BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

仮想通貨ウォルトン(WTC)の特徴、価格、取引所、将来性は?

さまざまな仮想通貨が出ている中、注目されているものの一つに「Walton(ウォルトン)」があります。一体どのような特徴を持ち、価格はいくらなのは、将来性は期待できるかについて解説していきます。

仮想通貨ウォルトン(WTC)の特徴は?

「Walton(ウォルトン)」は2016年11月に公開された仮想通貨で、通貨単位は「WTC」です。この「Walton(ウォルトン)」という名前は、RFID技術を発明したCharlie Walton(チャーリー・ウォルトン)氏から由来しています。

ブロックチェーンとRFIDの融合

ウォルトンは、「ブロックチェーン」と「RFID」を組み合わせて開発されています。「RFID」とは「Radio Frequency Identification」の略で、無線通信を利用して人や物の情報を読み書きし、自動認識を行うシステムのことです。身近にある分かりやすいものとしては、公共機関の乗車カードや社員証、電子マネーなどがあります。ウォルトンのベースになっているRFID技術は、幅広く利用されており、現代人の生活を円滑にするには欠かせないものなのです。
ウォルトンプロジェクトの目的は、インターネットとブロックチェーンを組み合わせることで、従来にないエコで透明性のあるビジネスシステムを展開することにあります。そして、それがウォルトンの特徴です。

IoTを推進する

「IoT」とは「Internet of Things」の略です。情報通信機器に限らず、あらゆる「モノ」がインターネットを通じて情報交換することによって相互に制御する仕組みのことを言います。最近は冷蔵庫や電子レンジなど、IoTの家電製品が増えてきました。
ウォルトンはブロックチェーンとRFIDの融合に加え、将来的にはIoTの統合も計画しているようです。ウォルトンにはフェーズ1〜フェーズ4という4段階のロードマップがあります。この4つのロードマップには衣料品などの流通から店舗管理、製造業での品質管理の向上や、伝票の管理に至るまでが細かく総合的に組み込まれています。こうしたウォルトンの計画は、今後さまざまな分野にも拡大されることが見込めるため、将来性に期待できます。

仮想通貨ウォルトン(WTC)の価格は?

ウォルトンの時価総額は、2018年1月現在で約300億円、取引価格は1WTC=約1,200円です。3ヶ月間のチャートを見てみると、急な高騰と多少の下落を繰り返していますが、全体的には上昇傾向にあるようです。

仮想通貨ウォルトン(WTC)を扱う取引所は?

残念ながら、ウォルトンを取り扱っている国内の取引所は2018年1月現在ではまだ確認されていないため、ウォルトンを購入したい場合は海外の取引所を利用する必要があります。
ウォルトンの取り扱いがある、主な海外の仮想通貨取引所は以下の通りです。

Binance(バイナンス)
中国の大手仮想通貨取引所。日本語にも対応している。

Kucoin(クーコイン)
香港の大手仮想通貨取引所。日本語にも対応している。

EtherDelta(イーサデルタ)
イーサリアムのブロックチェーンを利用した分散型取引所。ICO直後の仮想通貨も取引できる。

ウォルトン(WTC)に将来性はある?

ウォルトンが掲げているプロジェクトの目的は、製造と流通、そして管理までをスムーズかつ透明に行うということです。これは世界中で活用可能なシステムであり、計画が順調に進んでいけばさらなる展開も期待できるでしょう。IoTと深い関係のある仮想通貨「IOTA(アイオタ)」の価格が高騰していることを考えれば、ウォルトンも同様に将来性がある仮想通貨と言えるのではないでしょうか。今はまだ日本国内でウォルトンを扱っている取引所はありませんが、これから出てくる可能性は十分にあります。成長が楽しみな仮想通貨です。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

ITDAYS(ビットデイズ)は「新しい経済にワクワクしよう⚡」をコンセプトに仮想通貨やブロックチェーン関連のカルチャーWEBメディアです🖥国内外の話題のニュースや最新情報を毎日発信中しています📰
PAGE TOP