BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

仮想通貨Cosplay Token(コスプレトークン/COT)の特徴、価格、将来性は?

日本をはじめ世界中で増加傾向のあるコスプレイヤーとそのファン。コスプレ衣装の開発や販売、コスプレイベントなどを主催するイベント業者など、コスプレ業界の規模は次第に大きくなっています。
経済規模も大きい業界において、コミュニティをよりスムーズに繋ぎ、活性化させる手段として仮想通貨Cosplay Token(コスプレトークン/COT)構想が持ち上がり、話題を集めています。
どのような仮想通貨なのか見ていきましょう。

ユニークな仮想通貨Cosplay Token(コスプレトークン/COT)の特徴とは?

コスプレトークンを運営しているのは「Cure WorldCosplay」というコスプレコミュニティを展開する株式会社キュアです。
「Cure WorldCosplay」は、前身となる「Cure」のサービスとして2001年から活動を開始し、12ヶ国語対応の世界最大級のコスプレ・プラットフォームとして、現在では世界180ヶ国以上72万人を超える会員が利用し、コスプレ関連の作品が650万枚以上投稿されています。

コスプレに興味がない人には分かりにくいかもしれませんが、コスプレイヤーの中にはファンを増やしたい、芸能界デビューしたい、コスプレを通じて世界中の人と交流したいなどの想いを持ち、日々活動している人も少なくありません。

一方、自らはコスプレしないものの、ファンとしてコスプレイヤーの追っかけをしている人、アマチュアやプロのカメラマンやコスプレ衣装を作るデザイナーや制作者、フィギアなどを作る造形師など様々な人が関連しており、コスプレ市場は国をはじめ、様々な業界や企業からも注目を集めています。

もっとも、国内外問わずコスプレイヤーやカメラマン、造形師、ファンは著作権や報酬を巡る様々な課題を抱えています。こうした問題をブロックチェーン技術を用いて解決することを目的にした、新たなプロジェクトが始動。コスプレ経済の新たな潤滑油として独自トークン「CosplayToken」が発行されることになったのです。「COT」は「Cure WorldCosplay」サイト内で発生する取引の決済通貨として使われます。

コスプレイヤーやコスプレ業界を巡っての将来性

コスプレイヤーやファンには10代の若者も多く、決済の選択肢はとても限定されてしまいます。
インターネット上ではクレジットカード決済が便利なツールとなっていますが、未成年者や仕事に就いていない学生さんは自分名義のクレジットカードを持つことが難しいでしょう。
そこで、コミュニティで使えるトークンが利用できるようになれば、決済がスムーズになると考えられています。

また、「Cure WorldCosplay」には180ヶ国にユーザーがいますが、ユーザー間で送金のニーズが生じても、海外送金のコストは非常に高くなります。
仮想通貨であれば低コストで瞬時に送金ができるので、トークンの有用性と将来性は高いと言えるでしょう。
コスプレイヤーをはじめ、衣装デザイナーや製作者、カメラマンやイベントベンダーもグローバル化するとともに、著作権問題や報酬などを巡るトラブルが増えている現実があります。

著作権や評価内容、報酬に関する諸問題などもブロックチェーン上に記録することや公開することで解決が目指せます。
ブロックチェーンは改ざんも難しく、スマートコントラクトが実現できるのでコスプレ業界での将来性は高いと言えるでしょう。

Cosplay Token(コスプレトークン/COT)の価格は?

2018年2Qからトークンセールの開始が予定されており、正式リリースは2019年Q1になっているため、その時期にはCOTを使える予定です。
そのため、価格は現時点では不明ですが、コスプレイヤーは若い世代も多いことから利用しやすい価格で推移することが予想されます。

Cosplay Token(コスプレトークン/COT)の入手方法は?


Cure WorldCosplayでメールアドレスを登録すると、COSPLAY TOKENのホワイトペーパーをはじめ、最新情報を手に入れられるので早期に取得できる手段も得られます。
また、コスプレトークンの発行総額の0.5%にあたる40万$相当を、ファンたちに無料で配布するプロジェクトも進行中で、テレグラムというフォーラムを通じて既に無料配布のエアドロップがスタートし、日本語、英語、中国語の3言語対応で、既に参加者は20万人を超えています。

Cosplay Token(コスプレトークン/COT)の現時点での評価は?

コスプレイヤーの多くは自腹で衣装の制作をオーダーすることや自費でコスプレイベントなどに参加しています。
COTが普及すれば、活動費を世界のファンから募ることができ、もっと活動しやすくなるのではと期待が高まっています。
コンテンツの提供者がブロックチェーン上に記録されることで、著作権関連の問題も解決でき、権利契約などもスマートコントラクトで解決できるようになると概ね好ましい評価です。

コスプレイヤーやコスプレ業界に新風を巻き起こす仮想通貨

CosplayTokenはコスプレイヤーやそのファン、カメラマンや衣装デザイナーなどの関連業者を繋ぐコミュニティ通貨として期待されています。
ブロックチェーン技術を活用することで著作権問題の解決やグローバルな評価、スマートコントラクトも実現すると期待が高まっています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP