BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

仮想通貨の「バーン(burn/焼却)」とは?一体何が起こる?

アルトコイン取扱い通貨種類・国内No.1※

人気の通貨7種類で大きなリターンが狙えるレバレッジ取引 新規口座開設完了で1,000円もらえるキャンペーン実施中

※2018年6月現在、国内取引所のWEBサイト調べ。

仮想通貨の取引をしていると「Burn(バーン/焼却)」という言葉を見聞きする機会が少なくありません。
一体どんな意味で、どんな役割や効果があるのか確認していきましょう。

「Burn(バーン/焼却)」とは?

「Burn(バーン)」とは、英語を直訳すると「焼却」、つまり、「燃やす」ことを意味します。
仮想通貨では紙幣を燃やしてなくすことになぞらえ、既に発行した仮想通貨の枚数を減らすことを意味しています。

仮想通貨を燃やすって一体何?

仮想通貨を燃やすとは一体どういう意味なのでしょうか。
行うのは仮想通貨の発行元や運営元であり、市場に出回っている通貨量を減らすことで仮想通貨の価値を上げるという目的があります。
これに似たことは法定通貨においても行われているので、それをイメージすると分かりやすいかもしれません。

たとえば、景気が加熱して物価が上がり、法定通貨の価値が下落しているような場合、中央銀行は燃やすのではありませんが市場から通貨を引き上げ自らの保有額を増やすことで供給量を減らして、通貨価値を上げるといった金融政策を発動します。
外国為替市場においても為替レートの動向を調整するために、国が政策を発動することも少なくありません。

こうした通貨価値の操作を目的に行われる点では、仮想通貨のBurnも同様に考えられます。
具体的にはBurn専用のウォレットを用意し、減らしたい量の仮想通貨を専用ウォレットに入れ、ウォレットが利用できる秘密鍵が誰も分からないようにしてしまし、事実上の出し入れができない状態にすることを意味しています。

バーン(焼却)された仮想通貨の保有者はどうなる?

この点、事実上使えなくなるのはバーンを実施する発行元や運営元が保有していたものであり、その仮想通貨の保有者のウォレットからある日突然消えてしまうことはありません。
そのため、保有者の保有量や枚数に変化はありませんが、市場価格が上昇することになります。

なぜなら、市場全体に出回っている仮想通貨の量が減るので希少性が高まり、市場価値が上昇するわけです。
投資目的で利用している方にとっては価格上昇時に売れれば利益が出ますし、そのタイミングで決済などに使えばお得に商品などが買えます。
また、直前に焼却情報を入手し実施前に価格が安い段階で購入し、通貨量が減って価格が上がったタイミングで売却できれば、短期で利益を上げることもできるでしょう。

発行元としては希少価値を上げることで、投資家から積極的な購入を促し、資金量を増やしたいという意図もあります。

実際にバーン(焼却)された仮想通貨はあるの?

この点、BNB(バイナンスコイン)の発行元であるBinanceは四半期ごとに投資家から営業利益の20%のレートでBNBを購入して定期的に焼却を行っています。
投資家が保有しているBNBの相対的な価値を上昇させることで収益の一部を還元し、投資家にとって魅力ある価値をキープしているのです。

TRX(トロン)の発行元であるTRON財団では、2018年6月25日のメインネット移行というイベントを記念して、現在のレートで5,000万$(約55億円)に相当する10億 TRX のバーンを行うことを発表し、投資家から資金を集めるための魅力づくりを行っています。

また、2017年9月1日にバーンを実施することが発表したTrigeersでは、実施の発表によって市場価格が上昇しはじめ、実際に実施された9月14日の2日前には過去最高値を記録しました。
一方、実施日には市場価格が一時的に急落しているので、売買で利益を得たい方は仮想通貨のバーン情報に敏感になりましょう。

怖がらないで!仮想通貨のバーン(焼却)

仮想通貨のバーンとは既に発行されている仮想通貨の量を減らすことを意味します。
減らす対象は発行元や運営元が保有しているものが基本で、専用のウォレットに閉じ込める方法を採ります。
保有者の保有枚数や量には関係がなく、急に消えてしまうことはありませんが、市場流通量が減ることで市場価値が上がるメリットがあるため、タイミングを図って売買をするのがおすすめです。

この記事に関連するタグ

アルトコイン取扱い通貨種類・国内No.1※

人気の通貨7種類で大きなリターンが狙えるレバレッジ取引 新規口座開設完了で1,000円もらえるキャンペーン実施中

※2018年6月現在、国内取引所のWEBサイト調べ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP