BITDAYS(ビットデイズ)- キャッシュレス・フィンテックの総合サイト。仮想通貨やスマホ決済の最新情報を発信

仮想通貨リスク(LSK)をマイニング!通貨を生み出して報酬を得るには?

リスク(Lisk/LSK)は「DPoS」というマイニングシステムを採用し、Voting(投票)とForging(鍛造)の2種類で報酬が発生します。
Voting(投票)は、リスクの取引を承認する承認者に投票することで報酬がもらえます。Forging(鍛造)は、取引を承認する側に選ばれるともらえる報酬です。
こちらの記事では、Voting(投票)とForging(鍛造)でどのようにリスクの報酬がもらえるのかを解説していきます。

▼仮想通貨リスク(Lisk/LSK)について詳しくはコチラ

LSKがもらえるVoting(投票)とForging(鍛造)とは?


リスクはビットコインのようなマイニングという方法ではなく、DPoSという方法で取引を承認しています。リスク用語ではForging(鍛造)と呼ばれ、投票者から指名された者が取引を計算して報酬をもらいます。他にも、Voting(投票)と呼ばれる、取引を承認する者を投票した側にも報酬がもらえるシステムが整っています。

Voting(投票)

Liskのトランザクションを計算する承認者に投票することで、承認者から報酬をもらう方法です。投票した承認者が、ランキングの上位101人以内に入りトランザクションを承認すると、報酬が分け与えられます。

Forging(鍛造)

Liskの取引の承認者として選ばれ、取引を計算するともらえる報酬です。選ばれるには相当数のLSKを保有している必要があり、難易度が高い方法です。

リスクのVoting(投票)とForging(鍛造)のメリット・デメリットとは?


リスクでは報酬もらうのに2種類の方法がありますが、それぞれメリット・デメリットがあります。Votingは一般向け、Forgingは資金力のあるマイナー向けとなっています。

Voting(投票)のメリット

承認者になる上位の101人はある程度固定されているので、一度投票をすれば何もしなくても継続して報酬がもらえるようになります。もらえる報酬は保有枚数に対して複利で増えていくので、Voting期間が長ければ長いほど有利です。

そして、ビットコインと違い、電力を必要としないのでリスクが機能している限り不労所得が望めます。Votingに最適な101人は、DiscordやSNSなどのコミュニティで議論されているので適時確認するといいでしょう。

Voting(投票)のデメリット

Votingを始めるには、手数料として投票の度に1LSKを払わなければなりません。
そして、承認者を投票するのに投票1人につき1LSKが必要です。承認者は最大101人まで選択できますが、一度に投票できるのは33人までとなっています。
そのため、101人投票するには4回投票しなればならず、101LSK(33人+33人+33人+2人)+手数料4LSKで
合計105LSKかかります。

手数料がかかりますが、Voting報酬を最大化するためには最大人数である101人に投票することをおすすめします。
また、Lisk Nano Walletに保有しているLSKの数量によって、もらえる報酬の数量が変わります。数量が多いほどもらえる数量が多くなり、逆に少ないともらえる量が少なくなります。

さらに、Lisk Nano Wallet上にLSKを保有していないと投票をしても報酬はもらえなません。そのため、報酬をもらい続けるには、常にLisk Nano Wallet上にLSKを保有し続けなければなりません。

Forging(鍛造)のメリット

ビットコインのマイニングと違い、101人に入ることができれば競争することなく報酬がもらえます。

Forging(鍛造)のデメリット

資金力のある方にしか向いておらず、まず初期費用として30LSKが必要です。
そして、Forging参加者は1,000名以上いるので、ランキング上位101人に選ばれるのが至難の技です。加えて、Forgingによる報酬は年々下がっていく仕組みになっているので、資金力のある先行者が有利な仕組みとなっています。

リスクのVoting(投票)とForging(鍛造)するのに必要なものは?


リスクでLSK通貨の報酬を得るには、ウォレット、PC、仮想通貨LSKの3種類が必要です。

Lisk Nano Wallet

Lisk公式のデスクトップウォレットです。他のウォレットではVotingもForgingもできないので、報酬をもらうにはLisk Nano Walletをダウンロードする必要があります。これは、Lisk公式ページからダウンロードできます。

ウォレットを管理するPC

Lisk Nano Walletは、 PCのデスクトップ上で管理するウォレットです。
そのため、PCが別途必要になります。できればウイルス対策を施したセキュリティの高いものを使用することをおすすめします。OSはWindows、Macに対応しています。

仮想通貨LSK

リスクで報酬をもらうには、リスクの通貨であるLSKをウォレットに入れて置かなければなりません。保有量が多ければ多いほど貰える報酬が増えるので、報酬をもらう度に複利で枚数が増えていく仕組みです。Voting報酬を効率よくもらうには、最低105LSK以上必要です。LSKは、リスクが上場している仮想通貨取引所で購入できます。

リスクでVoting(投票)の設定をする方法


リスクでVotingをするには、Lisk Nano Walletから設定する必要があります。

Lisk Nano Walletを作成

Lisk公式ページからLisk Nano Walletをダウンロードします。次に、ダウンロードしたアプリを開き、NEW ACCOUNTを選択してください。
すると、自由にマウスを動かすように指示されるので、パラメータが満タンになるまで適当にマウスを動かしてください。

パラメータが満タンになると英単語12語でパスコードが生成され、以上でウォレットの作成は完了です。この12語の英単語がLisk Nano Walletのパスコードとなりますので、紛失や盗難に気をつけて大切に保管してください。

Lisk Nano WalletにLSKを送金

ウォレットトップページ左側に表示されるAddress項目に書かれているのが、ウォレットアドレスです。取引所で購入したLSKをこのアドレス宛てに送りましょう。正しく着金すると、Transaction項目に取引記録が表示されます。

Voting(投票)の設定方法

ウォレットトップページ中段にあるVoting項目を選択します。Forgingに参加している承認者のランキングが上位から表示されますので、投票したい承認者の左側にチェックマークを入れます。

1度の投票につき33人まで投票でき、最大101人まで投票できます。手数料として1人につき1LSK、そして投票する度に1LSKかかりますが、最大数の101人まで投票しておくのが報酬を増やすポイントです。

Voting(投票)報酬の確認方法

Votingで得た報酬は、自動的にLisk Nano Wallet宛てに支払われます。Transaction項目に報酬の状況が表示されるので、ウォレットにログインすれば報酬が支払われているか確認できます。
また、報酬額確認サイトにLisk Nano Walletアドレスを入力することで、未払いのVoting報酬まで確認できます。

今からでも遅くない?リスクを保有するならVoting(投票)しておくべき!


リスクはイーサリアムよりも高いセキュリティと利便性を目指した、分散型プラットフォームを提供するプロジェクトです。リスクに将来性を感じて長期で保有するなら、Votingは早い段階でやっておいた方がいいでしょう。Voting報酬を最大限高めるには初期費用として105LSKかかります。しかし、これから法定通貨換算の価格が上がっていくと、同じ105LSKでもより高い金額が必要となってきます。そのため、リスクで報酬を得ることを考えているのなら、できるだけ早くVotingに参加しましょう。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

ITDAYS(ビットデイズ)は「新しい経済にワクワクしよう⚡」をコンセプトに仮想通貨やブロックチェーン関連のカルチャーWEBメディアです🖥国内外の話題のニュースや最新情報を毎日発信中しています📰
PAGE TOP