BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

仮想通貨イーサリアム(ETH)をマイニング!通貨を生み出して報酬を得るには?

仮想通貨イーサリアム(Ethereum/ETH)について名前を聞いたことがあったり、動きを注視したりしている人も多いのではないでしょうか。仮想通貨で利益を得るための方法には通貨自体の取引で価値上昇分の利益を得る方法と、もう一つ、マイニングの対価として報酬を得る方法があります。こちらではイーサリアムのマイニングによって報酬を得る方法について解説します。

イーサリアムについて詳しく知りたいという方はこちらを参照
イーサリアムの特徴、将来性、価格、取り扱い取引所は?

イーサリアム(ETH)を「採掘」?マイニングって何?

マイニングの意味

マイニングとは「採掘」という意味で、仮想通貨取引の暗号化システムや記録システムに参加することで報酬を手にする仕組みのことです。

マイニングの由来

仮想通貨はその性質上、通貨価値を保証したり通貨の発行量を制御したりする中央銀行のような存在がありません。通貨発行量の上限はあらかじめ決められて、コンピューターによって制御されています。

そして取引の整合性や安全性を保つために、全ての取引はネット上のブロックチェーンと呼ばれる暗号化された取引台帳に記録され、整合性がチェックされます。この追記・確認作業には莫大な計算能力が必要となるため、世界各地の有志に参加してもらい、そのコンピューターで作業が行われ、対価として仮想通貨が支払われます。

この、「目には見えないけれど量が限られた価値ある資源(仮想通貨)がどこかにあり、コンピューター作業をすることで、その資源を受け取ることが出来る」という点がまるで鉱山での採掘作業のように見えることから、マイニングと呼ばれるようになりました。
イーサリアムのマイニングについても報酬を得るまでの仕組みは同じで、追記・確認作業に参加することで対価としてイーサリアムが払われます。

イーサリアム(ETH)、マイニングのメリットや問題点

マイニングの基本的な知識について解説しましたが、ではなぜ、マイニングに参加する人がいるのでしょうか。取引所で仮想通貨を手に入れるのと何が異なるのでしょうか。

マイニングのメリット

マイニングのメリットは、仮想通貨を報酬として手に入れることが出来るということです。仮想通貨が手に入るという点は、取引所で現金と交換して入手するのと変わりがないのですが、マイニングが異なるのはその金額です。

報酬レートによっては現金交換で購入するよりもよほど多くの仮想通貨を手に入れることが可能です。マイニングの出番となる取引台帳への追記作業は10分に1回行われていますので、上手くいけば10分間に1回ずつ、新たな仮想通貨を手に入れて安定的に積み上げていくことが出来るのです。

マイニングの問題点

しかし、マイニングには問題点もあります。それは、マイニング作業は早い者勝ちであるということです。10分間に1回、熾烈な暗号解読、追記・確認作業競争が行われて、早く正確に作業を行うことが出来た者だけが報酬を手に入れられます。現在では多くの企業がマイニングに参加しており、優れたマシンや環境を備えています。そのような中で競争に勝ち抜いて報酬を手にすることは至難の技です。

イーサリアムにおけるマイニング状況

これらの点をイーサリアムについて見ると、マイニングによってイーサリアムを得ることが出来るというメリットや、早い者勝ちで中々マイニングに成功することが出来ないという問題点については、仮想通貨一般と変わりがありません。

しかし、イーサリアムについては2018年春から、マイニングに影響を及ぼすのではないかと言われているある動きがあります。それがPoWからPoSへの移行です。PoWはプルーフオブワーク(「仕事の証明」)のことで、早く正確に作業を行った者が報酬を得ることが出来るという、これまでに述べてきたようなマイニングの仕組みのことです。

一方でPoSは、プルーフオブステーク(「コイン保有割合による証明」)と言い、より多くの仮想通貨をより長く保有している人に対し、作業を行う権利が与えられやすくなる仕組みです。
PoWはまさにマシンの計算能力がものを言う世界でしたが、PoSではより多くの通貨を長く保有している人が有利です。今後イーサリアムのマイニングにどのような影響が出てくるのかが注目されます。

イーサリアム(ETH)のマイニングに必要なもの

マシン

イーサリアムのマイニングに参加するためには、まずはマシンが必要です。イーサリアムのマイニングにおいて一般的に使われているのは、GPUというグラフィックボードを使用したもので、これは高度なゲームをするためのPCにも搭載されているものです。

そのため、イーサリアムのマイニングには比較的参加しやすいとされていますが、やはりマイニング競争に勝つためには、出来るだけ高性能なものであることに越したことはありません。現在も続々と高性能なマシンが開発され、ASICなどマイニング専用のようなものもあります。

マイニングソフト

次に必要なものはマイニングソフトです。色々なところから販売されていますので、使いやすいものを選ぶと良いでしょう。

電源

そして大切なものが電源です。マイニング作業を行うには24時間ずっとマシンを稼働させ続けなければなりません。電気代はかなり高額になりますので、その点は覚悟が必要です。

ウォレット

そしてもう1つ、マイニング前に用意しておかなければならないものが、仮想通貨の受け取り用ウォレット(財布)です。マイニングは報酬として仮想通貨を受け取るので、それを管理するための銀行口座のようなものとしてウォレットが必要になります。

ウォレットにはデスクトップ上のウォレットやオンライン上のもの、ハードウォレット、そしてペーパーウォレットと種類があり、それぞれセキュリティや利便性において一長一短があります。安心して使えるものを選びましょう。

その他マイニングに必要なもの

マイニングに必要なものはこれだけではありません。マシンが24時間稼働し続ける際に発する熱は、とにかく相当なものです。それを冷やすための冷却装置も、マシンに備わっているものとは別に準備する必要が出てくるでしょう。マイニングを行うためにはマシン自体の性能もさることながら、そのマシンを稼働させ続けるための環境作りが必要になると言えます。

イーサリアム(ETH)のマイニング方法

これまで読み進めてきた人の中には「マイニングに参加したいと思ったけど、こんなに色々と準備しないといけないのでは無理だ」と思った人も多いかもしれません。その通りで、現在自分でマシンなどの機材を準備してマイニングに参加し、安定的な利益を得ることは、ほぼ不可能になりつつあります。

初期費用もかかりますし電気代などのランニングコストもかかります。尚且つ多くの企業がマイニングに参加している現状では競争に勝つのが難しいのです。
しかし、マイニングに参加する方法は実は1つではありません。

プールマイニング

これまで述べてきたような、自分1人で全て準備しマイニングに参加する方法をソロマイニングと言いますが、マイニングには他にもプールマイニングとクラウドマイニングがあります。プールマイニングは他の人たちとグループになり、協力してマイニングすることです。自分のマシンを準備する点はソロマイニングと変わりませんが、グループで行う分勝率は上がります。報酬は貢献度に応じて分配されます。

現在注目されているクラウドマイニング

そして現在注目されているのが、クラウドマイニングです。この方法は、マイニングを行っている企業やグループに出資をすることで、その出資額に応じて報酬としてイーサリアムを得るといったものです。

この方法を取れば、自分でマシンなどを準備する必要もなくマイニングに参加することが出来ます。
しかし、出資者が多ければ多いほど自分の取り分は減りますので、大きな利益を上げるというよりはコツコツ安定した利益を積み重ねる方法と言えます。

安定的にイーサリアム(ETH)を得るにはクラウドマイニング!今後の動向も注視

マイニングのメリットや必要なものなどについて解説してきましたが、注目されているマイニング方法はクラウドマイニングで、初期費用をあまりかけずにイーサリアム(Ethereum/ETH)を安定的に得たいという場合にも、この方法が適していると言えます。

また、イーサリアムは2018年春頃からPoWからPoSへの移行の動きが出ています。PoSになった場合は計算能力の高いマシンを準備しても無意味となってしまう可能性がありますが、クラウドマイニングであればその影響も回避出来そうです。
クラウドマイニングの場合にはどの企業に出資するか、十分に検討して安定している企業を選びましょう。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP