BITDAYS(ビットデイズ)- キャッシュレス・フィンテックの総合サイト。仮想通貨やスマホ決済の最新情報を発信

仮想通貨ステータス(Status/SNT)の特徴、将来性、価格、購入方法は?

ICOという言葉を聞いたことがあるでしょうか?ICOとはInitial Coin Offeringの略語で、実現したいプロジェクトのために仮想通貨を発行し、それを売却することで資金を集める仕組みのことです。
今回のテーマはStatusというICO仮想通貨。イーサリアムの動向にも影響を与えたこの通貨の特徴、将来性、現在の価格、取扱取引所などについてお話します。

仮想通貨をもっと身近に。仮想通貨ステータス(Status/SNT)の特徴とは

仮想通貨Statusが公開されたのは2017年6月。「イーサリアムの分散型アプリケーションに、専門知識の少ない一般ユーザーでもスマートフォンからアクセスできるようにしよう」そんな目標のもと生まれたメッセージングプラットフォームの資金調達のために発行されました。
メッセージングプラットフォームとは、メッセージを使ったコミュニケーションソフトのようなもの。私たちが生活の中で使うものでは、電子メールやLINEのようなものと言えばわかりやすいでしょうか。これまでメッセージングプラットフォームは中央集権で管理されることがほとんどでした。電子メールにしてもLINEにしても、中央には管理者がおり、その管理者を介して、相手とメッセージによるコミュニケーションをとっています。
先にも述べたように、仮想通貨Statusを発行したプロジェクトが利用するのはイーサリアムの分散型アプリケーション。中央管理者が存在しません。これにはたくさんのメリットがあります。

まずはサービス終了の可能性がとても低いこと。中央集権のサービスではその事業主の倒産や方針転換により、サービスが終了してしまう可能性がありますが、分散型のアプリケーションは中央管理ではないためその心配がほとんどありません。メッセージングプラットフォームはインフラともなり得るもの。突然なくなってしまう心配が少ないことは大きなメリットでしょう。

次に挙げられるのがデータの安全性。分散型アプリケーションではネットワーク上にデータを分散して管理しており、ひとつのデータが壊れてしまった場合でも、ほかのデータと整合性をとることで復元が可能です。これにより大切なデータが完全に消失してしまうことがまずあり得ません。また、データが中央で管理されることには漏洩や悪用の危険性もあります。分散管理はそういった安全性の面においてもメリットが存在します。

さらに分散型アプリケーションではユーザーの利益が最優先されます。中央管理型のアプリケーションは管理者の利益のために開発されるのが当たり前。管理者の利益を増やすために突然有料になったり、広告が増えたりすることがあるのです。分散型のアプリケーションには中央管理者がいないため、彼らの利益のためにユーザーが不利益を被ることがありません。それどころか、ユーザーが使いやすくなるように手が加えられていくのです。

仮想通貨StatusはStatusプロジェクト内のさまざまな場面で利用されます。
・プッシュ通知サービスを利用する
・スパムメッセージ対策のデポジット(保証金)
・グループチャットの作成料金
などなど。
一見するとこれまでの中央集権のサービスでは当たり前に無料で使えた機能ばかりのようにも見えます。しかし、これまでにも説明したとおり、Statusプロジェクトには中央管理者が存在しません。ユーザーが少しずつカンパしあって、ユーザーのための、安全性が高く、ずっと使えるサービスを作り上げていこうとするのがStatusプロジェクトなのです。

実はもうアプリがある。仮想通貨ステータス(Status/SNT)の将来性は?

仮想通貨Statusの将来性はどのように考えられているのでしょうか?
Statusの見通しはかなり明るいと見られているようです。それは仮想通貨普及の鍵をStatusが握っているとも言われるほど。これまで仮想通貨の世界はリテラシーのある人だけが理解できる敷居の高い世界だと思われてきました。クレジットカードや電子マネーのように、仮想通貨が当たり前の決済手段として普及していくためには、この印象はとても大きな問題です。しかし、Statusは誰にでも馴染みのあるスマートフォンアプリを入り口にしようとしています。このことによって、今よりももっと仮想通貨の世界が私たちにとって近い世界となっていくでしょう。

実はStatusのスマートフォンアプリはα版がリリースされています。

ICO仮想通貨には実体を持っていないものや、マイルストーンが不明確なものものも多くある中で、明確に歩みを進めていることがわかるのもStatusに将来性が見込まれる要因でしょう。近いうちにStatusの名前が知れ渡るということもありえない未来ではないのかもしれません。

順調に成長。仮想通貨ステータス(Status/SNT)の価格をチャートで振り返る

これは仮想通貨Statusの2017年12月28日時点での直近3か月のチャート。
Statusは2017年7月の上場直後、6円ほどの価格をつけていました。が、その後3円ほどまで収束。11月なかばごろまではそのあたりで推移します。潮目が変わったのは11月25日ごろ。そこから少しずつ値を上げはじめ、12月15日に急騰。12月19日には23.5円を記録しました。ピーク時に比べると少し落ち着きを見せるものの、12月28日現在でも16円ほどで推移しています。

取扱取引所はまだまだ少なめ。仮想通貨ステータス(Status/SNT)の購入方法は?

ステータス(Status/SNT)を取り扱っている国内の有名取引所は?

仮想通貨Statusを取り扱っている国内の有名取引所は、今のところありません。どうしてもStatusを購入したいと考える場合、海外の取引所を利用するしか方法はなさそうです。

イーサリアムクラシックを取り扱っている海外の有名取引所は?

仮想通貨Statusの取り扱いがある海外の有名仮想通貨取引所は以下です。

BINANCE(バイナンス)

中国の仮想通貨取引所。日本語にも対応しているため、日本人でも使いやすいのが魅力。

Bittrex(ビットレックス)

アメリカの仮想通貨取引所。マニアックな仮想通貨の取り扱いにおいては右に出るものなし。

HitBTC(ヒットビーティーシー)

イギリスの仮想通貨取引所。ICO仮想通貨に強い。

海外の取引所を利用する場合には円建てで(日本円を使って)購入することができません。ビットコイン建てや、イーサリアム建てで購入することになります。ビットコイン建てで購入する場合には、まず国内の取引所でビットコインを購入、そのビットコインを海外の取引所に開設した口座へ送金し、それを使って購入するようにしましょう。

仮想通貨ステータス(Status/SNT)。目をつけるなら今がチャンス

仮想通貨Statusは将来性が期待される通貨。目をつけておくなら今がチャンスかもしれません。詳しくなった今のタイミングで購入を検討してみてはいかがでしょうか?

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

ITDAYS(ビットデイズ)は「新しい経済にワクワクしよう⚡」をコンセプトに仮想通貨やブロックチェーン関連のカルチャーWEBメディアです🖥国内外の話題のニュースや最新情報を毎日発信中しています📰
PAGE TOP