BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

仮想通貨ダイヤモンド(DMD)の特徴と将来性、取引所は?

この記事の要約動画

約1,000種類は存在すると言われている仮想通貨。
特に有名なのはビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)ですが、みなさんは「ダイヤモンド(DMD)」という仮想通貨をご存知でしょうか。
今回は「ダイヤモンド(DMD)」の特徴や将来性についてお話します。

ダイヤモンド(DMD)ってどんな通貨?

ダイヤモンド(DMD)は、2014年4月に公開された仮想通貨です。
発行枚数の上限は438万枚で、ビットコイン(BTC)の2,100万枚に比べるとかなり少ないのが分かります。これは、発行量を少なくして希少価値を高めることを目的とした通貨だからです。名前も、希少な宝石「ダイヤモンド」から由来しています。

ダイヤモンド(DMD)の公式ホームページによれば、ダイヤモンド(DMD)は政府が管理するデジタル通貨であり、世界中のどこにいても安全かつ迅速に送金できるのが特徴のようです。
最先端のセキュリティアルゴリズムによって保護されているという点、高度な暗号化により、アカウントへのアクセスが不可能である点から安全性が高いと言われています。
また、ダイヤモンドネットワークは迅速な送金に対応するよう設計されており、確認時間を大幅に短縮することで従来の送金・支払いシステムとは比べ物にならないスピードをを実現したと謳っています。

ビットコインダイヤモンド(BCD)とは別物

似たような名前の仮想通貨に「ビットコインダイヤモンド(BCD)」がありますが、これは「ダイヤモンド(DMD)」とは全く別の仮想通貨です。混同しないよう気をつけてくださいね。

仮想通貨ダイヤモンド(DMD)の価格は?

ダイヤモンド(DMD)の時価総額は約3,500万ドルで、日本円にすると約40億円です。価格は1DMD=約1,600円です。※
ビットコイン(BTC)の1BTC=200万円という価格に比べれば、非常に安く感じますが、ビットコイン(BTC)も7年前はわずか0.2円でした。※
これから高騰する可能性はゼロではありません。
(※2017年12月8日時点)

ダイアモンド(DMD)を扱う仮想通貨取引所は?

残念ながら、日本円でダイアモンド(DMD)を購入できる仮想通貨取引所は今はまだないようです。海外でもダイアモンド(DMD)を扱っている取引所は少なく、今のところ「Bitrex」と「Livecoin」のみのようです。
保有率を見てみると、約99%がビットコイン(BTC)で、「Bitrex」という取引所がその大半を占めています。

仮想通貨ダイヤモンド(DMD)の将来性は未知数!

ダイアモンド(DMD)は、それほど有名な仮想通貨ではありませんが、将来性は未知数です。知名度が上がれば、高騰していく可能性も十分にあります。まだ日本円での取引はないようですが、マイナーな仮想通貨にも挑戦してみたいという方なら、海外の仮想通貨取引所を利用するのもいいかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!

この記事に関連するタグ

PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial