BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

パブリックブロックチェーンとは?プライベートブロックチェーンと何が違うの?

仮想通貨とともに世の中に浸透してきた言葉の1つに、ブロックチェーンという用語があります。多くの人がこのブロックチェーンという言葉を聞いたことがあると思うのですが、実はブロックチェーンには種類があり、2つに大別されます。
今回はそのうちのひとつ、パブリックブロックチェーンについて紹介します。

ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンとは、ビットコインをはじめとした仮想通貨の根幹技術になります。
ビットコインがあって、ブロックチェーンがあるのではなく、ブロックチェーンの上にビットコイン、そして仮想通貨が成り立っています。
ブロックチェーンは、分散型台帳技術とも呼ばれ、中央で管理する人間は存在しません。非中央集権で台帳を管理できる技術がブロックチェーンなのです。

ブロックチェーン上におけるデータ管理を図に表すと、情報の集合体を鎖で繋いだような状態になっています。ブロックチェーンの最大の特徴は、このデータの管理をネットワークに参加する人たち(ノード)みんなで行うという点です。その仕組みからブロックチェーンは分散型管理と言われるのです。

パブリックブロックチェーンの特徴

プライベートに対して、パブリックというのは、広く開かれたというような意味合いを持ちます。つまり、誰でも気軽に参加できるのがパブリックブロックチェーンの特徴です。
さらに、特定の管理者が存在しないのも大きな特徴で、たとえばビットコインは、ネットワーク参加者全員で通貨としての整合性を担保しています。

また、参加者それぞれが管理を担うことから、とても公平性のある取引を提供することができます。分散して管理を行う仕組み上、不正をおこなうことがとても難しく、セキュリティの高さにも定評があります。だからこそビットコインや仮想通貨は、暗号通貨とも呼ばれるのです。

パブリックブロックチェーンのデメリット

実はパブリックブロックチェーンにはメリットばかりではなく、デメリットもあります。その一つが管理者がいないことにより取引承認が遅れる場合があるという点です。

たとえばビットコインの送金では送金処理をマイナーと呼ばれるネットワーク参加者(有志)が担当しています。
そのため、送金の義務が発生せず、マイナーはあくまでも新規発行されるビットコインと送金手数料が目当てで送金処理をするのです。
この仕組みでは報酬が見合わないとマイナーが感じた場合、いつまでも送金されない可能性があります。

また、広く開かれた存在なので、簡単に仕様変更ができないという点にも注意が必要。大きな仕様変更の際には、ネットワークに参加する多くの人の同意が必要で、同意を得ずに無理やり変更をした場合には、ブロックチェーンが分離するという事態に発展します。

プライベートブロックチェーンの場合、特定の管理者が存在するので、アップデートには柔軟な対応が可能です。

世間一般で言われるブロックチェーンは、そのほとんどが広く公開されたパブリックブロックチェーンになっています。

パブリックブロックチェーンは広く開かれたブロックチェーン

パブリックブロックチェーンとプライベートブロックチェーンの違いは、法定通貨と仮想通貨に例えると分かりやすいです。
法定通貨は、銀行という通貨を管理する者が存在しますが、多くの仮想通貨はそのような者が存在しません。パブリックという言葉通り、広く開かれた通貨やネットワークと覚えておくとよいでしょう。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP