BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

仮想通貨IOTA(アイオタ/MIOTA)の特徴、将来性、価格、購入方法は?

取引手数料が無料であることや、複数の大手IT企業と提携したことなどから、仮想通貨IOTAが投資家の間で注目されています。

今回はIOTAの特徴や将来性、現在の価格から取扱取引所に至るまで、IOTAのすべてを詳しく紹介します。

取引手数料無料化を実現!仮想通貨IOTA(アイオタ/MIOTA)の特徴とは?

IOTAは2016年7月に公開されました。通貨単位はIOT。取引承認のアルゴリズムにはProof of Workが採用されています。

IOTAとIoT

IOTAの特徴をひとことで言うならば、IoTデバイス間の決済に最適化された仮想通貨です。IOTAの利点を理解するためには、まずはIoTとその周辺についての理解を深めなければなりません。

IoTはInternet of Thingsの略語。パソコンのみならず車や家電製品など私たちの身の回りにあるあらゆるモノをインターネットに接続するという構想です。IoTを活用することでそれらすべてのモノにおいて情報の管理が効率化できます。

IoTの問題点

そんな優れたIoTですが、IoTに仮想通貨を実装しようとするとリアルタイムの支払いに手数料が高くついてしまうという問題が。

仮想通貨ではセキュリティを高めるために分散型の承認システムを採用しており、それぞれのデータの整合性が取れなければ書き換えられない仕組みとなっています。この仕組みには整合性を承認する人が必要。承認者には都度報酬が支払われることになっています。リアルタイムな支払いには頻繁に承認作業が発生するため、その分手数料が高くなってしまうのです。

リアルタイムの支払いを可能にしたTangle

この問題を解決したのがIOTAのTangleでした。Tangleは「もつれ」という意味で、メッシュ状の複雑なネットワークを利用しています。

Tangleも従来の仮想通貨と同じように分散型システムを採用しているのですが、データの整合性を証明する承認者は取引をする者同士で良いため、承認作業がスムーズに行われます。IOTAはこのような独自のアルゴリズムを使用することでセキュリティ対策を行いつつも、リアルタイムの支払いを可能にしました。通信を効率化することで手数料が無料化が実現したのです。

IOTAにデメリットはある?

これほどまでに優れているとデメリットが気になるところ。もちろんIOTAにも注意点があります。それはシステムが複雑であること。

IOTAは技術面においてまだまだ完成しているわけではありません。発展途上というのが実際のところです。そのため、今後の開発に遅れが生じる可能性は否定できないでしょう。しかし、非常に優れた技術であるため、生活をより豊かにしてくれるだろうと期待が集まっています。

IoTとともに成長が期待される?仮想通貨IOTA(アイオタ/MIOTA)の将来性は?

2017年12月に時価総額が急上昇!

IOTAはTangleというシステムが高く評価されており、Microsoftや富士通など、世界を代表するような大手IT企業20社以上と提携を結んでいます。それを踏まえ、2017年12月には価格が急上昇しました。

12月に入るまでは価格が100円以下だったのに対し、12月6日には550円を突破しています。1月11日11時現在の時価総額ランキングは8位。1兆2,000億円の市場規模を誇っています。

注目される理由とは?

価格上昇の理由は一概には言えませんが、大手企業から認められていることや、取引手数料が完全無料であることのインパクトの大きさなどが指摘されています。また、IoTは今後どんどん発達することが見込まれているため、同時にIOTAの需要も高まることが予想されており、将来性にも大きな期待が寄せられています。

2か月で10倍に。仮想通貨IOTA(アイオタ/MIOTA)の価格をチャートで振り返る

 

先述のようにIOTAは2017年6月の上場後しばらく、50円前後で取引されていました。状況が変わったのは2017年11月ごろ。11月初旬から少しずつ値を上げ始めると、11月20日にはついに100円を突破します。

100円台で推移していたIOTAはその後、12月2日から突然の急成長を見せます。

12月7日には572円を記録し、その後少し値を下げるものの、12月17日に再び高騰。12月19日には過去最高値の592円に到達しました。

仮想通貨市場が落ち着いたこともあってか、2018年7月現在は大幅に価格を下げ、100円ほどで取引されています。

世界的にみても取扱取引所はまだ少なめ。IOTA(アイオタ/MIOTA)の購入方法は?

IOTA(アイオタ/MIOTA)を取り扱っている国内の有名取引所は?

IOTAはまだ国内の有名仮想通貨取引所で取り扱いがありません。しかし話題の通貨であるため、今後国内でも取り扱われる可能性は十分にあります。それまで待つというのもひとつの選択肢でしょう。

IOTAを今すぐ購入したい場合には海外の取引所で購入することになります。海外の取扱取引所については、次の項で説明します。

IOTA(アイオタ/MIOTA)を取り扱っている海外の有名取引所は?

IOTAの取り扱いがある海外の有名仮想通貨取引所は以下です。

BINANCE(バイナンス)

中国の仮想通貨取引所。日本語にも対応しているため、日本人でも使いやすいのが魅力。
※2018年1月18日現在日本語対応が停止しております。

Huobi(フォビ)

中国発の大手取引所。取引所の独自トークンHTでも有名。

OKEx(オーケーイーエックス)

中国発の大手取引所。300種類以上の取り扱い通貨を誇る。

Bitfinex(ビットフィネックス)

香港の仮想通貨取引所。米ドルを使った取引高においては世界1位。

海外の取引所を利用する場合には円建てで(日本円を使って)購入することができません。ビットコイン(Bitcoin/BTC)建て、あるいは対応している法定通貨で購入することになります。ビットコイン建てで購入する場合には、まず国内の取引所でビットコインを購入、そのビットコインを海外の取引所に開設した口座へ送金し、それを使って購入するようにしましょう。

仮想通貨IOTA(アイオタ/MIOTA)。目をつけておくなら詳しくなった今!

IOTAは高い注目度や将来性の割に、まだまだ取扱取引所が少ない仮想通貨です。今後、国内外問わず有名取引所で取り扱いが始まることで、価格を大きく上げる可能性があります。すぐに購入とまではいかなくとも、今後の購入候補にリストアップしてみてはいかがでしょうか?

「気づいたら手の出しにくい金額になってた…」そう後悔する前に動向をチェックしておくのがおすすめです。

関連記事

大手取引所バイナンスに「XRP/BNB」など4種類の通貨ペアが追加!

大手仮想通貨取引所HuobiにIOTA(アイオタ/MIOTA)が上場!

仮想通貨取引所FCoinにリップル(XRP)とアイオタ(MIOTA)上場!

中国政府が主要仮想通貨28種の格付けを発表!第1位はイーサリアム(ETH)

中国政府による仮想通貨の格付け第2弾!第1位はイオス(EOS)

IOTAの価格が高騰。Microsoft・FUJITSUとの提携発表が要因か?

台北市がIOTA(アイオタ)と提携。ブロックチェーンを活用したスマートシティを目指す

富士通中央ヨーロッパのCEOがIOTA財団に加入

富士通、サプライチェーン管理にIOTAの技術を活用

フォルクスワーゲンがIOTA(アイオタ)の「Tangle」導入へ

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP