BITDAYS(ビットデイズ)- キャッシュレス・フィンテックの総合サイト。仮想通貨やスマホ決済の最新情報を発信

イーサリアム(ETH)はしっかり管理!おすすめのウォレットは?

ウォレットには様々な種類がありますが、それぞれのウォレットにメリットやリスクがあるので、自分の運用方法に合わせて使い分ける必要があります。ここではイーサリアム(Ethereum/ETH)を管理できる、おすすめのウォレットを紹介します。

イーサリアム(ETH)を管理できるウォレットの種類

ウォレットとは、仮想通貨を管理するためのお財布のような役割を果たします。
ウォレットには実に様々な種類があり、対応している仮想通貨もそれぞれ異なるので、事前によく確認しておきましょう。

ウォレットの種類

ウォレットには主に5種類があります。まず1つ目はハードウェアウォレットです。
ハードウェアウォレットとは、持ち歩き可能なハードウェア端末に仮想通貨を保管するタイプのウォレットになります。

USBのようなハードウェア端末を使うことによって、インターネットの繋がっていないオフライン環境下で仮想通貨を管理できるため、ウイルス感染などに強いメリットがあります。

2つ目はペーパーウォレットです。
ペーパーウォレットは、秘密鍵などを紙で保管するタイプです。秘密鍵を紙に印刷して保管すればいいのでコストがかからず、情報が盗まれにくいのが強みです。

3つ目のデスクトップウォレットは、PCにソフトウェアをインストールして利用するウォレットです。
オフラインでデスクトップウォレットを利用することによって、高いセキュリティを実現することができます。

4つ目のモバイルウォレットは、Android端末やiOSなどのスマートフォン上で利用できるウォレットです。
パソコンを利用する必要がないので持ち運びがしやすく、どこでも使える利便性の高さが魅力です。モバイルウォレットなら仮想通貨を実店舗で利用することもできます。

5つ目のウェブウォレットは、ウェブサイトに登録してウォレットサービスを利用するタイプです。
パソコンやスマホなどインターネット接続のできる端末ならどれでも利用できるうえに、アカウントの管理も簡単なので手間がかかりません。

イーサリアム(ETH)の保管におすすめなウォレットは?

Ledger Nano S (レジャー・ナノS)

Ledger Nano Sは、イーサリアムを管理できるハードウェア端末のウォレットです。USB接続によって、イーサリアムをはじめとした複数の仮想通貨を保有できます。

Trezor(トレザー)

Trezorは、イーサリアムに対応可能なハードウェアウォレットです。特殊なチップの中に秘密鍵を入れておけるので、コンピュータウィルスに感染する心配もなく、ハッキングされても仮想通貨が盗まれるリスクがありません。
また、2つのボタンだけで簡単に取扱通貨を使用できるため手間がかかりません。

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)

MyEtherWalletは、イーサリアムを保管しておくことができるデスクトップウォレットです。
日本語に対応しているため、英語が苦手な人でも利用しやすいメリットがあります。サーバー上に秘密鍵を保存しないタイプなので、ハッカー攻撃によって秘密鍵が漏れたり、ウォレットに保存しているイーサリアムが盗まれたりする心配はありません。
イーサリアムのトークンを保管しておくこともできます。

MetaMask(メタマスク)

MetaMaskはイーサリアムを管理できるデスクトップウォレットです。
MetaMaskは操作が簡単で、動きが軽いという特長があります。複数のアドレスを簡単に生成できるため、アドレスを使い分けたい時に便利です。

1つのウォレットで複数のアドレスをまとめて管理できるので、残高移動に手間をかけなくて済みます。MyEtherWalletと連携して使用することによって、トークンの送受信が利用可能となります。

▼メタマスクについて詳しくはコチラ
DAppsのプレイに必要なMetaMask(メタマスク)って? ウォレットの作成や送金、詳しい使い方は?

Mist(ミスト)

Mistはイーサリアム公式のウォレットなので、信頼度が高いといえます。
高性能な送金ができたり、全てのトークン保管に対応可能だったりするなど、使い勝手が良い特長があります。日本語に対応している点もメリットの1つです。

Jaxx(ジャックス)

Jaxxは、スマートフォンアプリでイーサリアムの管理ができるモバイルウォレットです。WindowsやMac、AndroidやiOSなど様々なOS・デバイスに対応しているため、PCとスマートフォンの両方で利用可能です。

そのため、故障や紛失などでPCとスマートフォンのどちらかが使えなくなっても、仮想通貨を継続して管理しておくことができます。
また、様々な通貨を取り扱っているため、このウォレット1つで仮想通貨をまとめて保管しておくこともできます。

HB Blockchain Interface

HB Blockchain Interfaceは、イーサリアム対応のモバイルウォレットです。日本の会社が作成したモバイルウォレットなので、問い合わせなども全て日本語で対応してもらうことができます。動作が軽く、操作しやすいデザインも魅力の一つです。

Bitpie(ビットパイ)

使いやすいインターフェースと豊富な種類の通貨に対応していることが特徴のモバイルウォレットBitpie(ビットパイ)。
送金の場合にはアドレスを直接入力できるほか、QRコード読み取り用にすぐカメラを起動できるようになっており、わざわざ別のカメラアプリを起動する必要がないなど、ユーザー視点に立って開発されています。

▼Bitpieについてより詳しくはコチラ
ウォレットアプリBitpieの特徴や使い方は?BITHD(ビットシールド)と組み合わせれば仮想通貨管理に死角なし!

ウォレット利用は秘密鍵の管理に注意

ウォレットを利用する時に注意したいのは「秘密鍵」の管理です。秘密鍵は、イーサリアムなどの仮想通貨をウォレットで管理する際に、非常に重要な役割を果たします。この秘密鍵がなくなってしまうと、大きなトラブルに発展することもあるので注意しましょう。

秘密鍵の保管は自己責任

秘密鍵とは、送金する際に必要となる鍵です。この秘密鍵が他人に知られてしまうと、自分の許可がなしに誰でも送金できてしまうため、秘密鍵は自分以外には知られないように厳重に保管する必要があります。

モバイルウォレットは、スマートフォン端末内に秘密鍵を常に保存しておくことになるので、スマートフォンをハッキングされたり盗まれたりしないように注意しなければなりません。ウェブウォレットも秘密鍵をサーバー内に保存しておくことになるため、ハッカーに攻撃されやすいリスクがあります。

最近は、自分で秘密鍵を管理しておくことができるウェブウォレットもあるので、セキュリティ対策をしっかり行ないたい人は、そのようなウェブウォレットを使うといいでしょう。

デスクトップウォレットはハッキングの対象になりにくいメリットがある一方で、PC自体がウイルスに感染してしまうリスクがあります。
そうすると、秘密鍵情報も流出してしまうかもしれません。自分のPCを過信するのはやめて、日頃から積極的にセキュリティ対策を行いましょう。

秘密鍵の再発行は不可能

秘密鍵は再発行することができません。秘密鍵を一旦なくしてしまうと、二度と仮想通貨が取り出せなくなります。
もちろん、ウォレットも開くことができません。このような場合に備えて、秘密鍵を事前に紙に書いておくなど、リスク対策を行う必要があります。

秘密鍵のことをきちんと理解していないと、自分のイーサリアムが取り出せなくなってしまうトラブルに見舞われかねません。ウォレットに任せっきりにせず、自分の責任でしっかり管理することが大事です。

楽しい仮想通貨ライフを送るために必要なこと

イーサリアム(Ethereum/ETH)を管理できるウォレットは様々ありますが、万が一の場合に備えてセキュリティ性能の高いウォレットを選ぶのがベターです。ただ、ウォレットを過信するのは禁物です。ウォレットにも少なからずリスクが存在するので、リスクを分散するなどして自ら積極的にセキュリティ対策を行う必要があります。イーサリアムを安全に管理することで、楽しい投資生活を送りましょう。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

ITDAYS(ビットデイズ)は「新しい経済にワクワクしよう⚡」をコンセプトに仮想通貨やブロックチェーン関連のカルチャーWEBメディアです🖥国内外の話題のニュースや最新情報を毎日発信中しています📰
PAGE TOP