BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

仮想通貨の「ソフトフォーク」とは?初心者向けに専門用語を解説!

ビットコイン(Bitcoin/BTC)などの仮想通貨の取引に使用されているブロックチェーン技術は、その構造上、これまでの中央集権型のシステムに比べてデータの改ざんが極めて難しく、実質ゼロ・ダウンタイムなシステムを安価に構築できる特性を持っていることから、仮想通貨だけでなく、IoT などの幅広い分野への応用が期待されています。

インターネットの登場により社会のあらゆる面で変革が起きたように、今後ブロックチェーンにより我々の生活が大きく変わる可能性を秘めています。
今回はブロックチェーンの「ソフトフォーク」について解説します。

仮想通貨の「ソフトフォーク」とは

「フォーク」というのは「分岐」「分かれること」の意味です。ブロックチェーンの分散システムでは各ノードが統一した結論に達します。そのうえですべてのノードが合意した内容を記録します。
しかし、異なる2つ以上のノードがほぼ同時に異なる処理結果を書き込んでしまうことがあります。この場合、ブロックチェーンがフォーク(分岐)します。

フォーク(分岐)には2種類あり、以前の機能・仕組みと互換性を保ったまま、より性能のよい新しいものへとアップデートさせることを「ソフトフォーク」と言います。
なお、もう1つのフォークは「ハードフォーク」と呼ばれます。

ブロックチェーンの仕組み

ブロックチェーンは、仮想通貨の発行や取引の詳細なデータを一定時間に一つのブロックにまとめて、改ざんできないような形でチェーンのようにつなげていきます。このデータは世界中のコンピューターネットワーク上に分散して保存されます。

世界中の不特定多数の人がこのデータを精査したり、監査ができるようになっています。たとえ誰かが不正をしたとしてもすぐに不正がわかるため、仮想通貨の偽造や2重払いは不可能と言えます。

円やドルなどの法定通貨は、銀行の中央サーバーがデータを集中管理していますが、ブロックチェーンは世界中のコンピューター(ノード)がデータを分散して管理するため「分散型台帳」と呼ばれます。

スケーラビリティ問題について

「スケーラビリティ問題」は、ブロックチェーン上での取引に参加する人やノードの数が増えることが要因で起きます。ブロックチェーン上での取引量が増えることで送金の遅れや手数料の増加が起こり、取引処理の速度低下などの停滞現象が引き起こされる問題のことです。

ノードとは英語のnode(節や結び目という意味)から名づけられており、IT分野ではネットワークに接続されているコンピューターひとつひとつを指します。ノードの基本的な役割はトランザクションの検証です。
しかし、ノード数が増加したことによって「ノードの検証」に時間がかかってしまうようになり、その結果、スケーラビリティに問題が発生するようになってしまったのです。
 

「ソフトフォーク」と「Segwit」

Segwitとは「Segregated Witness」の略。「署名の分離」という意味です。過去の全てのデータと互換性を保ちながらソフトウェアをアップデートするソフトフォークによって実現されます。

署名データはコインブロックチェーンの容量の約60%を占めており、スケーラビリティを阻害していました。この署名データを、ブロックチェーン上のトランザクションのデータ本体から分離(Segragate)し、必要なノードだけが参照できるようにする目的でSegwitが行われます。

「ソフトフォーク」と「ハードフォーク」

「ハードフォーク」は互換性のない分岐です。「ハードフォーク」は旧バージョンと新バージョンでルールが異なるため、分岐したブロックチェーンは永遠に合流することなく続いていきます。

ブロックチェーンで「ハードフォーク」が起こるような状態になると、開発コミュニティを中心として問題解決のためにフォークが起こりますが、「ハードフォーク」はコミュニティ内で分裂が起きることで2つの通貨に分裂する現象が起きます。

旧バージョンと新バージョンでは互換性がなく、仮想通貨では過去の残高を共有することができなくなりますので、「ハードフォーク」後、どちらのブロックチェーンを使用するのか選ぶ必要が出てきます。

どんな通貨がソフトフォークした?

イーサリアム(Ethereum/ETH)は2016年にハードフォークを行い、イーサリアム(ETH)とイーサリアムクラシック(EthereumClassic/ETC)に分岐しました。これは「The DAO事件」と呼ばれるハッキング事件が契機となっています。
この「The DAO事件」とは、スマートコントラクトのプログラムの不備を突かれて、数10億円相当の資金が流出した事件です。この時、The DAOの救済措置としてハードフォークが行われたのです。

ビットコインは2017年8月1日以降分裂して、ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)が誕生しました。これはビットコインのスケーラビリティ問題を解決することが目的で、ブロックサイズを1MBから最大8MBへ拡大させるために行われたフォークです。

まとめ

「フォーク」はもともとはソフトウエア開発で使われていた用語ですが、ブロックチェーンではチェーンが分岐し、1つの通貨が2つに分離することを指します。ソフトフォークは分裂が一時的なもので以前のデータと互換性を保つものを指します。「ハードフォーク」は互換性がなく、新しいルールが適用されます。

この記事に関連するタグ

アルトコイン取扱い通貨種類・国内No.1※

人気の通貨7種類で大きなリターンが狙えるレバレッジ取引 新規口座開設完了で1,000円もらえるキャンペーン実施中

※2018年6月現在、国内取引所のWEBサイト調べ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
丸山 隆平

丸山 隆平

経済産業ジャーナリスト。 日刊工業新聞記者、東京IT新聞記者、金融タイムス記者などを経験。 著書に「まるわかりフィンテックの教科書」(プレジデント社)など 改正銀行法閣議決定(2016年3月)時点から仮想通貨をカバー IT・ベンチャービジネス取材歴40年の経験を仮想通貨取材に活かします
PAGE TOP