BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

仮想通貨Kyber Network(KNC)の特徴と将来性、取引所は?

2017年9月に公開された仮想通貨「KyberNetwork(カイバーネットワーク)」。比較的新しい仮想通貨ですが、イーサリアム(Ethereum/ETH)の創設者Vitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)氏が携わっている点や、その機能の利便性などから大きな注目を集めています。

KyberNetwork(カイバーネットワーク)は、どのような通貨なのでしょうか。その特徴や価格、扱っている取引所について紹介します。

仮想通貨Kyber Network(KNC)の特徴やメリットは?

「Kyber Network(カイバーネットワーク)」は、2017年9月に新たな決算サービスとして登場しました。元々「KyberNetwork(カイバーネットワーク)」は、通貨の名前というよりもシステムの名前でした。

有名なところで言えば、「リップル(Ripple/XRP)」も正式には送金システムの名前で、そのシステムの中で使われる通貨が「XRP」なのですが、一般的に通貨も「Ripple(リップル)」と呼ばれているのと同じです。通貨単位は「KNC」で、発行枚数の上限はビットコイン(Bitcoin/BTC)の約10倍、2億2,600万枚とされています。

Kyber Network(KNC)には2つの機能がある

まず、Kyber Network(KNC)には「分散型取引所」という機能があります。分散型取引所とは、通常の仮想通貨取引所とは違い、ウォレットに取引機能を加えたというイメージです。

自分で通貨に鍵をつけて管理できるため、仮想通貨取引所のハッキングなどの心配をする必要はなく、セキュリティ面に強いと言えます。また、イーサリアム(ETH)のブロックチェーンを利用しているので、処理速度も速いのが魅力です。

次に、「決済API(Application Programming Interface)」という機能があります。これは、ICOでイーサリアム(ETH)以外の通貨でも支払いができる便利な機能です。例えば、ICOの支払い通貨がイーサリアム(ETH)に限定されていた場合、通常なら持っている仮想通貨をイーサリアム(ETH)に換金してから参加する必要があります。

しかし、Kyber Network(KNC)の決済APIを使えば、自動的にその通貨に交換してくれるのです。換金の手間や手数料をかけることなく、ICOで取引できます。

開発アドバイザーはイーサリアム(ETH)の創設者!

また、Kyber Network(カイバーネットワーク)の開発チームには、イーサリアム(ETH)の創設者であるVitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)氏がアドバイザーとして入っています。彼がアドバイザーを務めている仮想通貨は、この「Kyber Network(カイバーネットワーク)」と「OmiseGO」の2つだけです。「OmiseGO」は、ICO後に価格がグングン上昇したことから、仮想通貨として高く評価されていることが分かります。

仮想通貨Kyber Network(KNC)の価格は?

 

Kyber Network(KNC)の現在価格は、2018年7月9日時点で、1KNC=約100円ほどとお手軽な仮想通貨です。1月には600円ほどの価格をつけている時期もあったので、その頃と比較すると、約6分の1の価格で買うことができます。

時価総額は日本円にして約160億円です。

仮想通貨Kyber Network(KNC)を扱う取引所は?

残念ながら、Kyber Network(KNC)は、国内の仮想通貨取引所では購入することができません。取り扱いのある主な海外の仮想通貨取引所は以下の通りです。

Binance(バイナンス)
中国の大手仮想通貨取引所。日本語にも対応している。

Huobi(フオビ)
中国の大手仮想通貨取引所。SBIホールディングスと業務提携がなされている。

OKEx(オーケーイーエックス)
中国発の大手取引所。300種類以上の取り扱い通貨を誇る。

Liqui(リクイ)
ウクライナの仮想通貨取引所。ICO直後の仮想通貨を積極的に取り入れているる。

今後、国内の仮想通貨取引所でもKyber Network(KNC)の取り扱いが開始される可能性はありますが、Kyber Network(KNC)を売買したい場合は、今のところ海外の取引所を利用するしかないようです。

仮想通貨Kyber Network(KNC)の将来性に期待がかかる!

Kyber Network(KNC)は、ICOにおいてわずか3日間で5,000万ドルを調達するほど、発行前から注目を集めていました。Kyber Network(KNC)は、安全性を重視した「分散型取引所」とICOで便利な「決済API」という2つの特徴を持っています。

既存の取引所の欠点を埋めるべく誕生したわけですから、安全性や速度、手数料などの面で優れていると言えます。安全性が高く、瞬時に取引を完了できるのは、Kyber Network(KNC)の大きなメリットでしょう。

また、イーサリアム(ETH)の創始者がアドバイザーを務めており、今後もさまざまな取引をサポートする予定があるため、その将来が期待されています。興味のある方は、これを機に海外の仮想通貨取引所を利用してみるのもいいかもしれませんね。

関連記事

韓国の大手取引所bithumbにOMGとKNCが上場!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!

この記事に関連するタグ

PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial