BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

仮想通貨Aeternity(エターニティ/AE)の特徴、価格、取引所、将来性は?

みなさんは「Aeternity(エターニティ)」という仮想通貨をご存知でしょうか。ネット上でもあまり詳しい情報が出ていないため、初めて聞く方も多いのと思います。ここでは、Aeternity(エターニティ)の特徴や価格、将来性などについてお話します。

仮想通貨Aeternity(エターニティ/AE)の特徴は?

イーサリアム(ETH)を元に作られた

エターニティは、Yanislav Malahov氏が創設したAeternity Teamによって開発されました。2016年12月に公開され、通貨単位は「AE」です。

エターニティはイーサリアム(Ethereum/ETH)を元に作られており、高速な処理が特徴の仮想通貨です。仮想通貨の代表ビットコイン(Bitcoin/BTC)は世界中で取引が行われるようになり、今後も取引量が増加すると処理が追い付かなくなる可能性があります。エターニティは、このようなスケーラビリティ問題に対応すべく、高い性能を持っています。

スマートコントラクトのオフチェーン処理

エターニティの大きな特徴は、「スマートコントラクト」の機能性が高くなったことです。「スマートコントラクト」はイーサリアムを代表とする技術で、お金のやり取りだけでなく、そこで発生する契約内容もすべて記録する技術のことです。

エターニティはこの機能をさらに高度化し、「State Channel」という専用のチャネルを設けることで、ブロックチェーン上でなくてもスマートコントラクトを実行できる「オフチェーン処理」を実現しました。ブロックチェーン上で公開しないことで、ユーザーは互いにプライベートで情報をやり取りできることになります。

スマートフォンでも簡単にマイニングができる

2つ目の特徴はアルゴリズムにあります。エターニティは「PoW(Proof of Work)」と「PoS(Proof of Stake)」を組み合わせた「Cuckoo Cycle」を用いています。

この「Cuckoo Cycle」によって電力効率を上げ、スマートフォンなどでも簡単にマイニングができるようになっています。通常、ハイスペックなコンピューターと膨大な電力が必要となるマイニング。スマートフォンでもマイニングできるなら、エターニティという仮想通貨を身近に感じるようになるのではないでしょうか。

仮想通貨Aeternity(エターニティ/AE)の価格は?

 

エターニティの現在価格は、2018年7月9日時点で1AE=約230円です。時価総額は約530億円で、ランキングでは35位前後に位置しています。

チャートを見ると、2017年11月上旬は50円以下だったものの、仮想通貨市場の拡大とともに2018年1月には300円を突破。ほとんどの仮想通貨がその後の市場の収束にともなって価格を下げたのに対し、エターニティはさらに価格をあげます。4月末には過去最高値となる537円を記録し、順調に高値で推移し続けますが、5月下旬ごろから少しずつ下落し、現在の価格に至りました。

仮想通貨Aeternity(エターニティ/AE)を扱う取引所は?

残念ながら、エターニティは日本国内の仮想通貨取引所では取り扱いがありません。海外の仮想通貨取引所に口座を開設する必要があります。

Binance(バイナンス)
世界最大とも言われる中華系の取引所。以前は日本語に対応していたが、現在は非対応。

OKEx(オーケーイーエックス)
中国発の大手取引所。300種類以上の取り扱い通貨を誇る。

Liqui(リクイ)
ウクライナの仮想通貨取引所。マイナーなものも積極的に取り入れている。

HitBTC(ヒットビーティーシー)
イギリスの大手仮想通貨取引所。ICO直後の仮想通貨も取引できる。

Gate(ゲート)
扱っているアルトコインは100種類以上。

登録についてはそれほど難しくありません。日本の仮想通貨取引所と同じように二段階認証もできるので、セキュリティ面も安心だと思われます。ただし、サイト内は英語なので、多少の英語力が必要となります。十分に情報収集をしたうえで取引を行いましょう。

マイナーコインの取引はしっかりと見極めて!Aeternity(エターニティ/AE)の将来性と投資先としての価値

エターニティはビットコインやイーサリアムの機能をさらに進化させた仮想通貨です。ビットコインとイーサリアムは、今では時価総額ランキングのトップにありますが、伸び始めるまでに1年以上もかかったことを考えれば、エターニティもまだまだ様子見の段階と言えます。

今後の普及を見込んで、投資する人が増えればさらなる値上がりも期待できます。ただし、マイナーコインは海外の仮想通貨取引所を利用することになるので、リスクがあることも理解したうえで、取引を始めましょう。

関連記事

韓国の大手取引所bithumbにAeternity(AE)とNEM(XEM)が上場!

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP