BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

仮想通貨モナコイン(MONA)をマイニング!通貨を生み出して報酬を得るには?

猫のアイコンでもお馴染みの仮想通貨モナコイン(MonaCoin/MONA)は、日本発というだけあって国内で人気の仮想通貨です。このモナコインを入手したい場合、仮想通貨取引所で購入する以外にもマイニングという手法で入手することもできます。
今回は、モナコインのマイニングについて解説します。

そもそもマイニングとは?

よく仮想通貨界隈で耳にするマイニングという単語ですが、そもそもマイニングとはどういう意味なのでしょうか。仮想通貨は今現在どんどん発行されている最中であり、そのシステムを構築する中で、個人がそのプロセスに協力し、その対価としてモナなどの仮想通貨を受け取ることをマイニングと言います。

また、マイニングは、モナだけに限った話ではなく、モナ以外のあらゆる仮想通貨を理解するためにも必要になってきます。

マイニングで仮想通貨を入手するメリットとは?

一度投資してしまえば、ずっとマイニングできる

仮想通貨をマイニングするメリットは、なんといっても、マイニングに必要な機材さえ最初に購入してしまえば、半永久的に電気代以外は無料で仮想通貨をマイニングし続けることができるということです。

これはいわば不労所得ということができます。よって特に電気代の安い地域にて自分でマイニングを行うことは、非常にメリットが大きいということができます。日本国内でも、しっかりとマイニングする通貨を見極めることで、収益に結びつけることが可能です。

マイニングのリスクとは?

しかし、仮想通貨マイニングには、リスクも存在します。各仮想通貨には、マイニングアルゴリズムというものが存在しています。例えば、有名なビットコインでしたら、SHA-256と呼ばれるマイニングアルゴリズムを採用しており、今回のモナコインは、Lyra2REv2と呼ばれるマイニングアルゴリズムが採用されています。

マイニングを行うためには、以下で説明するように、ASICやGPUといった、各種の集積回路を用いて計算問題を解く必要がありますが、各集積回路は、それぞれが対応しているマイニングアルゴリズムの仮装通貨しかマイニングすることができません。

それゆえ、ハードフォークなどといった、仮想通貨の分裂やアップデートによって、マイニングしようとしていた仮想通貨のマイニングアルゴリズムが変更されれば、そのために購入したマイニング機材が、そのコインをマイニングできなくなります。

このようなリスクもあるので、マイニングの機材を購入する際には、自分がマイニングしようと考えている仮想通貨の開発のロードマップ等を、その通貨の経営者のSNSや、ホームページのホワイトペーパーと呼ばれる事業計画書のような情報から事前にリサーチしておくことが非常に重要です。

マイニングを始めるために必要な物とは?

マイニングに必要な準備について

マイニングとは先ほども述べた通り、仮想通貨のシステム、細かい説明をすると、全世界にまたがるブロックチェーンにてトランザクション情報を書き込む作業になります。
そのプロセスにて、非常に複雑な計算をする必要があります。

仮想通貨の種類によっては、専用のASICと呼ばれる特定の通貨のマイニングのためだけに使用される集積回路であったり、また計算が簡単な場合でも、高性能なパソコンが必要になったりする場合が多いです。

しかし、逆にこれらのパソコンもしくはASICを最初に購入してしまえば、あとは基本的にマイニングに必要なもので特に新しく購入する必要のあるものはありません。他に必要なものとして、しいて言うならば、マイニングによって得られたモナコインを保管するための、ウォレットに登録しておくことでしょう。ウォレットとは仮想通貨を保管するためのサービスです。

マイニング後にウォレットを使う重要性

多くの仮想通貨の売買を行なっているトレーダーが抱える一番大きなリスクは、この仮想通貨の保管方法の脆弱性にあります。ウォレットを用いることは、仮想通貨を保有する上で非常に重要です。

というのも、以前に仮想通貨業界を一新させたコインチェックの不正出金事件で被害を受けた人々は、自身が保有する通貨を取引所内に保管していたため、取引所がハッキングされ、盗難されました。取引所はこのように、多量の通貨が集まるため、ハッキングの標的になる可能性が非常に高いです。それゆえ、自分のコインは自分のウォレットで保管することで、ハッキングのリスクを大いに下げることができます。

ウォレットを使う際の注意点

一方で、ウォレットを使う上で、気をつけなければならないこともあります。
それは、自分のウォレットの情報を絶対に忘れないようにするということです。仮想通貨を保管するためには、基本的に「アドレス」と呼ばれる個人情報を二種類管理することが必要です。

一つは公開アドレス、もう一つが秘密鍵と呼ばれるものです。後者の秘密鍵と呼ばれる、アルファベットと数字で構成される文字群は、自分のウォレットから通貨を出金する際に必要になってきます。

逆にいうと、この秘密鍵をなくすと、一生そのウォレットの中の仮想通貨を引き出すことはできなくなってしまいます。
それゆえ、有名なトレーダーたちは、これらの個人情報を何重にも保存しています。一つはパソコンの内部に情報として保存する形、そしてもう一つは、その秘密鍵を紙に印刷し、金庫の中で保管する形です。

紙で保管することによって、基本的に仮想通貨はパスワード等が存在しないため、その秘密鍵のみがあれば、出金することが可能です。
また、その情報の所在を、万が一自身が死亡した際に資産を譲渡する人物に事前に教えておくことで、仮想通貨の相続ができなくなるということを防ぐことができます。

実践!マイニングの方法とは

実際にどうすればマイニングができるのでしょうか。一般的にはゲーミングパソコン等に搭載されているGPUと呼ばれるグラフィック向けの集積回路を用いることが殆どです。
また、「GPUマイニング」と呼ばれるマイニングなどでは、基本的にプールマイニングと呼ばれる、他人と協力してマイニングを行う方法が一般的です。

現在マイニング業界には多くの企業が参入しています。
したがって、個人のパソコン等が一台でマイニングに参入しても、基本的に難易度が高すぎるため、報酬に結びつきません。
そのため、プールマイニングと呼ばれるサービスを利用するのがいいでしょう。

他の協賛者と共同でマイニングを行い、得られた報酬を山分けすることで、個人の計算量が少なくても、形のある報酬にすることが可能です。モナコインならば、「モナコインプールマイニング」等で検索をかけると、VIP POOLといったプールマイニングサービスがヒットしますので、パソコンさえあればそこからモナコインのマイニングを開始することができます。 

モナコインをマイニングしてみよう!


モナコインは近年ニュースにも取り上げられるようになってきており、注目の集まってきた仮想通貨の一つであると言えます。よってこれからより価格が上昇していく可能性も見込めます。モナコインはGPUマイニングが一般的ですが、CPUでも一応マイニングに参加すること自体は可能となっているので、各家庭用に普及しているような低価格帯のパソコンでも、プールマイニングを利用すればマイニングに参加することができます。
したがって、まずは仮想通貨のマイニングをしてみたいといった方や、これからのモナコインの価格の上昇を予想してモナコインを集中的にマイニングしてみることも、一つの手ではないでしょうか。 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!

この記事に関連するタグ

PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial