BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

仮想通貨モナコイン(MonaCoin/MONA)はしっかり管理!おすすめのウォレットは?

取引所で入手したモナコインを手元で管理するなら、ウォレットが便利です。ウォレットにはいくつか種類があるので、自分の用途に合わせて選んだり、使い分けたりすることも可能です。まずはそれぞれのウォレットの特徴を知って、安全に管理するポイントをおさえておきましょう。

仮想通貨モナコイン(MonaCoin/MONA)について詳しくはこちら

モナコインを管理できるウォレットの種類

ウォレットは人によって使い方が異なります。セキュリティを重視したい人もいれば、手軽さを重視する人もいます。何を重視するかによって、選ぶべきウォレットも違ってくるので、安易に選ぶのは禁物です。
まずはそれぞれのウォレットの特徴を知って、どのウォレットが自分に適しているか検討してみましょう。

デスクトップウォレット

デスクトップウォレットとは、パソコンにソフトをダウンロードして保存するタイプのウォレットです。モナコインを管理できるデスクトップウォレットには、公式で配布されている「Monacoin core」や、有志が制作した「Electrum-mona」などがあります。

①Monacoin core

Monacoin coreはモナコインの公式ウォレットです。パソコンなどのデバイスにダウンロードすれば利用可能です。公式が配布しているウォレットということで信頼性が高く、ほとんどのOSに対応しているので、利便性も高いです。

2段階認証の設定など最低限のセキュリティもあるので、普通に使っていれば安全です。利用する際に料金なども発生しないので、保管する際にコストもかかりません。

②Electrum-mona

Electrum-monaは、公式が承認しているモナコインのデスクトップウォレットです。過去のブロックチェーンをダウンロードする必要がなく、容量も小さくて済むので、気軽にダウンロードすることができます。

ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットとは、「秘密鍵」を内蔵した外部デバイスのことです。外部デバイスそのものにモナコインを管理するのではなく、仮想通貨のアドレスへアクセスするために必要な秘密鍵を保存することができます。モナコインを管理できるハードウェアウォレットには、「Trezor(トレザー)」などがあります。

Trezor(トレザー)

TREZOR(トレザー)はUSBを用いたハードウェアウォレットです。モナコインの他にも様々な仮想通貨に対応可能で、デスクトップウォレットなどと連携して保管することになります。

ウェブウォレット

ウェブウォレットは、ウェブサイト運営者のサーバー内でウォレット管理するウォレットです。一度ウェブサイトに登録しておけば、簡単にアカウントが管理できるので、頻繁に取引する際に便利です。パソコンだけじゃなく、スマホやタブレットなどからもウォレット操作ができるため、いちいちパソコンを持ち運ぶ手間がかかりません。

モナコインを管理できるウェブウォレットには、「Monappy(モナッピー)」や「Askmona(アスクモナ)」、「もにゃ」などがあります。

①Monappy(モナッピー)

Monappyは、モナコインを利用できるポータルサイトです。ポータルサイトですが、ウェブウォレットの機能がついているので、ウォレットとしても利用可能です。利用者同士は送金手数料がかからず、送金にメッセージを添付できるなどの特徴があります。

②Askmona(アスクモナ)

Askmonaはモナコインに関する掲示板ですが、モナコインを送り合うことができるので、ウォレットとして利用することもできます。掲示板上で役に立った回答にモナコインが送れたり、逆にもらえたりできます。

③もにゃ

もにゃは、メールアドレスの登録が不要なウェブウォレットです。Android版やiOSにも対応しており、直感的な操作が可能なので、管理するのに手間がかかりません。Zaifと連携しているため、決済手段として利用することもできます。

モバイルウォレット

モバイルウォレットは、携帯に適したウォレットです。手持ちのスマホにアプリをインストールすれば、いつでも好きな時に操作できるので、携帯性のほか機能性にも優れています。モバイルウォレットを利用するときは、他のモバイルアプリと同様に「App store」や「Google Play」からダウンロードしてインストールします。モナコインを管理できるモバイルウォレットには、前述した「もにゃ」や「Coinomi Wallet」などがあります。

Coinomi Wallet

Coinomi Walletはモナコインをはじめ、ビットコインやイーサリアムなど多くの通貨に対応可能なモバイルウォレットです。公式から推奨されているモバイルウォレットなので、安心して利用できるメリットがあります。

ウォレットを使うときの注意点


モナをウォレットで管理するときは、いくつか注意すべき点があります。

操作ミス

同期・復元中にパソコンの電源を落としたり、アプリを終了したりしてしまうと、処理が正確に実行されません。
待てずに焦って途中で作業を終了してしまうと、ウォレットのデータに傷を負う危険もあるので注意が必要です。同期・復元に時間がかかることもありますが、辛抱強く待つことが大事です。

送金先アドレスを間違える

モナコインを送る際に間違えて他の仮想通貨のアドレスに送ってしまうことがあります。送金処理を行うときは必ず再確認をしましょう。仮想通貨のアドレスにはそれぞれ特徴があるので、事前に覚えておくと間違えるリスクを軽減できます。

パスワードを忘れる

ウォレットのパスワードを忘れてしまうと、永久にウォレットにアクセスできなくなります。ウォレットにアクセスできなくなると、資産を引き出すことができなくなるので、パスワードを忘れずにきちんと管理しましょう。パスワードをどこかにメモしておく場合、メモした紙をなくさないように、くれぐれも注意しましょう。

秘密鍵を誰かに知られる

ウォレットを管理するのに気をつけたいのは、秘密鍵の扱い方です。秘密鍵があれば、自分以外の人でもウォレットをオープンして、送金することができてしまいます。

秘密鍵を誰にも知られないように厳重に保管することも大事ですが、バックアップすることも大事です。秘密鍵を他人に教えることはやめましょう。もし知られてしまった場合は、すぐに別のウォレットに仮想通貨を送金して自分の資産を守りましょう。

ウォレットのアップデートを忘れる

ウォレットのアップデートを忘れたり放っておいたりすると、もらえるはずのモナコインが受け取れないこともあるので注意が必要です。ウォレットのアップデートは必ず行い、常に最新バージョンに保つように気をつけましょう。

バックアップをしない

パソコンを使ってウォレットを管理する場合、ウイルスに感染したり壊れたりするリスクがあります。万が一の事態に備えて、必ずバックアップを取っておきましょう。バックアップを取っていれば、ウォレットを復元することができます。

モナコインの管理に自分で責任を持とう


モナコインを管理できるウォレットは、デスクトップウォレットやハードウェアウォレットなど様々な種類があります。まずは各ウォレットの特徴を理解して、自分にあったウォレットを慎重に選びましょう。どのウォレットを使うにしても、自分の資金を守ることができるのは自分だけです。モナコインの管理に自分で責任を持ち、安全に管理する意識を持ちましょう。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP