BITDAYS(ビットデイズ)- キャッシュレス・フィンテックの総合サイト。仮想通貨やスマホ決済の最新情報を発信

仮想通貨プラ(PURA)の特徴、価格、取引所、将来性は?

仮想通貨市場が盛り上がる中、新しい仮想通貨は次々と登場しています。「Pura(プラ)」もそのうちの一つですが、日本での知名度はまだ高くありません。名前自体初めて聞いたという方も多いでしょう。今回は、仮想通貨「Pura(プラ)」の特徴や価格、将来性などをまとめました。

仮想通貨プラ(PURA)の特徴は?

プラは、2017年9月に公開されたばかりの新しい仮想通貨で、通貨単位は「PURA」です。公式サイトによれば、プラは国際的なデジタル通貨であり、世界中の誰とでも、直接、私的に、そして瞬時に取引することができ、銀行や決済プロバイダーのような仲介者の費用と必要性を取り除くことで、人々の生活をより安くすることができるものとしています。

プラ(PURA)のメリットはセキュリティと速さ

プラの特徴は取引は瞬時に行われることです。列に並ぶような必要はなく、いつでも、どこでも、誰とでも、InstaPay(インスタペイ)で1秒以下の速度で取引を行うことができます。
また、利用者の財務状況、取引履歴、残高などは機密情報としてPrivatePay(プライベートペイ)で管理されます。取引履歴はブロックチェーンに保存され、世界中に存在するサーバーに分散してバックアップされます。
これらの特徴から、ユーザーの取引は瞬時に、かつプライベートで安全な状態で完了することが保証されているといいます。

プラ(PURA)には利子が付く

ユーザーは、100,000PURAを集める度にマスターノードの保有者となり、定期的な報酬を得ることができます。これは「利子が発生する銀行口座預金」のようなもので、いくつかあるマスターノードのプロバイダーの一つに、プラを担保として提供すると、定期的に収益が入る仕組みになっています。マスターノードはいつまででも保有することができ、好きな時に引き出すことができます。

仮想通貨プラ(PURA)の価格は?

プラの時価総額は、2018年1月現在で約108億円です。取引価格は1PURA=約60円で、他の仮想通貨と比べてもかなり安価です。
チャートを見れば分かるように、プラの価格は一日単位で大きく変動しています。急騰と急落を繰り返し、50円から100円の間を行ったり来たりしているようです。

仮想通貨プラ(PURA)を扱う取引所は?

今のところ、プラを扱っている仮想通貨取引所は日本にはありません。そのため、プラを購入したい場合は海外の取引所を利用しましょう。
プラの取り扱いがある主な仮想通貨取引所は以下の通りです。

Kucoin(クーコイン)
香港の大手仮想通貨取引所。日本語にも対応している。

Cryptopia(クリプトピア)
ニュージーランドの大手仮想通貨取引所。ICO直後の通貨を最速で上場することもある。

COIN EXCHANGE(コインエクスチェンジ)
海外の仮想通貨取引所。マイナーなアルトコインも多く取り扱う。

短期間の売買に賭けたいならプラに挑戦するのもアリ

プラの将来性については未知数です。本格的に売買されるようになってから、まだ4~5ヶ月しか経っていないからです。この間の値動きは大変激しいものですが、新しい仮想通貨の登場初期ではよく見られる現象です。今後どうなるか予想がつかない仮想通貨の一つと言えます。
これから先の成長が読めないプラですが、それだけに短期間の売買で大きな利益をあげられるかもしれません。仮想通貨に興味を持つ人の中でも、特に短期売買で成功したい人はプラに挑戦する意味もあるでしょう。プラのように値動きの激しい投資対象は、小さな元手を一気に増やせる可能性があります。ただし、その分リスクもあるということは理解して挑戦しましょう。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

ITDAYS(ビットデイズ)は「新しい経済にワクワクしよう⚡」をコンセプトに仮想通貨やブロックチェーン関連のカルチャーWEBメディアです🖥国内外の話題のニュースや最新情報を毎日発信中しています📰
PAGE TOP