BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

投げ銭ブームを作った国産通貨モナコイン(MONA)。特徴や価格、将来性、取引所は?

ビットコイン(BTC)をはじめとする仮想通貨は、海外を中心に開発されています。日本ではまだ普及し始めたばかりというイメージがありますが、実は日本生まれの仮想通貨もあるんです。
その名も「Monacoin(モナコイン)」。
今回は「モナコイン(MONA)」の特徴や価格、将来性についてお話します。

仮想通貨モナコイン(MONA)の特徴とは?

日本の電子掲示板2ch(2ちゃんねる)から生まれた

「Monacoin(モナコイン)」は、日本最大の電子掲示板「2ch(2ちゃんねる)」のソフトウェア版から生まれた仮想通貨です。元々、掲示板の質問に回答するともらえるコインとして開発されたそうです。名前の「モナ」は、2ちゃんねるを代表するアスキーアートキャラクター「モナー」から由来しています。
2013年12月に公開され、2014年1月に流通がスタートしました。通貨単位は「MONA」です。ビットコイン(BTC)の発行枚数の上限は2,100万枚ですが、モナコインの上限は約5倍、1億512万枚です。モナコインは、ライトコイン(LTC)と同じベースを利用しています。管理者がいない点やマイニングができる点が共通していますが、バージョンアップを繰り返しているため、今は独自の形に進化していると言えます。

メリットは「Segwit(セグウィット)」実装による処理速度

モナコインの特徴として挙げられるのが、取引スピードです。
ビットコイン(BTC)は送金に約10分の時間がかかると言われていますが、モナコインの処理速度は約90秒です。ベースとなっているライトコイン(LTC)でさえ、送金には約150秒かかるので、かなり優秀だと言えるでしょう。
この処理速度というのは、ブロックの生成サイクルによって決まります。モナコインは「Segwit(セグウィット)」を実装しており、取引処理を軽くする仕様になっているため、これだけ早いのです。ここがビットコインとの違いです。

最大の特徴は手軽さ。投げ銭としての使える

モナコインはその手軽さゆえ、代表的な使い道として「クリエイターへの投げ銭」という形があります。インターネット上で人気の「ニコニコ動画」や「pixiv」などのコンテンツにおいて、気に入った作品を評価したり、クリエイターを応援したりする際に寄付としてモナコインを送金するのです。評価以外にも動画や絵の宣伝をしてくれた人へのお礼、絵を描いてもらった報酬としても利用されています。つまり、モナコインは投機的な性質よりも、実生活で使うお金の延長線上というイメージになるでしょう。

仮想通貨モナコイン(MONA)に将来性はあるの?

モナコインの市場は、現時点ではまだ日本に限定されがちです。
海外の人が利用しているケースもありますが、やはり仮想通貨で最大の利用者を誇るビットコインと比べればまだまだ成長段階でしょう。
しかし、最近ではモナコインで決済ができる店舗も増えているようです。例えば、秋葉原のパソコンショップ アーク天空のメイドカフェ「プリモプリマ」が有名です。
また、モナコインを支持するコミュニティによって、秋葉原にある巨大ディスプレイにモナコインのプロモーション動画が流されたこともありました。モナコインは熱狂的なコミュニティに支持されているのも印象的です。
今後は世界に向けて発信していくことで、さらに価値が上昇することも考えられます。今よりもっと注目を集める日が来るかもしれません。

仮想通貨モナコイン(MONA)の現在価格は?

モナコイン(MONA)の時価総額は約560億円となっており、ランキングでは90位前後に位置しています。取引価格は、2018年1月10日時点で1MONA=約1,030円です。

モナコイン(MONA)は2017年9月まで数円~数十円という安価な仮想通貨でした。同年11月の時点でも1MONA=約500円でしたが、12月に入ると一気に価格は高騰し、最高で2,000円近くにまでなりました。その後はしばらく1,000円台をキープしていますが、3ヶ月前と比べて約2倍に成長したことになります。

仮想通貨モナコイン(MONA)を取り扱う取引所は?


日本円でモナコインを購入できる仮想通貨取引所は、2018年1月10日現在で以下の通りです。

bitFlyer(ビットフライヤー)
豊富な資金力で安心の国内最大手。
Zaif(ザイフ)
手数料が格安。仮想通貨の積み立てもできる。
bitbank(ビットバンク)
最大のメリットはアルトコインの取引手数料が無料。

BitTrade(ビットトレード)
コールドウォレットで管理されるためセキュリティー面で安心。
フィスコ仮想通貨取引所
ジャスダックに上場している株式会社フィスコが母体なので安心。

 

その他、海外の取引所でもモナコインの取り扱いはあります。
Bitrex(ビットレックス)
アメリカの大手仮想通貨取引所。アルトコインは120種類以上。
Livecoin(ライブコイン)
イギリスの大手仮想通貨取引所。マイナーなアルトコインの取り扱いが豊富。

 

それぞれの取引所によって手数料や取引枚数が異なるので、登録する際には十分な情報収集が必要です。日本国内の取引所を利用する場合でも、海外の仮想通貨情報について把握しておくといいかもしれません。

応援したくなる!日本で生まれたモナコイン(MONA)の今後に期待

約1,000種類あると言われる仮想通貨の中で、モナコインは、貴重な国産の仮想通貨です。「投げ銭」として使われることが多いようですが、かなりポテンシャルの高い仮想通貨であると言えます。
オタク文化の聖地、秋葉原を中心にモナコインを利用できる店舗は増えており、今後も普及していくことが期待できるでしょう。取引速度が速いのは実用的なメリットですし、利用者が増えていけば、その価値は高騰します。
すでに熱狂的なコミュニティができているように、日本人ならついついモナコインを応援したくなりますね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!

この記事に関連するタグ

PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial