BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

仮想通貨リスク(Lisk/LSK)はしっかり管理!おすすめのウォレットは?

仮想通貨の管理にはウォレットが必要不可欠です。大切な仮想通貨を取引所に置いたままにしておくことはおすすめできません。
ウォレットには使いやすさや安全性など様々な観点があるので、どれを選べばよいのかチェックしておくと良いでしょう。
今回は仮想通貨リスク(Lisk/LSK)に注目し、いくつかウォレットをご紹介します。

仮想通貨リスク(Lisk/LSK)について詳しくはコチラ

どれが安全?ウォレットには4種類ある

ウォレットの種類には大きく分けて4つあります。

ウェブウォレット

ウェブ上でウォレットを管理しているため、インターネット環境に接続できる場所であればどこででも管理が可能です。
しかし、インターネットが繋がるということは、ハッキングによる情報流出の可能性があるということなので、注意が必要です。

ローカルウォレット

パソコンやスマートフォンといった端末上に、データを管理するウォレットです。パソコンでデータ管理をするウォレットを「デスクトップウォレット」、スマートフォンでデータを管理するウォレットを「モバイルウォレット」と呼びます。パソコンやスマートフォンのローカル環境でデータを管理できるので、安全性が高いです。

しかし、パソコンやスマートフォンが紛失、破損するとウォレットが使用できなくなります。
したがって、万が一の事態に備えてバックアップが必要です。
また、パソコンのウイルス感染により、情報が流出する危険性もあり、注意が必要です。

ハードウェアウォレット

USBのような専用端末にデータを保存して管理します。設定や送金以外ではローカル環境にあるので、安全性は非常に高いと言えます。
また、複数のウォレットを管理できる場合が少なくありません。
そのため、様々な種類のウォレットを保有したい人におすすめです。

ただし、専用端末をパソコンに繋げないとウォレットの管理ができないため、利便性は低いです。
加えて、データを管理する専用端末は購入する必要があります。紛失、破損した際には再度購入が必要となるので、費用がかかります。

ペーパーウォレット

データを紙に印刷して管理するウォレットを指します。インターネットに接続する必要がなく、紙媒体でデータを管理するため、ハッキングによる情報流出の危険性が低いです。

その上、費用もウォレットを印刷する費用だけなので、比較的安価となります。
ただし、紙にウォレットのデータが全て記載されているので、紛失、焼失、盗難には十分注意しなければなりません。

リスク(Lisk/LSK)に対応するウォレットを紹介!

次に、これらの各ウォレットの特徴やメリット、デメリットを踏まえて、リスクを管理するのにおすすめのウォレットを3つ紹介します。

LiskNano

リスク公式のデスクトップタイプのウォレットになり、日本語の情報サイトも豊富です。投票でネットワークの管理人を選出する仕組みであるDPoSにも参加可能で、立候補や投票をすることができます。

また、追加料金を支払えばセキュリティを強化することも可能です。デメリットとしては、ログインの際に毎回12個のパスフレーズを入力が必要なので、ログインに時間がかかることが挙げられます。

LiskWalletbyFreewallet

モバイルウォレットというタイプのウォレットで、iOSやAndroidの端末にアプリをダウンロードして使用します。スマートフォンでリスクを管理することができるという手軽さと、二段階の認証という安心を兼ね備えています。
しかし、DPoSへの参加ができず、日本語は未対応となっているので注意が必要です。

LiskPaperWalletv1.3.0

ペーパータイプのウォレットのため、作成・管理が安価で簡単です。
ただし、オフライン管理のためオンラインでの決済や送金には不向きで、長期間ウォレットを保管するのに適しています。

仮想通貨を守ろう!注意すべき点は?

リスクを管理するおすすめのウォレットをご紹介しましたが、不正アクセスによる情報流出が騒がれる昨今、仮想通貨の紛失の被害も少なくありません。自分の仮想通貨を守るにはどういった点に注意すればよいのか確認しておきましょう。

フィッシング

一般的な詐欺の手口です。
しかし、やり方が巧妙な為、被害者が後を絶ちません。不用意にアカウントやパスワードを入力してしまうと、アカウントを乗っ取られてしまいます。
対策としては、仮想通貨を取り扱う主要なサイトはブックマークしておき、不用意にリンクをクリックしないようにすることが挙げられます。

ウイルス感染

ウイルスに感染してしまうと、パソコン内に保存してあるパスワードが全て流出してしまいます。対策としては、不審なサイトからファイルをダウンロードしないこと、不審なメールは開封しないこと、パソコンにウイルスソフトを入れること、安易にリンクをクリックしないことなどが挙げられます。

二段階認証

パスワードだけではなく、指紋認証、個人情報の質問、他のデバイスによる認証といった複数の認証方法があると安心です。ウォレットを選ぶ際にこの点も参考にしてください。

安全に仮想通貨リスク(Lisk/LSK)を管理しよう

仮想通貨を管理するウォレットにはさまざまな種類があり、それぞれ特徴があります。メリット・デメリットをよく理解した上で、自分が使いやすいものを選ぶと良いでしょう。
自分の仮想通貨を守る為には、信頼性の高い、安全なウォレット選びが重要です。加えて、日ごろからフィッシングやウイルス感染に注意することが必要不可欠です。詐欺や盗難に遭わぬよう、細心の注意を払いながら仮想通貨を管理しましょう。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP