BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

「ステーブルコイン」や「ペッグ通貨」とは?仮想通貨の重要ワードを解説!

仮想通貨は本来、投資手段としてだけでなく、送金や決済など日々の生活にも役立つものとして誕生しました。しかし、価格変動が激しいため、初心者やリスクテイクをしたくない方にとっては扱いにくいのではないでしょうか。
そこで今注目されているのが国や政府が発行する法定通貨と連動する「ペッグ通貨」や「ステーブルコイン」というものです。

「ステーブルコイン」「ペッグ通貨」の特徴や魅力とは

「ステーブルコイン」とは価格変動することなく常に一定の価値を保つものを言います。それゆえ、「安定した仮想通貨=ステーブルコイン」というわけです。この「ステーブルコイン」は他の通貨と価値を連動する(ペッグ)ことで一定の価値を保ちます。

国や政府などの中央管理者がいないため、低コストでスピーディーな取引ができるうえ、ビットコイン(Bitcoin/BTC)のような価格変動による損失リスクや不安を排除することができます。

また、法定通貨そのものを使う場合と違い、送金手数料などが安く抑えられ、取引もスピーディーです。
たとえば海外に送金をする場合、銀行を介せば人件費や維持費、サーバーの管理費などの要因で手数料は高くなり、そのやり取りには日数も多くかかります。
しかし、仮想通貨の取引なら低コストで済み、海外への送金であっても瞬時に完了できるのが魅力です。
そのうえ、一般的な仮想通貨には値下がりのリスクがありますが、ステーブルコインなら暴落の恐れはありません。仮想通貨市場全体が下落している場合でも一時避難的にステーブルコインに換えておけば損失リスクを抑えられるでしょう。

「ステーブルコイン」には3種類ある

①法定通貨担保型

法定通貨担保型は、「ドルペッグ」や「円ペッグ」など、ドルや日本円といった法定通貨の価格と連動させています。
法定通貨担保型は国や政府など、価値を保証する中央集権機関の信頼が重要となります。

②仮想通貨担保型

仮想通貨担保型は、他の仮想通貨と連動することで価格が安定している通貨です。価格変動が激しい仮想通貨を担保とするのは不向きに思えますが、価格の変動に対応するために担保とする仮想通貨は余剰に預金しています。
仮想通貨担保型は非中央集権ですが、法定通貨担保型と比べて安定度は低くなります。

③無担保型

資産に裏付けされた担保を保有しない無担保型の通貨もあります。スマートコントラクト機能を利用することで価格を安定させています。担保とする資産を保有しないものの、スマートコントラクトは流通している供給量の一部を超過利潤で購入し、供給量を減らすことで需要過剰を起こし、価格を上げる機能があります。

代表的な「ステーブルコイン」「ペッグ通貨」を紹介

米ドルに裏付けされたTether(テザー/USDT)

Tetherは「ドルペッグコイン」で米ドルに価値が連動しています。日本人が利用するには米ドルとの為替レートによる価格変動の影響があります。
もっとも、動き方がまだまだ不透明で見通しの付けにくい仮想通貨の相場に比べて、日本円と米ドルの相場は比較的分かりやすいと言えるのではないでしょうか。

外国為替取引をされてきた方や海外旅行や海外出張、海外留学などの経験がある方にとっては、値動きのある仮想通貨を利用するより、米ドル連動型の仮想通貨のほうが利用しやすいかもしれません。

▼仮想通貨Tether(テザー/USDT)について詳しくはコチラ

仮想通貨担保型Dai(ダイ/DAI)

Daiはイーサリアム上の分散型デジタルコインで、1DAI=1USDのレートを可能な限り維持することを目指したドルペッグコインでありながら、ビットコインに次ぐ市場規模を誇る仮想通貨のイーサリアムによって担保されている特徴があります。
ドルペッグコインとして知名度を上げたTetherに対して、新しいタイプとしてじわじわと注目度を上げています。

日本円に連動するLCNEM

初めての日本円に連動するペッグ通貨として誕生したのがLCNEMで、NEMブロックチェーンが利用されています。
価格が日本円と同じで日本人にとっては馴染みやすく使い勝手のいいLCNEMが、法定通貨に代わって便利な仮想通貨として普及すれば、NEMも普及することが期待できます。
これによって仮想通貨NEMの価値も上がり、価格変動型のNEMを保有して投資取引に利用するメリットも上がるという仕組みです。

価格変動が不安な方は「ステーブルコイン」「ペッグ通貨」を始めてみては?

価格変動のある仮想通貨は不安という方にとって、特定の法定通貨に連動するペッグ通貨は入りやすく、使いやすいのが魅力です。
ドルペッグコインとしてのTetherやDai、日本円ペッグのLCNEMが誕生しており、仮想通貨取引の値下がり相場時に一時避難目的にも使えるでしょう。

関連ニュース

IBMが米ドル連動のステーブルコイン「Stronghold USD」を発行!
日本初!LCNEMが日本円ステーブルコインの販売を開始
融資サービスのMoneyToken、Circle社のドルペッグコイン「USDC」を採用
TrueUSD(トゥルーユーエスディー/TUSD)が分散型取引所OpenLedgerで取引可能に

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial