップロードします。その後「アンロック」を押すと、画面が切り替わり送金先を指定できるようになります。ここで入力するのが、送金先のアドレスや通貨の種類、金額などです。

できるだけ早く送金したいときには、「ガスリミット」の項目で送金速度を指定することができます。「アカウントアドレス」の部分に入るのは、自分のウォレットのアドレスです。一通り入力が済んだら、「トランザクションを生成」を押して取引を完了させます。

仮想通貨イーサリアムクラシック(Ethereum Classic/ETC)を管理する際の注意点は?

スマホウォレットなどの仮想通貨のウォレットは便利なサービスですが、利用するときにはやはり注意点もあります。イーサリアムクラシックを管理する場合は、例えばどのような注意点があるのでしょうか。ここでは、覚えておくべきポイントをいくつか紹介していきます。

パスワードや秘密鍵は安全な場所に保管

パスワードや秘密鍵は、第3者がアクセスできない場所に保管することが大切です。オンラインで利用できるストレージは、パソコンの容量を軽くするためにも役立ちますが、こういった場所はハッキングのリスクがありますので、パスワードや秘密鍵の保管には余り向きません。

また、スマホの中などに保存しておくのも避けた方が無難です。万が一、紛失や盗難といった事態が発生すると、第3者がパスワードや秘密鍵を悪用するリスクが出てきます。スマホウォレットは持ち歩きしやすいのが便利な点ですが、スマホ本体を失くしてしまったときには被害が大きくなることがあります。

保管する通貨の量を考える

例えば、ホットウォレットであるJaxxなどは常にハッキングなどのリスクがあります。したがって、イーサリアムクラシックを保管する場合でも、一度に大量の通貨を管理するのは避けた方がいいでしょう。ウォレットのセキュリティ機能を十分にチェックして、保管する通貨の量を決めるのが良い方法です。

正式なサイトからアプリをダウンロードする

JaxxやMyEtherWalletのアプリをダウンロードするときには、公式サイトやAppストアなどの信頼できるサイトにアクセスすることが大切です。公式サイトを装った偽サイトもあるため、疑わしいサイトからダウンロードをするのは避けましょう。

仮想通貨イーサリアムクラシック(Ethereum Classic/ETC)、管理には使いやすいアプリを選ぼう

スマホウォレットを使い始めるときには、使いやすさも重要なポイントになります。スマホで利用するときには、やはりスマホ向けに開発されたアプリを利用するのがベストです。新たにスマホ用のアプリをリリースするウォレットも増えていますので、イーサリアムクラシック(EthereumClassic/ETC)の管理には使い勝手の良いサービスを見つけたいところです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!

この記事に関連するタグ

PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial