BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

仮想通貨Bankera(バンクエラ/BNK)の特徴、価格、将来性は?

近年、インターネットの普及により、急速にデジタル社会へと移り変わろうとしています。
私たちの身近なものもデジタル化しており、その動きは金融事業にも見受けられす。ブロックチェーン技術の登場により、ビットコインなどの仮想通貨を用いてお金もデジタル化することが出来るようになりました。

日本も含め世界中の銀行で、ブロックチェーン技術を金融業界のあらゆる分野に導入し改革を起こそう、という動きがみられ始めています。
しかし、多くの研究者は、送金や貸出など特定の金融サービスや商品の変革に集中する傾向にあります。
新規参入者が競争を優位に進めていくことは安易ではなく、巨財な資金を持つ既存の銀行は、存続を維持するため同じようなサービスの提供に力を入れ対抗しています。

Bankera(バンクエラ/BNK)は、ある一定の金融サービスに集中するのではなく、ブロックチェーン時代のための銀行を立てることをビジョンに持ち、決済やローン、通貨両替、投資など全ての金融サービスを一ヵ所にまとめようとしています。

今回はブロックチェーン技術を用いて銀行のシステムを変えようとするBankeraについて解説します。

仮想通貨Bankera(バンクエラ/BNK)の概要と特徴

Bankera(バンクエラ/BNK)とは

Bankeraとは通貨の名前ではなく企業名を指し、仮想通貨両替所・販売所であるSpectroCoin(スペクトロコイン)Bainance取引所を運営、通貨であるBanker(バンカー/BNK)を発行しています。Bankeraはブロックチェーンなどのテクノロジーを用いてカウンターパーティー(仲介業者)を取り除くことで、商品を利用するユーザーの銀行業務コストを削減する、ブロックチェーン時代のために銀行同様のサービスを提供しようとしています。

現在、既存の銀行業務システムは、仲介者が間に入る中央集権的な仕組みになっていますが、Bankeraはブロックチェーン技術を活用し、非中央集権的な銀行システムを作り提供することを試みています。

銀行というと、「リップルと競合するのでは」と思われがちですが、Bankeraはむしろリップルの送金システムを取り入れる予定なので、協力するという言い方の方が正しいでしょう。

Bankeraの特徴

Bankeraは往来の銀行サービスをブロックチェーン技術を使い提供しようと考えています。

  • デビットカード
  • 決済代行
  • 貯金
  • ローン
  • 支払口座
  • 投資信託

など

利息・配当が貰える

Bankeraの仮想通貨であるBankeraトークンを持つことにより、Bankeraの業務で得られた手数料収入やローンの金利収入などの純利益の20%が、Bankerトークンの所有者に、その持ち分に併せて毎週案分されます。
よく分配金や利息と呼ばれていますが、利息と言うよりかは株式(株券)の配当金みたいな感じに近いです。

SpectroCoin(スペクトロコイン)

BankeraはICO前に事業が動いています。
Spectrocoin(スペクトロコイン)は、両替機能と仮想通貨対応のデビットカードを発行するフィンテック企業で、仮想通貨の交換所としての機能も果たしています。本社はリトアニア、2013年から暗号通貨業界に参入しました。

このデビットカードは、SpectroCoinの口座にビットコインをデジポットし決済に使用できましたが、Wave Crest Holdings社が仮想通貨関連のカード発行を禁止したため、現在Spectrocoinのデビットカードも停止しています。

現在、SpectroCoinは別の発行会社と連携し、新しいカード発行に動いています。次に発行されるカードの対応国は226ヵ国にも及ぶそうです。
ソース

ウォレット

二段階認証が搭載され、99%コールドウォレット管理されています。
対応通貨は以下の通貨になります。

  • ビットコイン(BTC)
  • ネム(XEM)
  • イーサリアム(ETH)
  • ダッシュ(DASH)
  • バンクエラ(BNK)

BNKが保有できる唯一のウォレットです。

両替機能

Bankeraの保有する暗号通貨と法定通貨を交換することができ、一部の法定通貨同士での交換も可能です。

Bankera仮想通貨取引所

Bankeraが提供する自社取引所です。
BNKトークンの流動性を上げるために設立されました。この取引所の特徴は、BNK建で取引をすると、全ての仮想通貨の売買取引手数料が無料になるという点です。
現在はβ版でのリリースになっており、ロードマップ上を見る限るSpectroCoinへBankeraが上場した後に上場する予定となっています。
*(β版は現在メンテナンス中です)。

仮想通貨Bankera(バンクエラ/BNK)の将来性は?


Bankeraが進めるプロジェクトは壮大で細やかな計画が必要ですが、次世代のデジタルバンクを作る上で3つの柱をICO開始前に築いています。

  • 資本:資金拡大や取引サイクル、規制を満たすために必要
  • 規制:金融機関にとってライセンスは欠かせない
  • テクノロジー:ブロックチェーン時代のための最先端の技術開発

バンクエラはICOを開始する前に、これらの最小限のレベルで準備をし、ICOなどを経てさらにこれからの基盤を強化しようとしているのです。

アドバイザーにNEM財団のロン・ウォン氏が就任

BankeraではNEM.io財団の代表取締役社長であるロン・ウォン氏がアドバイザーに就任しています。ロン氏はNEMブロックチェーンプロジェクトを先駆ける中心人物です。実績としっかりとした地位を持っている人がチームに加わっているだけで信頼度は高いです。  

Bankeraロードマップ


今後、2018年中にBNKトークンを取り扱うBankera取引所が開始。
2019年前半には銀行ライセンスを取得し、融資や貯金などのバンクング機能が実装予定です。
また同年後半に、上場投資信託(ETF)や暗号トークン投資ファンド、ロボアドバイザーなどの投資関連サービスを提供し、2020年に新たな通貨の提供を行う予定となっています。
この時点で銀行とさほど変わらない機能が備わるので、ロードマップ通りプロジェクトが進めばかなり期待が持たれると思います。

仮想通貨Bankera(バンクエラ/BNK)の価格は?

Bankeraは上場後1BNKあたり1.1~1.2円程の水準で取引されています。
プレセールICOでは1BNK1.3円程だったのでICOで購入してなかった人に対しては元本割れとなります。
プロジェクト自体は良い案件ですが、昨今のICO市場は、規制の影響を受けてか2017年と違い、良い案件でも元本割れする通貨が多く見られます。

2018年7月18日(現在)、1BNK:0.62円あたりを推移。価格を大きく落としています。
デビットカードの停止、Bankera取引所延期などプロジェクトの進行に延滞を起こしている点が要因と挙げられます。
今後、価格を上げるためにもロードマップに記載された内容を、実現に向けて進めて行くことが重要とされます。

仮想通貨Bankera(バンクエラ/BNK)を取り扱う取引所は?

現在、Bankeraを取り扱っている取引所はイギリスに登録されているHitBTCです。
世界の取引ランキング上位に位置し、取り扱い通貨も250銘柄以上ある大手取引所です。

仮想通貨Bankera(バンクエラ/BNK)の評価は?

前向きな口コミ

バンクエラ今後はNEMで配当を受け取る事も出来るようになるみたいですね。ETHで貰えてたんもかなり嬉しかったけど、主要通貨で配当配当を受け取れるというのは、かなりの強み。

そういえば、先週Bankera買ったけど、本当に配当貰えるんだね。
日本円は握ってるだけじゃ他の通貨貰えないから日本円持っているの勿体ない?

やはり配当という形でボーナスが入る事に対し良く思われている方が多いようです。
受け取れる通貨も、ETH、NEMでも受け取れる見たいなので、保有者としては嬉しいところではないでしょうか。

後ろ向きな口コミ

Bankeraのアフィリエイトは10%だから、皆が良いと言っているのでは…
ICOは基本的に相当良いもの(先進国の上場企業グループが主導など)以外は難しいと思います。

バンクエラはよく詐欺とか言っている人いるけど、取引所はあるし実態があるだけで他の仮想通貨より良いと思う。ただし、ICO3ヵ月延長は酷い。

実装前は詐欺と言う声もありましたが、利息が配当されはじめトークンボーナスは機能されていることで、現在はあまり良くない評価は見当たらなくなりました。

銀行業務ライセンス取得予定のBankeraに期待!


Bankeraのロードマップでは、2019年の初頭に銀行業務ライセンスを取得し、融資やローンのサービスを開始すると書かれています。
これが実現すれば、銀行業務のサービスを効率よく行う事ができるので、広い地域で利用される可能性があり、通貨の価格にも大きく反映するでしょう。
また、利息・配当も増加しますのでBankeraの人気も高まるのではないでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ぼ~ぬん

ぼ~ぬん

2006年、カルト・ブルーを取得にてフランス・ブルゴーニュのbeauneに1年間勤務。 不動産投資の経験あり。2016年6月、仮想通貨トレードに参入。趣味はワイン・食・節約。 仮想通貨については値動きも気になりますが、ブロックチェーン技術の広がり、未来に大変興味があります。
PAGE TOP