BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

国産の仮想通貨NANJCOIN(なんJコイン/NANJ)の特徴、価格、将来性は?

皆さんは5chなんでも実況J版という場所をご存知でしょうか?
○○ンゴ、おはD、草(笑うこと)、ワイ氏など、Twitterの一部で見かけるスラングを生み出し続ける有名な5ch板です。
NANJCOINはこの5ch上のスポーツ好きのコミュニティから作られた国産の仮想通貨です。

※NANJCOINを誕生させたのは「なんJ」に集った人々であって、2ちゃんねる運営元や旧2ちゃんねるを移行した5ちゃんねる運営元は一切関与していないとのこと。

2018年1月に、コミュニティ内のイッチと呼ばれる人物の「仮想通貨を作った」という書込みからNANJCOINは始まりました。
その書込みを見た、なんJに居座る「なんJ民」や「Jボーイ」と呼ばれるスポーツ好きなメンバーが集まり、仮想通貨の活用方法を議論された結果、大好きなスポーツの世界に貢献するシステムを作る事が決定されたのです。

今回は、Twitterでも話題のNANJCOINについて解説します。

仮想通貨NANJCOIN(なんJコイン/NANJ)の概要と特徴

NANJCOIN(なんJコイン/NANJ)概要

 

        通貨名

NANJCOIN

           通貨単位

NANJ

                         発行日

2018年1月18日

                      発行上限数

30,000,000,000NANJ

             トークン割合

オープン戦/マーケティング/開発費/運営チーム

60%/15%/15%/10%

         ロックアップ期間

2018年5月1日から1年間

             アルゴリズム

Ethereum(ERC223)

                               DISCORD

discordapp.com

             Twitter

twitter.com/nanjcoin

             公式ページ

nanjcoin.com

                           取り扱い取引所

CoinExchange

            ホワイトペーパー

https://nanjcoin.com/white_paper.pdf

ERC223トークンの特徴

イーサリアムの機能を使って発行できるトークンの規格で、最も普及しているERC20規格の互換性を保ちながら欠点を補い性能を上げたものになり下記のような特徴があります。

  • 誤ってコントラクトアドレスへ送金した場合トークンが移動できなくなってしまうERC20の欠陥を改良
  • コントラクトアドレスへの送金手数料はERC20の半額
  • Airdropのための機能が実装され、手数料抑えつつ配布を行うことが可能
  • AirDrop機能は、NANJホルダーなら誰でも使える
  • アドレスの凍結機能により悪質なユーザーのアドレスを凍結
  • ロックアップ機能により、運営が保有するトークンを一定期間ロックアップしNANJCOINの価値を担保
  • NANJ COINはBurnにより発行量を減らす機能も、Mintにより増やす機能も実装されている

*Mintについては永久的に無効にする事も可能

NANJCOIN(なんJコイン/NANJ)の特徴

NANJCOINは日本で開発・運営されている通貨のため、英語が必須に近い仮想通貨界隈の中では初心者でも触れやすい通貨で以下のような特徴があります。

AirDrop機能

ERC223により、NANJ COIN保有者は誰でもAirDropを行う事ができます。
AirDropにより、複数人同時に迅速に手数料を抑えつつ配布する事が可能。

アドレスの凍結とロックアップ機能

悪質なユーザーのアドレスを凍結したり、運営が保有するトークンを一定期間ロックアップすることが可能です。
運営の保有するトークンをロックアップすることで、NANJCOINの価値を担保し高めることができます。

発行量の調整機能

NANJ COINはBurnにより発行量を減らす機能も、Mintにより増やす機能も実装されています。

仮想通貨NANJCOIN(なんJコイン/NANJ)の将来性は?

NANJCOINはスポーツをもっと楽しむというテーマのもと、スポーツに関する決済手段として提携先を拡大するそうで、普通に買い物するよりもお得になったり、特典があったりといった状況を実現。
国内で支持層の少ないスポーツや地域のスポーツクラブなどへの寄付が手軽にできるようなシステムを構築するそうです。

また、vote機能の投票権利としても活用される予定で、将来的にはこのvote機能を使って実際のスポーツの運営等も行える世界を目指すとしていますので、このシステムが実現すればかなり需要は見込めるのではないでしょうか。

仮想通貨NANJCOIN(なんJコイン/NANJ)の価格は?


3月26日に最安値となる0.02円で取引されていましたが、3月末の法人化の影響を受け(NANJは有志による開発を行っていましたが、2018年3月14日にフロントチームはNANJ株式会社として生まれ変わりました)一気に価格が暴騰。10日後の4月5日、最高値となる0.46円まで上昇しました。
僅か10日間で価格を約23倍まで上げた事になります。
取引量がさほど多くはないので、僅かな資金が流入すると価格に影響がで安いです。
4月24日には0.11円まで下落してますので、取引には十分注意が必要でしょう。
NANJCOINの公式では、HB Walletを推進していますので、購入された場合はHB Walletにて保管されるのが良いでしょう。

iPhoneの方はこちら
Androidの方はこちらから

仮想通貨NANJCOIN(なんJコイン/NANJ)を扱う取引所は?


NANJは誕生してから2ヶ月足らずで海外取引所CoinExchangeへの上場が決定。
現在取引可能となります。
上場の条件である4BTC分の寄付が早く集まったところを見ると、開発メンバーとホルダーたちのコミュニケーションがしっかり取れている証拠でもあります。
NANJCOINは以下の取引所で購入することができます。

COINEXCHANG

ほとんどの国産通貨は上場まで中々決まらない事が多いですが、NANJでは早々に上場を達成しています。

 

また、7月オープン予定の仮想通貨取引所MIDEXにも上場が決定。
MIDEXのオープン時に上場されている仮想通貨の中にNANJCOINが加わることになります。

MIDEX仮想通貨取引所 国際金融プラットフォーム

    • 世界標準のセキュリティと利便性を実現

銀行業務に関する最新のテクノロジーとインターネット技術、大量のデータを処理可能なブロックチェーンテクノロジーを備えています。もちろん、法基準にも則った仮想通貨交換所です。

    • 秀逸なインターフェイス

シンプルかつ、直感的な操作が可能なユーザーインターフェイスを搭載。様々な機能も提供いたします。

    • 多彩なフィアットペア

JPYをはじめ、USD、EUR、GBP、HKD、KRW、CNYに対応。仮想通貨の出金や取引時の手数料も業界最安値を実現します。

仮想通貨NANJCOIN(なんJコイン/NANJ)の評価は?

コミュニティが強い

NANJコインは、先述したように2ch/5ch上の「なんJ民」によって作られた通貨で、MONAコインやビットゼニーのようにコミュニティが強い通貨と言えます。
これまでマイナーアルトコインが高騰する通貨の特徴にコミュニティが強いというのがありました。

NANJ決済を導入する店が増加中

滋味ゆたかな本格マレーシア料理が楽しめるマレーチャンではNANJCOINで決済が可能です。

飲食店での決済導入事例は多く見られますが、整体院で仮想通貨決済できる店舗は珍しいです。

モナバーでは決済通貨導入にあたり今回アンケート候補に上がった4銘柄中3銘柄が採用されることになりました。NANJCOINはRippleを抜いて堂々の1位となりました。

仮想通貨NANJCOIN(なんJコイン/NANJ)の提携

Cosplay Token

2018年6月、NANJCOINとCosplay Tokenが連携し国内外でのマーケティング活動においてシナジーを生み出すべく、戦略的パートナシップを締結することを発表しました。
スポーツとコスプレの関係性に違和感を持つ人もいるかも知れませんが、例えばフィギュアスケートのアイスショーでは、コスプレをしてショーを演じる選手が多くいます。
NANJCOINとCosplayTokenの投げ銭企画など出ているので、色々と広がりを見せるのではないでしょうか。

ビットキャッシュ

ビットキャッシュ株式会社とNANJ株式会社がタッグを組み、 eスポーツチームCYCLOPS(サイクロプス)を応援する企画が実現しました。

スポーツ好きは特に注目すべき仮想通貨NANJCOIN

NANJCOINはスポーツに特化したトークンで、スポーツへの集客や選手やチームへの応援に使われるトークンです。
世界的にもスポーツからの経済効果は得られやすく、NANJCOIN がさまざまなスポーツのあらゆる場面で活用されるようになれば、さらに可能性が広がります。
また、Cosplay Token、ビットコインキャッシュとも提携したことにより、活動範囲を拡大。
もし、NANJ COINが2020年のオリンピックまでに普及していたら、価格上昇を期待できる通貨の1つになる可能性も十分に秘めているのではないでしょうか?

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP