BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

仮想通貨イーサリアム、相場を知るための神ツールを紹介!

急激に相場が高騰している仮想通貨市場。2017年12月8日には1BTCがはじめて200万円を突破し、多くの人の注目を集めました。
そんな仮想通貨市場の中でビットコインに次いで時価総額2位の座にある仮想通貨を知っていますか?今回は仮想通貨イーサリアムについて。相場を知るための方法や、価格変動に影響する要素について紹介します。

イーサリアムについて詳しくはこちら

サイトで簡単にわかる!イーサリアムの相場チェック

イーサリアムの相場を知りたいなら

代表的な仮想通貨のひとつであるイーサリアム。ビットコインとは異なるブロックチェーンで扱われていますが、取引所によって価格が違うなどの仮想通貨の特徴はビットコインに共通しています。そのイーサリアムの相場を知る方法として、各取引所のサイトを転々と確認していくのもひとつですが、この方法では非常に手間がかかってしまいます。そこでおすすめなのが、各仮想通貨の相場を教えてくれるサイトの存在です。

イーサリアムの相場がわかるサイト「Cryptowatch」

例えば「Cryptowatch」というサイトであれば、チャートグラフでそれぞれの取引所における価格の推移が見てとれるので簡単に相場を把握することができます。英語で何が書いてあるかわからないという方もいるかもしれませんが、略語を覚えてしまえば相場の読み取りも難なくできるでしょう。

イーサリアムの相場は何に影響を受ける?

仮想通貨と普通の通貨は何が違う?

イーサリアムなどの仮想通貨は、通常の為替取引で使用される通貨とは異なる性質を持っています。
日本円やドルなど、現実にある通貨は法定通貨と呼ばれ、その価格には国際情勢が大きく影響しています。その変動を表しているものが為替相場であり、そこで行われる取引が為替取引です。仮想通貨も為替取引と同じような性質はありますが、大きく異なるのは仮想通貨が無国籍通貨であるという点です。

無国籍通貨であるイーサリアムは地政学リスクに強い!

仮想通貨は国や組織などにコントロールされず、分散的に管理されています。そのため、法定通貨に比べると国際情勢の影響を受けにくいのです。

発行量が少ないため売買による価値の変動が大きい

通貨価値に影響を与える要素には通貨の発行量や使用量などもあります。法定通貨とは違い、仮想通貨の発行量はまだまだ少なめ。総量が少ないということが、取引所間の価格差を生んでいます。
使用量に関してはこんな例が。2017年12月に公開された仮想猫育成ゲーム「CryptoKitties」。ゲーム内で大量のイーサリアムが使用されたことにより、相場に大きな影響が出るということがありました。

イーサリアムの今後は?相場を徹底予想!

イーサリアムは将来有望!?需要の高まりに期待!

イーサリアムは2017年12月時点で時価総額4兆円にもなる仮想通貨の有望銘柄です。前述した仮想通貨を使用するゲームの出現などで実用化が進んでいることもあり、今後需要はさらに高まることが予想されています。現在の状況は仮想通貨バブルなどと言われることが多いですが、今の仮想通貨市場には懸念材料が少ないという追い風も吹いているのです。

気づいたタイミングが買い時!後悔しないために今しっかりと検討してみよう

仮想通貨市場はまだまだ未発達な状況にあります。通貨の発行総量が少ないうえに投機目的の売買も増えるため、価格の変動も大きくなるでしょう。しかし、創成期に比較すると市場は随分安定してきています。仮想通貨が突然無価値になるということも考えにくいでしょう。
仮想通貨市場が成熟したとき後悔しないためにも、今の仮想通貨について詳しくなったタイミングで、投資・投機を検討してみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!

この記事に関連するタグ

PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial