BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

仮想通貨の「公開鍵」と「秘密鍵」とは?初心者向けに専門用語を解説!

今話題の仮想通貨。これから取引を始めようと考えている人も少なくないのではないでしょうか?
仮想通貨はブロックチェーンという最先端のコンピュータ技術をベースにしています。
それだけに取引を行うにはかなりの知識が求められます。せっかく始めようという意欲を大切にするために、まず専門用語をチェックし、失敗のない取引を成功させましょう。
今回は仮想通貨の「公開鍵」と「秘密鍵」について学びます。

仮想通貨の「公開鍵」と「秘密鍵」

ブロックチェーンは暗号技術を基にしています。
IT分野における暗号技術は
・文書へアクセスできる権利を特定の人に限定する
・文書が変更・改ざんされていないことを証明する
・文書に記載されている内容を否認できないようにする――などの役割を持ちます。

一般に暗号には、「暗号化」秘密の作り方)」と「復号化(秘密の解き方)」のそれぞれの手法と「秘密を解く鍵」がセットになっています。それは「秘密鍵=自分だけが知っている鍵」と「公開鍵=他者に公開している鍵」の2つで構成されます。 

仮想通貨・ブロックチェーンの「秘密鍵」と「公開鍵」は、メールに例えるとイメージしやすいです。メールの管理アカウントにログインするのが「秘密鍵」で、メールアドレスが「公開鍵」です。
アカウントに「ログインする鍵=パスワード」を盗まれてしまうと、メールアドレスのカウントが乗っ取られてしまいます。

しかし、メールアドレスは他人に知られてよいものです。むしろ共有しないとメールの送受信ができません。仮想通貨・ブロックチェーンの「秘密鍵」と「公開鍵」はそのような性質を持つものです。

暗号を解いてもらうためには、秘密鍵を知ってもらいたい人(仮想通貨の場合は送金相手)に渡す必要があります。

しかし、その過程で秘密鍵が他人に漏れる可能性があります。そんな状況を一変させたのが現在、使われている「公開鍵暗号」の仕組みです。「誰もがどんな暗号が使われているのかを知っているのに、暗号を解読するのが難しい」という世界を作り上げているのです。

「あるコインを特定の人に送り、その人だけが使えるようにする」という仮想通貨の基本的な仕組みを実現しているのが「公開鍵」です。この方式ではコインを送る側ではなく、コインを受け取る側が「公開鍵」と「秘密鍵」の2つの鍵を作成し、暗号化の際に使用する「公開鍵」だけを公開します。
コインを送る側はその公開鍵を使用してデータを暗号化し、データの受信側は「秘密鍵」を使用して暗号を解きます。

「電子署名」と「復元パスフレーズ」も要チェック!

「電子署名」とは

「電子署名」は公開鍵暗号と逆の流れになります。
データを送る側が「秘密鍵」と「公開鍵」の2つの鍵を用意し、「秘密鍵」で暗号化させ、その暗号化されたデータと「公開鍵」を受け取る側に送ります。この場合「暗号化されたデータ」と「公開鍵」が同時に送られるため、その気になれば受け取る側の誰もが復号することができるのです。
つまり、誰でも受信したデータの中身を確認することが可能ということです。

しかし、これはマイナス面だけではありません。誰もが中身を知ることができることで役立つこともあります。中身を誰でも確認できることで、「このデータの送信者は、鍵を作成した本人に間違いない」ということが証明されます。
なぜなら、秘密鍵はデータを送った側しか知りません。その秘密鍵とセットで生成した公開鍵でデータを復号できたということは、データを送ったのは2つの鍵を生成した本人自身であるいうことが分かるわけです。

アナログの分野では本人であることを証明するために契約書にペンで署名しますが、仮想通貨・ブロックチェーンの世界ではこれが「署名」となります。この第3者による確認作業があるからこそ、仮想通貨・ビットコインによる送金の安全性は保たれているのです。

「復元パスフレーズ」とは

「復元パスフレーズ」は秘密鍵と同様に、他人に教えてはまずい自分だけのパスワードです。無作為に選ばれる数値の「秘密鍵」に対し、「復元パスフレーズ」は12~24の英語や日本語の単語の組み合わせで構成されます。
「ウォレットアプリを入れていたスマホを紛失した」「ウォレットのパスワードを忘れてしまった」などの時でも、「復元パスフレーズ」によってウォレットの資産を復元することができます。
逆に考えれば、「復元パスフレーズ」を紛失してしまうとウォレット内にある資産を永遠に動かすことができなくなりますので要注意です。
一方、一部の仮想通貨取引サービスでは仮想通貨取引所のウォレットやwebウォレットなどに預け、秘密鍵の管理を自分で行わない場合があります。手軽に使うことができ利便性が高いと言えますが、取引所がハッキングなどの攻撃にさらされた場合、秘密鍵も奪われて資産ごと盗まれてしまう可能性があります。
このため、多額の資産を保管する場合には、秘密鍵も自分で管理できるウォレットの利用をお勧めします。

「公開鍵」と「秘密鍵」があるから仮想通貨を動かす

仮想通貨はブロックチェーンという電子的な記録方式によって保有されたり、送金されたり、決済されたりします。そこでは暗号技術が使われており「公開鍵」と「秘密鍵」によって安全に管理されています。
他者に公開される「公開鍵」は暗号化されたデータを基に復号する際に使用されます。自分だけが知っている「秘密鍵」は第3者が暗号を解読するのを防いでいます。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
丸山 隆平

丸山 隆平

経済産業ジャーナリスト。 日刊工業新聞記者、東京IT新聞記者、金融タイムス記者などを経験。 著書に「まるわかりフィンテックの教科書」(プレジデント社)など 改正銀行法閣議決定(2016年3月)時点から仮想通貨をカバー IT・ベンチャービジネス取材歴40年の経験を仮想通貨取材に活かします
アルトコイン取扱い通貨種類・国内No.1※

人気の通貨7種類で大きなリターンが狙えるレバレッジ取引 新規口座開設完了で1,000円もらえるキャンペーン実施中

※2018年6月現在、国内取引所のWEBサイト調べ。
PAGE TOP