BITDAYS(ビットデイズ)- キャッシュレス・フィンテックの総合サイト。仮想通貨やスマホ決済の最新情報を発信

仮想通貨ライトコイン(Litecoin/LTC)のハードフォークまとめ~これからの予定はあるの?~

今回取り上げるハードフォークは、仮想通貨ならではの現象です。仮想通貨をあまり知らない方はもちろんですが、実際に仮想通貨を持っている方の中にも、ハードフォークってなに?と疑問に感じている方も少なくないでしょう。ここでは、ハードフォークの概要やライトコイン(LiteCoin/LTC)のハードフォークについて情報をお伝えしていきます。

▼ライトコイン(Litecoin/LTC)について詳しくはコチラ

仮想通貨のハードフォークってどんな現象?影響は?

ハードフォークに関心を持っている仮想通貨ユーザーは、実のところ少なくありません。ハードフォークの予定が話題になると、インターネットでも様々な噂が飛び交うようになります。色々な噂を耳にしても、具体的にハードフォークがどんな現象なのか分からない方も多いのではないでしょうか。ハードフォークという現象についてまとめてみました。

ハードフォークは新しいルールが生まれる現象

仮想通貨は、ブロックチェーンという一定のルールを持つ技術で繋がっていますが、ハードフォークが生じた場合は既存のルールとは異なる新しいルールが誕生します。
ちなみに、このようなハードフォークの時には、新しいブロックチェーンや仮想通貨が生まれることもあります。

例えば、ビットコインのハードフォークの際に誕生したのがビットコインキャッシュやビットコインゴールドといった仮想通貨です。古いコインから枝分かれする形で新しい仮想通貨が誕生するのも、ハードフォークの際に多い現象です。

ハードフォークで生じた仮想通貨は元のコインとは全く別

ハードフォークで生じたルールは、古いルールと互換性がないという特徴があります。
したがって、ハードフォークで誕生した仮想通貨も、元のコインとは全く性質が異なります。

実際、同じ「ビットコイン」という名前がついていても、従来からあるビットコインとビットコインキャッシュは、全く別の仮想通貨です。名前が一部共通しているだけであり、市場価値もそれぞれ異なるのが一般的です。

ハードフォークが起きると一時的に通貨の価値が下がることがある

ハードフォークが起こる、という噂が広がると、一時期だけその仮想通貨の価格が下がってしまうことがあります。
このような現象は、仮想通貨を所持している方や新たに購入しようと考えている方にとって、1つのリスクになるかもしれません。

新しく誕生した仮想通貨の方に人気が集まってしまうと、古い仮想通貨の価値が下がるというリスクが生じてきます。
ただ、ハードフォークによって生じる価格の下落は、一時期を過ぎると回復することが多いです。ビットコインの場合もハードフォークの際に一時期価格が下がりましたが、数日程度で回復しています。ハードフォークは、仮想通貨の価値に少なからず影響を与えることがありますが、影響力はさほど深刻なものではないと言えます。

取引をスムーズにする効果があるハードフォーク

仮想通貨のブロックチェーンに問題があると、ハッキングなどの恐れが出てきます。
また、所持する人の数が増えてくると取引が終了するまでかなりの時間がかかってしまうのが難点です。ハードフォークで新しい仮想通貨が生まれると、取引の混雑が解消されるケースがあります。

実際、以前から取引に時間がかかっていたビットコインなどは、混雑の解消やパソコンへの負荷を軽くする上でハードフォークが少なからず役立ちました。

取引所で新しい仮想通貨を受け取れることがある

仮想通貨を預けている取引所によっては、ハードフォークが起こった際に持ち主に新しく生まれたコインを提供しています。

このような取引所を利用していると、新たに自分で購入をしなくてもハードフォークで生じた仮想通貨を手に入れることができます。
したがって、ハードフォークがありそうな仮想通貨を持っている場合は、取引所のルールを確認してから保管先を選ぶのがベストでしょう。

ハードフォークの前後は取引がスムーズにいかなくなることも

ハードフォークの際には、仮想通貨の取引に携わるサービスでも様々なアップデートを行います。こういった時期は仮想通貨の取引に時間がかかるのはもちろん、ネットワークに不具合が生じてくることがあります。ハードフォークの予定が分かっているときには、早めに必要な手続きを済ませておいた方が良いでしょう。

仮想通貨ライトコイン(Litecoin/LTC)のハードフォークはいつ?これまでの経緯や新通貨のご紹介!

ライトコインは、Googleの社員だったチャーリー・リー氏が開発を手掛けた仮想通貨です。ビットコインをベースにしているため、プログラムにもビットコインと共通点があります。ライトコインの場合も2018年にハードフォークがあり、新しい仮想通貨が誕生しました。

2018年2月のハードフォークでライトコインキャッシュ(LitecoinCash/LCC)が誕生

ライトコインは、2018年2月にハードフォークが行われています。このハードフォークで誕生したのが、ライトコインキャッシュ(LCC)です。ライトコインのハードフォークは、予定が発表と同時にインターネット上でも話題になり始め、仮想通貨のファンからも注目を浴びていた経緯があります。

1LTC対10LCCの割合になった2018年のハードフォーク

こちらの2018年のハードフォークは、ライトコイン(LTC)とライトコインキャッシュ(LCC)が1対10の割合です。したがって、1つのライトコインを持っている方は、10のライトコインキャッシュが受け取れるという計算になります。

ハードフォークが発生したのはブロック数が1371111に達したとき

ライトコインのハードフォークは、ブロック数が1371111になった時点で発生しました。このライトコインのように、ブロック数が一定の数に達したタイミングで発生するのが、仮想通貨のハードフォークの特徴です。
ビットコインやイーサリアムなども、予定のブロック数を超えた時点でハードフォークが発生しています。

最大発行枚数が多いのがライトコインキャッシュ(LitecoinCash/LCC)の特徴

ライトコインキャッシュの最大発行枚数は8億4000万LCCとなっており、比較的流通量が多いのが特徴になっています。ブロックチェーンが完成するまでの所要時間も2分から3分程度と短いため、余り待たずに取引を行える仮想通貨です。ちなみに、ライトコインキャッシュのマイニングのアルゴリズムには、SHA256を採用しています。

2017年12月から着々とプランがスタートしていた

このライトコインキャッシュについては、2017年12月の段階で既にプランがありました。2018年1月に運用のためのテストなどを実施し、2月にハードフォークのお知らせ、というのが今回のライトコインのハードフォークの流れです。当初の予定通り、2018年2月の中旬にハードフォークがあり、ライトコインキャッシュは正式に市場に出回るようになりました。

ちなみに、2018年2月、3月にはライトコインキャッシュのウォレットがリリース。2018年5月以降も、モバイルウォレットやハードウェア用のウォレットなどが続々と登場する予定です。ライトコインやライトコインキャッシュの今後のハードフォークについてはとくに発表がないため、以後の動向については引き続き状況を見守る必要があるでしょう。

仮想通貨ライトコイン(Litecoin/LTC)、ハードフォークの際にはタイミングを読んで行動しよう!

今回取り上げたライトコイン(LiteCoin/LTC)のようにハードフォークの予定があるときには、タイミングを読んで行動するのがベストです。このようなときには噂やデマも流れることがありますので、信頼性の高いサイトなどを参考にして慌てずに行動しましょう。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

ITDAYS(ビットデイズ)は「新しい経済にワクワクしよう⚡」をコンセプトに仮想通貨やブロックチェーン関連のカルチャーWEBメディアです🖥国内外の話題のニュースや最新情報を毎日発信中しています📰
PAGE TOP