BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

カジノに特化した仮想通貨FunFair(ファンフェア)の特徴、将来性、価格、購入方法は?

競馬やカジノなど、世界ではギャンブルが一般的に広く親しまれています。競馬などはネットで馬券購入などができるようになりましたが、実はこうしたギャンブルの娯楽が仮想通貨のプラットフォームで可能になっているのです。そのような先進的な試みを実践しているのが、仮想通貨「FunFair(ファンフェア)」です。ビットコインなどの著明な仮想通貨に比べるとまだまだ知名度が低いコインのため、時価総額やその特徴について簡単に紹介していきましょう。

ゲーム機能付きブロックチェーン・ファンフェア(FunFair/FUN)!その特徴は?

イーサリアムのスマートコントラクトを用いたカジノのプラットフォーム。カジノ市場をターゲットにし、2017年6月に公開された仮想通貨です。カジノ好きだけでなく、カジノに興味がある人、ギャンブルが好きな人などさまざまな人が注目しています。イーサリアムのスマートコントラクトを応用することで、迅速で公正なカジノを運営。ユーザーはオンラインカジノのチップとしてトークンのFUNを購入し、開発者はFUNで支払いを受けることができます。
また、ファンフェアの公式ウェブサイトでは、FUNを持っていなくてもオンライン上でカジノを楽しむことができ、ゲームやサイトにも手が込んでいると人気です。サイトでは「ブラックジャック」や「バカラ」、「ポーカー」、「レットイットライド」、「カリビアンスタッド」、「ヨーロピアンルーレット」、「クラップス」「スロット」など、12種類のゲームを試すことができます。

カジノに特化したファンフェア(FunFair/FUN)の将来は?

それぞれのアルトコインが売りにしている主な機能は、ブロックチェーン上でドキュメントを取り扱うことができるスマートコントラクト、またユーザーのパソコンの空きストレージを提供するファーミングなどがあります。このほかにもトランザクションの秘匿性を高める機能やブラウザの利用で報酬を受給できるサービスなども。その中でもファンフェアは娯楽色の強い機能であり、今後の需要増加は十分に見込めます。
また、これまでにも、「ブロックチェーン×ゲーム」や「ブロックチェーン×ギャンブル」をかけ合わせたさまざまな仮想通貨が登場しています。特にカジノ市場は20兆円規模にもなるといわれており、娯楽として楽しむプレイヤーも裕福な層が大半を占めるため、カジノに特化した仮想通貨への期待は高いといえるでしょう。

発売当初の6倍の価値まで高騰。ファンフェア(FunFair/FUN)の価格は?

 

ファンフェアの時価総額は2018年7月時点で160億円ほど。ランキングでは80位前後に位置している優良仮想通貨です。2018年7月9日の相場は1FUNあたり約3円。他の仮想通貨に比べると買い求めやすい金額です。しかし公開直後は1円程度だっため、当時と比較すると3倍程度まで高騰していることがわかります。
2017年9月1日に初めて4円を突破し、10月の頭にも再度4円近くまで高騰。2度目の高騰は大手仮想通貨取引所のBinance(バイナンス)に上場したタイミングでした。その後、2018年1月8日には過去最高値となる22円を記録します。この価格は公開直後の価格と比較して、なんと20倍以上にもなる金額でした。

ファンフェア(FunFair/FUN)の取扱店舗は?国内はこれからに期待

ファンフェアを扱う国内の仮想通貨取引所は、現段階ではまだありません。しかし、いわゆる「カジノ法案」が可決され、カジノを含む複合観光施設の建設への動きがみられていています。娯楽の一つとしてカジノが日本でも普及することで、カジノ関連の仮想通貨を取り扱う取引所も増えてくることが期待できるでしょう。
海外では下記の取引所から取引することができます。

ファンフェア(FunFair/FUN)を取り扱う海外の取引所

 

Binance(バイナンス)

日本で扱っていない仮想通貨も幅広く取り扱っている世界でも有数の大手仮想通貨取引所。過去には日本語にも対応していた。

OKEx(オーケーイーエックス)

中国発の大手取引所。取り扱い通貨数は300種類にものぼる。

Bittrex(ビットレックス)

200種以上の仮想通貨を取り扱う仮想通貨取引所。アルトコインの手数料が国内よりも安いのが魅力。

HitBTC(ヒットビーティーシー)

ICO直後の通貨も取り扱っています。日本語未対応のため、取引する場合には国内の取引所から仮想通貨で送金する必要があります。取引量が0.1%と安価。

Livecoin(ライブコイン)

世界でもトップクラスのアルトコインの種類を扱う取引所。175種ものコインを扱っているため、レアなコインに興味がある人は一見の価値あり。

日本でカジノが普及すれば、ファンフェア(FunFair/FUN)への注目も高まる!?

ギャンブルやカジノは、世界的に広く親しまれている娯楽の一つ。日本ではあまり浸透していませんが、カジノ法案により今後注目を集めることが期待されます。その際、カジノに特化した仮想通貨の価値も高まるかもしれません。
またファンフェアは安価で購入することができるため、カジノに興味がある人は楽しみの一つとして持っていてもよいかもしれません。

関連記事

インドの取引所UnodaxにRipple(リップル/XRP)を軸とするペア4種類が追加!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!

この記事に関連するタグ

PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial