BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

仮想通貨TrueUSD(トゥルーユーエスディー/TUSD)の特徴、価格、将来性、取引所は?

仮想通貨といえば激しい価格変動というイメージがあるかもしれませんが、中には価格が安定した仮想通貨もあります。それが、国や政府が発行する法定通貨と価値が連動する「ペッグ通貨」や「ステーブルコイン」というもの。
今回は米ドルと連動した仮想通貨「TrueUSD(トゥルーユーエスディー/TUSD)」について解説します。

「ステーブルコイン」や「ペッグ通貨」について詳しくはコチラ

ペッグ通貨TrueUSD(トゥルーユーエスディー/TUSD)とは

2018年3月に公開された仮想通貨「TrueUSD」は、日本語で「トゥルーユーエスディー」と読み、通貨単位は「TUSD」です。
一番の特徴は、アメリカの法定通貨である米ドルと価格が連動している「ペッグ通貨」であるという点です。
つまり、仮想通貨として独自の値動きはなく、米ドルの値動きに連動します。完全に一致するわけではないようですが、1TUSD=1USDとなるようレートが固定されています。為替レートをそのまま当てはめて考えられるというところが、他の仮想通貨とは大きく異なります。
一定の価値を保つことに加え、送金が早く、手数料が安い。ドルペッグコインTrueUSD(トゥルーユーエスディー/TUSD)は法定通貨と仮想通貨の両方のメリットを持ち合わせていると言えるでしょう。

ちなみに、よく似たものとして、テザー社が発行し運営する仮想通貨Tether(テザー/USDT)があります。TrueUSDと同じく、1USDT=1USDに固定されています。Binance(バイナンス)Huobi(フォビ)で購入できるのでチェックしてみてはいかがでしょうか。

仮想通貨TrueUSD(トゥルーユーエスディー/TUSD)のメリットと将来性

ここで、ペッグ通貨であるTrueUSDのメリットを見てみましょう。
金融取引における注意点として「カウンターパーティリスク」というものがあります。取引の相手が破綻したときに大きな損失を被る恐れがあるということです。
たとえば、先程のTetherはテザー社のみが管轄しているのでカウンターパーティリスクが気になります。しかしTrueUSDの場合、複数の信託銀行がその価格を保証するシステムになっているので、仮にどこかの信託銀行が潰れてしまったとしても他でカバーできます。価格の暴落や、通貨の価値が一瞬にして失われるといったリスクがほぼないのは最大のメリットです。
また、今後も加わる信託銀行の数が増えていくと予想されており、TrueUSDには将来性があると言えるでしょう。

仮想通貨TrueUSD(トゥルーユーエスディー/TUSD)の価格は?

前述したように、TrueUSDは米ドルと連動していることから、既存のドルの価格がそのまま当てはまることになります。
2018年8月現在の為替レートによれば、円に対してドルは約111円となっており、TUSDの価格も同じということで、外国為替証拠金取引を行った経験のある人には特に分かりやすい仮想通貨と言えます。

仮想通貨TrueUSD(トゥルーユーエスディー/TUSD)を取り扱う取引所は?

現在、国内にはTrueUSDを扱う取引所がないため、直接日本円で購入することはできません。
まずは国内の取引所でビットコイン(Bitcoin/BTC)を買ったのち、それをTrueUSDを扱う海外の取引所に送金するという方法になります。
世界最大級のBinance(バイナンス)をはじめ、取引手数料が安いCryptopia(クリプトピア)、イギリスの大手HitBTC(ヒットビーティーシー)などがあります。

TrueUSD(トゥルーユーエスディー/TUSD)に対する評価

投機が好きな方にとって仮想通貨取引の一番の面白みは、少額で買った通貨の価格が高騰して億単位のお金を一夜にして得られるかもしれない、という点でしょう。中には「億り人」と呼ばれる億万長者も現れました。
その点でいえば、米ドルと完全に連動しているTrueUSDには「億り人」になるチャンスはほぼないと言えます。そのため、投機目的で仮想通貨を見ている方からの評価は低いようです。
しかし、大きな損をしたくないけれど仮想通貨取引をしたいという方からの評価は高く、また、下落相場になった際に他の仮想通貨を一時的にTrueUSDに変えておくことで資産の減少を防ぐといった使い道もあるようです。

法定通貨の米ドルとレートが一緒!安定した仮想通貨を求めるならTrueUSD

いかがでしたか?こうした知識を得てから仮想通貨を考えてみると、これまでにはなかった選択肢が浮かんできますよね。
多くの仮想通貨は価格の乱高下が激しいですが、今回ご紹介したTrueUSDのようなペッグ通貨は法定通貨と連動しているということで比較的安定しています。暴落が怖くてなかなか手を出せなかったという方は、まずはペッグ通貨から始めてみるのもいいかもしれません。仮想通貨のメリットと法定通貨のメリットを併せ持つTrueUSDは要チェックです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Asuka

Asuka

BITDAYS編集部ディレクター兼ライター。 2017年10月より仮想通貨界に参入。毎日の情報収集は欠かしません。主に海外からのニュースを担当しています。 趣味は映画鑑賞。無類のネコ好きです。
PAGE TOP